紫陽花とハーブの庭

フリーページ

2021年11月29日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
11月も終わる。

今日は、地元の看護学校に合格した子の報告があった。
志望理由書を丸投げされて、一緒に書いたことが思い出される。
私に丸投げした上司は、そんなことなど覚えていないわけで、
10月24日日曜日の午後二時過ぎの着信履歴が唯一の手掛かりだ。
しっかり残っているから、この時に、自分が帰るからあとはよろしくって、言われたのだ。
「今どこですか?」って言うのは、仕事を頼む常套句だが、
居るに決まってると踏んで、かけてきている。
休日出勤の常連としては、お互い様だが、結果として、私が見られて、書けたので、良かった。
あの時、本当に、聞き尽くして、出し尽くして、なんとか志望理由書を書き上げた。

リアルは、本人の中にあって、それを聞き逃してはかけない。
深掘りできる人間関係を構築する時間が、私には限られている。
ま、当人は必死だから、身も蓋も無いような身の上話も出てくるし、
そこに、真実があって、訴える力がある。
それを聞き出すのが、私の流儀だ。

実は、上司にも、担任にも、結構立腹している。
面倒な状況下の子をどんどん送り込んでくるからだ。
でも、確かに、そんな状況下にある子は、担任に心を開かないし、
開いたとしても、それを一定の文字数に収める作業が、担任にはできない。

結局、第一希望の、一度受験で合格したので、超ラッキーだった。
もし、今日、不合格だったら、次に向けての準備を、開始するところだったから、
せずに済んだと云うものだ。

北海道の、道立農業大学校は、1つしかない。
そこに、卒業生が教員となって勤務しているらしい。
北海道の国立大学で大学院まで行っていた子だ。
今日、関係者二人が来校され、その卒業生からのよろしくとの言葉を聞いた。
33歳。もう、帰ってくる気は無さそうだ。このまま北海道だな。
兵庫県から、北海道に行って、魂を北海道に吸われてしまう子は一定数居る。
「そうですか、純子は、まだ〇〇〇のままですか」と、旧姓を問うたら、そのままだった。

先だって、10月の終わりに、その子の長兄が、来校してあいさつに来てくれた。
山形県で、農業の教員をしている。
で、純子はどうしている?と聞いたら、「北海道の・・・」とのことで、詳細も聞いていた。
先週末に、その子の、退職した恩師が来校されていて、電話があったので、会いに行ったところだ。

日本の農業を真剣に支えようとしている若い世代を、国が応援せずしてどうするんだと、
日々、思っている。
長兄は国立大学の大学院を出て、農業の教員になっているのだが、
次兄は別の国立大学の大学院まで出て、原木栽培の椎茸農家になった。
研究者としての農業のプロだが、
「儲からない椎茸農家をやっています」と、長兄に言われていた。

農業が、儲かる、魅力ある産業にならなければ、農家自体が絶滅危惧種になっている現状を救えない。


土曜日、一カ月ぶりに芦屋に行った。
パルマ産の生ハムを食べられるイートインのできる店がある。
今時、パルマ産の生ハムなんて、高い交通費を考えたらネットでいくらでも買える。
でも、敢えてそこに行くのは、めったに見られない、確実に美味しいハムがあるからだ。
私のひいきは、「コッパ・ディ・テスタ」という奴で、豚の面の煮凝り寄せだ。
勿論、それだけでなく、珍しい食材もある。
カンガルーとか、エゾシカとか、買えるのを楽しみにしている。
どんな調理法が合うのかを、何年か前にもコンペした。
そうやって、鳥獣害の食害を減らし、ジビエとして活用する方策を一緒に探っている。

行く途中に、JRの窓越しに、珍しい景色を見た。タイトルの通りだ。
六甲山に小雨が降っていて、その小雨に、日があたって、六甲山系が、虹色のベールに覆われていた。
彩雲とかは何度も観たことがあるが、垂直に虹色のベールが山並みを覆うのは驚きの光景だった。
電車は動くので、間もなく見えなくなった。
ほとんどの乗客は、気づいていなかっただろう。
同乗していた食いしん坊仲間が、今日になって、ネットに写真が上がっていたと教えてくれた。
神戸新聞のサイトに、写真の投稿があったようだ。
所謂天気雨の中での虹のベールだったのが、この年になって初めてで、嬉しかった。

幾つになっても、初めて出会うものはある。
気づかないで通り過ぎてしまっているのは、もったいない。
JRの車窓から、いつも明石海峡や淡路島の倭島神社、海鳥を見ている私が、
本当にたまたま、何も海が見えなくなってから、六甲山系を見たのだから、ラッキーだ。
スマホなんかいじってる場合ではない。。。
もうすぐ、また、外出できなくなる危険がある中、ちょっとした外食も、できる時にしておきたい。

さて、じゃ、遅まきながらの、仕事だ。






最終更新日  2021年11月29日 23時17分42秒
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:虹色のベールが、六甲山系を彩った11月27日の昼下がり(11/29)   kororin912 さん
六甲山にかかる虹の写真を、ネット検索して見ました。とてもはっきりと見えたようですね。

電車やバスの中では、たいていの人がスマホをいじっているのではないかな。もったいないことです。

私がスマホを使うのは、短歌会、墨彩画、コーラスの時だけ。短歌に出てきた草花や虫などを画像検索してみんなに見せたり、墨彩画に合う俳句を探したり、コーラスの曲をyoutubeで探して聞いたりするくらい。

電話やメールに使うことは、ありません。ラインも、とうとう入れないままですよ。
(2021年11月29日 23時49分59秒)

 Re:虹色のベールが、六甲山系を彩った11月27日の昼下がり(11/29)   小芋さん さん
近所の薬局の10%割引を受けるのに、スマホが必須で、
ただのiPhoneを付けてくれる契約だったUQにして、
今のiPhoneは、2代目です。

全然使わないので、普段は電源を切っていますが、
非常時の明かりになるのと、
ペイペイと、メモ代わりの写真を撮るのと、
非常に限られた用途で使っています。

未だ、メインはガラケーです。
と言っても、母との毎晩のメールくらいですが。

お天気雨だったので、綺麗な虹色のベールでした。
車内に居なかったら、山を見てないかもな。って、

タイミングですよね。

昔、学校の上空に大きな青と緑の雲がかかっていた時は、
周りにいた子等に声をかけて一緒に観察したものでした。

気象の不思議は、短時間が多いので、
気が付いたら車を止めてしまいます。

ちょうど、新神戸駅のあたりだったかな・・・
霧雨が降っていたのは。 (2021年12月01日 00時47分10秒)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


小芋さん

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 小芋さん@ お二人の先輩方がおいででした・・・ 母には、私が帰省した直前から、皮膚症状…
 jun@ Re:フレイルと心理的要因について。(01/04) お母さまの不調には  様々な要因が重なっ…
 kororin912@ Re:フレイルと心理的要因について。(01/04) このコロナ禍で、ひきこもり状態になって…

© Rakuten Group, Inc.