2020.12.30

膵臓癌末期の告知から9ヶ月経った今日この頃

カテゴリ:**
月日が経つのは早いもので
4月に膵臓癌の末期と宣告されてから9ヶ月になる

最初の4ヶ月はコロナ禍のさなか突然の入院生活で訳も分からず、
ただただ処方された薬(吐き気止め・下痢止め)等を飲むだけ…
アブゲム(100%)の副作用でエライめに遭遇していた

翌朝起きたら、もうこの世に居ないのではと思う事が何度もあった
それがチョットした薬の使い方と適量を知る事で劇的に体調が変化した

一人では何も出来ず、毎日が腹痛でオキノームを飲んで1時間以上さすってもらい
やっと眠れていたのに、9月からは1回もお世話に成っていない
8月からは体調が戻り食欲も出て買い物にも行けるようになったしスマイル

毎日飲んでいる薬は
1日3回 ツムラ半夏瀉心湯・アセトアミノフェン・ミヤBM錠
朝1回タケキャブ 
朝晩 カリウムとアムロビジン
便の状態にあわせて タンニン酸アルブミンとマグネシウムを使い分ける
これが難しくて昼にマグネシウム飲んで、夜にタンニン酸飲んだりなんて事も

そして
現在も変わらず、3度のご飯支度と部屋中のモップ掛けを日課にして
週一の買い物と毎日のストレッチも続けている

入れ替えたポートの傷はきれい成っている
ベロと爪は今だに紫色だし、脱毛もしているけど現状維持って事で
最後かもしれない新年を迎える事が出来そうであるスマイル





 





TWITTER

Last updated  2020.12.30 11:27:06
コメント(0) | コメントを書く