840880 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ひっそりとした時間

PR

X

カレンダー

バックナンバー

プロフィール


らる935

フリーページ

2021年05月30日
XML
兄が実家の納屋をお片付け中なのだそうです。
実家って、もう両親はいないので実質兄のものですが、
つまり親の時代に管理されていたものがまだ大量にあったりして。
わたしが置き忘れてきた物も出てくるたびに
問い合わせがあって、持ち帰ったり、処分をお願いしたり。
ときにはもらって帰ることもありました。(贈答品のお盆とか)

今度はわたしのものではありません。
10年余前に他界した伯母のもの。
なぜ伯母のものが?て疑問は置いといて、

「荷造りひもみたいなものがあって、
汚れて使えないと判断したものは処分したけど、
まだきれいそう色のものがある」

と聞いて見せてもらいました。

  • DSC_0003.JPG


  • なんか、、編んだものまであるんだけど、いやに重い。
    なんだこれ?
    しかも太さは中細くらいのもの。
    で、もらってきたのはこちら。

  • DSC_0005.JPG


一部、カセになっていたので糸巻きしてみたところ、
重いのは全て芯だったことが判明いたしました。
なんかね、芯になっているのは、まるで塩ビパイプみたいなもの。
工業用のものなのか、、、
よくわからない。
不思議だな~これでいったい何を作ったんだろう???
そして記憶の奥に祖母の座敷の和箪笥の上に
ホコリをかぶらないように透明なビニール袋に入った、
これと同じような糸で編まれたクマちゃんが飾ってあったのを
ふと思い出しました。
それは遠い遠い昭和の話。






最終更新日  2021年05月30日 22時07分21秒
コメント(0) | コメントを書く
[日常の中のひとりごと] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.