115694 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

K.M.Revolution

X JAPAN member

YOSHIKI
YOSHIKI
言わずと知れた、X JAPANのリーダー。
非常に過激なドラマーと、美しいピアニストという、
ミュージシャンとして、反する2つの姿を持っている。
ドラマーとしては、秒間に13発を超えるバスドラムを踏み、
その運動量は「100mの全力疾走を20km続ける」ことと同等。
ピアニストとしても4歳から英才教育を受けていたため、
天皇陛下御即位十年記念式典でピアノ演奏するほど。

TOSHI
TOSHI
Xに無くてはならない「Xのヴォーカリスト・オブ・ザ・ヴォーカリスト」。
その超特異なハイトーンボイスは彼の最大の武器。
X脱退後(解散後)は小規模コンサートで全国を回っている。

HIDE
HIDE
こちらも言わずと知れたX JAPANのギタリスト。
その才能は他に類を見ないほどのもので、
「ヴィジュアル系」という言葉の語源も元を辿ればHIDEなのだという。
美容師の国家資格を所持しているため、
X加入後はXのヴィジュアル面に多大な影響を与えた。
(PATAをレッドモヒカンに仕立て上げたのもHIDEである!)
また、その才能はX内だけでなく自身のソロでも発揮された。
「hideの音」つまりオリジナリティを模索していく過程で、
様々な先進的な楽曲を生み出し、彼の遺作である
「ピンク スパイダー」はサイボーグロックの最高傑作とされる。
1998年にこの世を去った後も日本のミュージックシーンに影響を与え続けている。

PATA
PATA
X JAPANが誇るテクニシャン。
そのギターの腕はHIDEが「PATAは俺より上手い」と語る程である。
速弾きが得意で、1分間に700~800回のアップダウンができるらしい。
LIVEの際、HIDEは派手なパフォーマンスをすることが多いが、
PATAは寡黙に真面目にギターを弾き続けている。
酒好きでも有名である。HIDEも酒好きで有名だが、
殆ど酒を飲めないHIDEに酒を教えたのはPATAである。
HIDE曰く「野球とビールと石塚智昭」。

HEATH
HEATH
1992年に脱退してしまったTAIJIの後任として加入した、
X JAPANのベーシスト。
前任ベーシストであるTAIJIと常に比較され、
「TAIJIの方が良かった」などという意見は途絶えないが
X JAPANを支えてきた。
X加入の際には、HIDEがメンバーに紹介したのだが
その時HEATHは二日酔いでフラフラであった。しかし、
YOSHIKIを唸らせる程のベースを披露した。その結果、
メンバーはHEATHをXに迎えたいと考えを一致させた。
HEATHは「少し考えさせてほしい」と言い、悩んだ末に
X加入を決めた。

TAIJI
TAIJI
X時代のベーシストとして1992年まで活躍した。
そのベースプレイへの評価は大きく、あるミュージシャンに
「TAIJIは僕が探してるドラゴボールの1つのようなもの」と言われた。
バンドの支えであるベースが乱れていてはバンド成り立たないということで、
誰よりも練習したと本人は語っている。
またギタリストとしての腕も確かなもので、
ミュージシャンとしてのキャリアをギタリストからスタートさせているため、
その技術力は相当なものである。
Xの「Jealousy」に収録されている
「Voiceless Screaming」のギターをプレイしているのはTAIJIだが、
本業がギターのHIDEはその曲を「難しくて弾けない」らしい。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.