1061413 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

遠方からの手紙

記憶とは曖昧なもので

 記憶とは曖昧なもので

記憶とはつねに曖昧なもので
過去と現在の間ですりつぶされながら
たえずうめき声をあげている
塞がらない傷口は永遠に血を流し
かすかな物音にも肉体はおののき続ける

言葉はすべてまがい物で
訴えかけるものなどはなにもない
巧妙に作られた偽の記憶の陰で
誰かがぺろりと舌を出し
今日もうまく出し抜いてやったと笑っている

いつも見る定型化した夢の中に
真実などあろうはずはなく
仮想世界のような違和を感じながら
平板な書割の中で何事もなく生きている

失われたものを取り返す術はなく
いや、なにを失ったのかすら
すでに定かではない

おのれの叫びで目を覚ませば
両手は誰かの血にまみれており
どこかに埋めた他人の死体が
雨に流された土砂の隙間から
骨だけになりながら呼んでいる

 2007.8.16


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.