1041410 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

遠方からの手紙

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

記事 WTO提訴で… New! alex99さん

「東京の子」は子供… New! KUMA0504さん

人権をルーツ論で語… New! FAM5220さん

『エマ』オースティ… New! ばあチャルさん

ブログ記事について New! シャルドネ。さん

『労働者階級の反乱… New! まろ0301さん

雨で油絵の具の乾燥… AZURE702さん

Comments

http://cialisvipsale.com/@ Re:あなたが思っているほど、人はあなたのことなど気にかけちゃいない(09/17) bijsluiter cialis 10mgpredaj viagra kam…
小林先生@ Re:恐妻家と愛妻家のはざまで(07/18) 失礼ながらよくまとまっているせいか たい…
akkun @ Re:岡崎次郎はどこへ消えたのか(10/01) 向坂逸郎(?)って悪いヤツだ! そういう欲…
大津 真作@ Re:岡崎次郎はどこへ消えたのか(10/01) 実は岡崎次郎さんには、岡崎三郎さんとい…
Jun_U@ Re:アイザック・ドイッチャー 『非ユダヤ的ユダヤ人』(06/13) ドイッチャーの著作は若い頃から読んで共…
ゴマ@ Re:関曠野 『歴史の学び方について』 マルクスが宣う「人間の本質」とは何ぞや…
さすらい日乗@ 映画で見ました はじめまして、さすらい日乗をやっている…

Freepage List

Category

Archives

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2007.08.26
XML
カテゴリ:雑感

 愚樵さんのコメント欄で、ブログ主そっちのけで、ある方といささか論争のようなことをしてしまいました。

 それにしても、いまどき 「国家が軍隊を作るのではなく、軍隊が国家を作るのです」 などと、毛沢東ばりのことを大真面目で主張している人がいるということには、驚いてしまいました (愚樵さんのことではありません)。

 「銃口から権力が生れる」 というのは毛沢東の言葉ですが、これを真に受けたところに、山村工作隊に代表される50年代の極左冒険主義や、70年代の連合赤軍事件などの愚かさもあったわけで、「軍隊が国家を作る」 という主張は、それと同じ典型的な 「極左主義」 理論というべきです。

 この、アジアやアフリカなどのせいぜい発展の遅れた地域でしか通用しない毛沢東の発想を遡れば、 「国家=暴力装置」という、あまりにも素朴で単純なレーニン国家論に行き着きます。

 そういった理論の誤りと、現実の検証にとうてい耐え得ない馬鹿馬鹿しさなど、30年以上も前から常識になっていたはずだと思っておりましたので、こりゃ、いったいなんだろうな、と思った次第。

 時間がないもので、今日はこれだけ。いずれ、ウェーバーの 「国家=暴力独占論」 と絡めて、詳しい記事にしたいと思います (というか、できればいいなと思います)。 

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20080410/1207755185







Last updated  2008.04.10 14:23:59
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.