1080018 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

遠方からの手紙

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

斯くてまた在りなん New! AZURE702さん

的外れな進次郎批判 New! alex99さん

通販生活2019年冬号 New! KUMA0504さん

道の駅「草木ドライ… New! 七詩さん

会社の飲み会をふけ… FAM5220さん

伊豆下田の「相玉温… ばあチャルさん

品川駅で美女が「ANi… シャルドネ。さん

Comments

夢野久作孫@ Re:玄洋社とカレーの関係(04/07) ‪本来の玄洋社は国権派ではありません。戦…
http://cialisvipsale.com/@ Re:あなたが思っているほど、人はあなたのことなど気にかけちゃいない(09/17) bijsluiter cialis 10mgpredaj viagra kam…
小林先生@ Re:恐妻家と愛妻家のはざまで(07/18) 失礼ながらよくまとまっているせいか たい…
akkun @ Re:岡崎次郎はどこへ消えたのか(10/01) 向坂逸郎(?)って悪いヤツだ! そういう欲…
大津 真作@ Re:岡崎次郎はどこへ消えたのか(10/01) 実は岡崎次郎さんには、岡崎三郎さんとい…
Jun_U@ Re:アイザック・ドイッチャー 『非ユダヤ的ユダヤ人』(06/13) ドイッチャーの著作は若い頃から読んで共…
ゴマ@ Re:関曠野 『歴史の学び方について』 マルクスが宣う「人間の本質」とは何ぞや…

Freepage List

Category

Archives

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2007.12.15
XML
カテゴリ:陰謀論批判

 「9.11陰謀論」 の信奉者と、「アポロ謀略論」 の信奉者とは、かなりの部分で重なっているようだ。たしかに、どちらもアメリカ政府による 「謀略」 を主張するという点では、同じ構造をしている。

 だが、ほんらい、9.11のような航空機衝突によるビル崩壊という事象にしても、アポロの月への着陸と探査という活動にしても、その検証は、高度の専門的知識と能力、さらには加工された二次資料ではない、大量の一次資料の検討という、気の遠くなるような作業を必要とする (むろん、私はそんな面倒なことはごめんです。それに、そんな能力もありません)。

 ところが、このような 「陰謀論」 の信奉者たちは、簡単に手に入る二次資料についての単純素朴な印象と、中途半端な知識に基づいて、「月着陸は捏造だ!」 とか、「9.11はアメリカの自作自演だ!」 などと主張しているように見える。

 そこにあるのは、「相対性理論は間違っている」 といった類の、様々な 「疑似科学」 と同様の、生半可な科学知識に基づいた 「専門家」 への不信と批判であり、その底には、5年間の 「小泉政治」 を支えた 「ポピュリズム」 とも共通する心性が見え隠れしている。

 そもそも、「専門性」 の否定とは、かつて毛沢東によって主導された 「大躍進」 政策や 「文化大革命」、さらにはカンボジアのクメールルージュ (ポルポト政権) によって進められた 「知識人」 敵視政策の根拠となっていた論理である。

 たとえば、50年代の中国の 「大躍進」 では、近代的な製鉄法が否定され、原始的な溶鉱炉 (土法炉) による製鉄が全国民に強要された結果、大量の貴重な鉄製品が溶かされて、なんの役にも立たないただのおしゃかばかりが、山のように生れることになってしまった。

 60年代末の 「文化大革命」 を収拾するために取られた 「下放政策」 が、 当時の学生の教育水準を大きく低下させ、社会が必要とする専門家の不足を招いたこと、また70年代のポルポトによる 「知識人」 敵視が、大量虐殺と国民の困窮、さらには長期の内戦という悲劇的な結果を招いたことは、いまさら指摘するまでもないだろう。

 世の中には、「専門バカ」 という言葉もあり、たしかにそれに値するような 「学者」 とかもいるかもしれない。しかし、この言葉は、ほんらい自己の狭い 「専門性」 にのみ閉じこもっていて、社会的な常識や責任感が欠如しているような 「専門家」 を揶揄する言葉である。したがって、その 「専門性」 や 「専門的能力」 自体は、否定されるべきではない。

 また、たしかに世間には、自己の 「専門性」 をひけらかして素人を小馬鹿にしたり、わざと難解な言葉遣いで、煙にまいて喜んでいるような、品性下劣な 「専門家」 もいるかもしれない。さらに、ときの権力者だとかにすりよっては、彼らに都合のいいことばかりを言っている、「御用学者」 といった者もいるかもしれない。

 しかし、いうまでもないことだが、そのようなことは 「専門的問題」 の 「専門性」 そのものを否定する根拠にはならない。それとこれとは、別の話である。 「専門家」 や 「知識人」 を、さしたる根拠もなしに疑ったり、ただこきおろすことで溜飲を下げるのは、ニーチェの言葉を借りるならば、疎外された心情としてのただの 「ルサンチマン」 であり、大西巨人ふうに言えば、たんなる 「俗情」 にすぎない。

 ようするに、高度に 「専門的」 な問題に口出しする者には、当然のことながら、それ相応の能力と努力、そして覚悟が要求されるものである。むろん、その程度のことは、自分自身の問題として、「薬害」 や 「食品公害」 といった問題に、真面目に取り組んでいる人々や、そういった経験が少しでもある人たちにとっては、いまさら言う必要もないことだろう。

 しかし、昨今の 「謀略論・陰謀論」 の流行を見ていると、どうもそのような 「誠実さ」 が感じられない。むろん、そのような 「陰謀論」 を信じている人の大半は 「善意」 なのかもしれない。しかし、世の中、なにごとも善意だけではかたづかないものである。

 ぶっちゃけて言えば、「親ブッシュ・親小泉」 か 「反ブッシュ・反小泉」 かというような、表面的な違いはあっても、非合理的で情緒的、しかも安直だという点では、このような 「陰謀論」 の流行も、「小泉政治」 を支えたのと同じ 「ポピュリズム」 現象にすぎないように見える。

 つまるところ、その根底に流れている心性も、多少の差はあっても、同じものにすぎないように思える。「批判」 とは、なによりもまず、自らが持つ偏見や思い込み、独断に対して向けられるべきものである。おのれ自身を疑うことなしに、ただ他人に対してのみ向けられる安直な 「疑い」 の視線など、本来の批判精神や懐疑といったこととはなんの関係もないものだ。

 昨今、はやりの 「メディア・リテラシー」 なるものも、まず必要なことは、おのれ自身の知性を磨くことのはずだ。自分を磨くことなしに、多種多様で、しばしば相反するような情報の中から 「真実」 を見抜くことなどできるはずあるまい。自分の趣味や偏見だけで、情報の正邪を見分けることができるならば、誰も苦労しないのだ。

 愚にもつかぬ 「猜疑心」 ばかりやたらと発達させて、ただただ、「おれは絶対に騙されないぞー」 とか 「みんな騙されるなよー」 などと、力みかえっていてもしょうがあるまい。「落とし穴」 は、自分の前のほうや自分の外にばかりあるとは限らないのだ。







Last updated  2007.12.18 01:14:05
コメント(14) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.