2021年02月23日

GPシリーズアメリカ大会 フリー鑑賞中~

ちょっと気になったのは、6分間練習にかかる曲。
アメリカ大会だし、パーカッションの強いインパクトのある曲。
女子フリーの1組目直前、
そんなおなかにズンズン響く曲かけて練習になるの?
と思った。

6分練習のすぐあとに出場したのはグレイシー・ゴールド。
フリーは優しい曲なので無観客とはいえ、
テレビ見てるこちらがちょっと同情してしまった。
調子崩してしまうのじゃないか、とか。
グレイシー、頑張るね。体型もずいぶん締めて、
でもソチオリンピックの頃の演技には遙かに遠かった。

***

公式記録にならなかったんだけど
マライア・ベル選手が優勝した。
演技あと、本人は複雑な表情。納得いかなかったんだと思う。
僅差でテネルさんが2位になったんだけど、彼女も同様。
去年の今頃見た全米選手権のテネルさんは無敵だった。
ものすごい身体能力でこれでもか!ってつなぎ技が次々入って
そういうの期待したけど、、、
スポーツ選手も本当に今の時期、大変の一言では片付けられないと思う。

カレン・チェン選手が見られてうれしい。
彼女の2016年のショートが大好きだった。
テレビ的にか16歳の中国人の選手(国籍を変更したそうな)を
やたら推してたけど、わたしにはさほど魅力的に見えなかった。
技だけじゃないからね。
そういう意味で、マライアは「持ってる選手」だと感じるなあ。
あくまで素人意見です。

***

昔、「戦前・戦後」って言葉があったけど、
「コロナ前・コロナ禍・コロナ後」って言葉ができるのかしら。
2020年1月がコロナ前ね。
今はぶっちぎりのコロナ禍。コロナ後はいつになるのか。

男子、ビチェンコさん出てきた。





TWITTER

最終更新日  2021年02月23日 13時45分51秒
コメント(0) | コメントを書く
[日常の中のひとりごと] カテゴリの最新記事