240481 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

これが瞬時に人を判断する方法だ!

PR

Category

言動から人のタイプ判断する

(14)

仕草から嘘を見抜く

(14)

見た目から性格を判断する

(1)

趣味から判断する

(0)

言動から知能指数を判断する

(0)

本音の真意を探る

(0)

Recent Posts

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

Free Space

2012.01.28
XML
会話中に相手と視線をどれくらいの頻度であわせるかについては男女差があり、女性のほうが男性よりも視線をあわせる回数も長さも多いというのが定説です。

女性は、好奇心や親しみの感情から相手の目を見つめることが多いようですが、男性は「あまり相手の目を見つめると失礼だ」という遠慮が働いてしまうのです。これは、親しみや好意を表す仕草である反面、相手を探る、威嚇するというしぐさにも通じますから、もともと攻撃的な性である男性はそう解釈されるのを恐れているのでしょう。

しかし男性のなかでも相手の目をじっと見つめる人もいます。そういう人は、「この人は何を考えているのだろう」と探っているのであり、その裏には「口先で上手いこといっても、オレは編されないぞ」という警戒心、相手の言葉の裏を読もうとする心理が読み取れます。それは、疑りぶかい性格、基本的に他人を信用していない人といえます。

もし、初対面で相手がそういう態度をとってきたら、言葉よりも態度や仕草でリラックスさせるような空気をつくり、相手の不信感を少しでも和らげるように努めるべきでしょう。ここで気をつけたいのは、自分を信用してもらおうとするあまり、相手の要求をなんでも受け入れてしまってはならないということです。

その人の言葉を鵜呑みにすると、あとで大変な目にあうかもしれません。その人自身が「人の言葉には裏がある」「腹では何を考えているかわからない」という思いを抱いているのですから、あなたに対して疑いを持ち、よからぬ態度に出るときもあるからです。






Last updated  2012.06.23 01:20:28

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.