1090419 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

遠方からの手紙

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

まわる世の中風車 New! 七詩さん

様々な「ゲームの気… New! FAM5220さん

ミヤベの「ほのぼの… KUMA0504さん

秋と言うより冬 abi.abiさん

民生委員・児童委員… AZURE702さん

『わたし定時で帰り… ばあチャルさん

雑踏嫌い まろ0301さん

Comments

夢野久作孫@ Re:玄洋社とカレーの関係(04/07) ‪本来の玄洋社は国権派ではありません。戦…
http://cialisvipsale.com/@ Re:あなたが思っているほど、人はあなたのことなど気にかけちゃいない(09/17) bijsluiter cialis 10mgpredaj viagra kam…
小林先生@ Re:恐妻家と愛妻家のはざまで(07/18) 失礼ながらよくまとまっているせいか たい…
akkun @ Re:岡崎次郎はどこへ消えたのか(10/01) 向坂逸郎(?)って悪いヤツだ! そういう欲…
大津 真作@ Re:岡崎次郎はどこへ消えたのか(10/01) 実は岡崎次郎さんには、岡崎三郎さんとい…
Jun_U@ Re:アイザック・ドイッチャー 『非ユダヤ的ユダヤ人』(06/13) ドイッチャーの著作は若い頃から読んで共…
ゴマ@ Re:関曠野 『歴史の学び方について』 マルクスが宣う「人間の本質」とは何ぞや…

Freepage List

Category

Archives

2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2007.12.15
XML
カテゴリ:陰謀論批判

 「9.11陰謀論」 の信奉者と、「アポロ謀略論」 の信奉者とは、かなりの部分で重なっているようだ。たしかに、どちらもアメリカ政府による 「謀略」 を主張するという点では、同じ構造をしている。

 だが、ほんらい、9.11のような航空機衝突によるビル崩壊という事象にしても、アポロの月への着陸と探査という活動にしても、その検証は、高度の専門的知識と能力、さらには加工された二次資料ではない、大量の一次資料の検討という、気の遠くなるような作業を必要とする (むろん、私はそんな面倒なことはごめんです。それに、そんな能力もありません)。

 ところが、このような 「陰謀論」 の信奉者たちは、簡単に手に入る二次資料についての単純素朴な印象と、中途半端な知識に基づいて、「月着陸は捏造だ!」 とか、「9.11はアメリカの自作自演だ!」 などと主張しているように見える。

 そこにあるのは、「相対性理論は間違っている」 といった類の、様々な 「疑似科学」 と同様の、生半可な科学知識に基づいた 「専門家」 への不信と批判であり、その底には、5年間の 「小泉政治」 を支えた 「ポピュリズム」 とも共通する心性が見え隠れしている。

 そもそも、「専門性」 の否定とは、かつて毛沢東によって主導された 「大躍進」 政策や 「文化大革命」、さらにはカンボジアのクメールルージュ (ポルポト政権) によって進められた 「知識人」 敵視政策の根拠となっていた論理である。

 たとえば、50年代の中国の 「大躍進」 では、近代的な製鉄法が否定され、原始的な溶鉱炉 (土法炉) による製鉄が全国民に強要された結果、大量の貴重な鉄製品が溶かされて、なんの役にも立たないただのおしゃかばかりが、山のように生れることになってしまった。

 60年代末の 「文化大革命」 を収拾するために取られた 「下放政策」 が、 当時の学生の教育水準を大きく低下させ、社会が必要とする専門家の不足を招いたこと、また70年代のポルポトによる 「知識人」 敵視が、大量虐殺と国民の困窮、さらには長期の内戦という悲劇的な結果を招いたことは、いまさら指摘するまでもないだろう。

 世の中には、「専門バカ」 という言葉もあり、たしかにそれに値するような 「学者」 とかもいるかもしれない。しかし、この言葉は、ほんらい自己の狭い 「専門性」 にのみ閉じこもっていて、社会的な常識や責任感が欠如しているような 「専門家」 を揶揄する言葉である。したがって、その 「専門性」 や 「専門的能力」 自体は、否定されるべきではない。

 また、たしかに世間には、自己の 「専門性」 をひけらかして素人を小馬鹿にしたり、わざと難解な言葉遣いで、煙にまいて喜んでいるような、品性下劣な 「専門家」 もいるかもしれない。さらに、ときの権力者だとかにすりよっては、彼らに都合のいいことばかりを言っている、「御用学者」 といった者もいるかもしれない。

 しかし、いうまでもないことだが、そのようなことは 「専門的問題」 の 「専門性」 そのものを否定する根拠にはならない。それとこれとは、別の話である。 「専門家」 や 「知識人」 を、さしたる根拠もなしに疑ったり、ただこきおろすことで溜飲を下げるのは、ニーチェの言葉を借りるならば、疎外された心情としてのただの 「ルサンチマン」 であり、大西巨人ふうに言えば、たんなる 「俗情」 にすぎない。

 ようするに、高度に 「専門的」 な問題に口出しする者には、当然のことながら、それ相応の能力と努力、そして覚悟が要求されるものである。むろん、その程度のことは、自分自身の問題として、「薬害」 や 「食品公害」 といった問題に、真面目に取り組んでいる人々や、そういった経験が少しでもある人たちにとっては、いまさら言う必要もないことだろう。

 しかし、昨今の 「謀略論・陰謀論」 の流行を見ていると、どうもそのような 「誠実さ」 が感じられない。むろん、そのような 「陰謀論」 を信じている人の大半は 「善意」 なのかもしれない。しかし、世の中、なにごとも善意だけではかたづかないものである。

 ぶっちゃけて言えば、「親ブッシュ・親小泉」 か 「反ブッシュ・反小泉」 かというような、表面的な違いはあっても、非合理的で情緒的、しかも安直だという点では、このような 「陰謀論」 の流行も、「小泉政治」 を支えたのと同じ 「ポピュリズム」 現象にすぎないように見える。

 つまるところ、その根底に流れている心性も、多少の差はあっても、同じものにすぎないように思える。「批判」 とは、なによりもまず、自らが持つ偏見や思い込み、独断に対して向けられるべきものである。おのれ自身を疑うことなしに、ただ他人に対してのみ向けられる安直な 「疑い」 の視線など、本来の批判精神や懐疑といったこととはなんの関係もないものだ。

 昨今、はやりの 「メディア・リテラシー」 なるものも、まず必要なことは、おのれ自身の知性を磨くことのはずだ。自分を磨くことなしに、多種多様で、しばしば相反するような情報の中から 「真実」 を見抜くことなどできるはずあるまい。自分の趣味や偏見だけで、情報の正邪を見分けることができるならば、誰も苦労しないのだ。

 愚にもつかぬ 「猜疑心」 ばかりやたらと発達させて、ただただ、「おれは絶対に騙されないぞー」 とか 「みんな騙されるなよー」 などと、力みかえっていてもしょうがあるまい。「落とし穴」 は、自分の前のほうや自分の外にばかりあるとは限らないのだ。







Last updated  2007.12.18 01:14:05
コメント(14) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


内輪に籠もらない。   三介 さん
難しいですね。確かに。
どうしても大きことをしようとすると、
固い結束で内輪に籠もってしまう。閉鎖蹄形の中に・・。
生命体自体が閉鎖的定常体系にして、でも開放系。
アナボルげな~。熱くかつ醒めておらなアカン。
曲芸ですね。 (2007.12.16 13:15:40)

Re:内輪に籠もらない。(12/15)   かつ7416 さん
三介さん
こういう陰謀論のとりこになっている人たちは、やっぱり現実感覚を忘れているのだと思いますね。
映画の見すぎなのかもしれませんけどね。
ばれたときのことを考えると、アルカイダなどよりもはるかに「狂信的」な覚悟がなければ、多数の自国民を犠牲にした「陰謀」などやれるはずはありません。
ウォーターゲート程度の陰謀ですら、ニクソンは辞任に追い込まれたのですから。
本気で信じている人たちは、基本的にあまりにナイーブなのでしょう。

アメリカでは、以前国内犯による爆弾テロが起きてましたね。彼らもそうですが、あちこちにある物騒な民間武装団体とかにも、似たような「政府陰謀論」を信じている連中が結構いますね。
そういうことを考えれば、簡単には見過ごせないことだと思います。 (2007.12.16 13:37:47)

Re[1]:内輪に籠もらない。(12/15)   三介 さん
かつ7416さん、今晩は。
>本気で信じている人たちは、基本的にあまりにナイーブなのでしょう。
>簡単には見過ごせないことだと思います。
ええ、省三氏の解説では、鴎外はこれがガマンならず、リベラルを見限って、歴史に保守に『逃避』してますね。大正期の不幸です。日本資本主義論争期に『地主・小作問題』で、再生の兆しが出るも、マルクシズムが「公認」になった途端、逆に教条化。
氏は、60年代の変化は戦中期よりも酷かったと述懐してましたが、要するに、土[海や森も]との乖離でしょうね。さらに手にする道具との乖離。だから、オートメ化や電脳化が極端に進んだ今日、内田樹さんの『身体論』が脚光を浴びる。大脳皮質だけで、好いんか?! 全身で、世界と関わらなあかんのとちゃうか? プルーストや尾崎翠とが、ニオイとかに着目するのもそこでしょうね。映像の世紀、マクロ統計が最も置き去りにするのは『シシュウ』。「カラマーゾフの兄弟』でアリョーシャも悩んでましたね。

(2007.12.16 17:37:23)

Re[2]:内輪に籠もらない。(12/15)   かつ7416 さん
三介さん
ドストエフスキーという人は実に奇妙な人ですね。
晩年には皇帝を崇拝して大ロシア主義を鼓吹し、ロシア正教にすっかりいかれるという「反動家」になってしまいましたが、それにもかかわらず作家としての腕は落ちていません。
イワンが神を非難する箇所などは、正教の熱心な信者でありながらどうしてこんなことが書けたのかと思うくらいに、激しいもので、なみの無神論者などより、はるかに説得力があります。

こういう文学に少しでも触れてみれば、人間を単純に「善玉」と「悪玉」に分けるような思考にいかれることはないと思うのですけどね。
そういや、昔浅間山荘で捕まった者が、同志殺しを描いた「悪霊」と間違えて、「カラマーゾフ」を読んでみたいと言ったとかいう話がありました。 (2007.12.16 18:41:13)

はじめまして   たんぽぽ さん
かつさま、こんにちは。「たんぽぽ」です。
コメントとトラックバック、ありがとうございます。

高度な専門知識や、1次資料などなくても、
根拠のない陰謀論かどうか判断できる、簡単な方法がありますよ。
それは対費用効果を考えることでして、
コストがやたら膨大なのに、得るものが少ないときは、
たいてい根拠のないことと思って、まちがいないでしょう...

9.11同時テロは、「自作自演」したいなら、
どこか1か所だけ、飛行機で飛び込めばじゅうぶんで、
5か所も6か所も飛び込む必要はないはずです。
その前に、飛行機でビルに飛び込むこと自体が荒唐無稽で、
それよりは、もっと小規模な事故を起こして、
深刻なテロが起きたかのように騒ぐほうが、ずっと得策でしょうね。
(2007.12.18 22:30:50)

Re:はじめまして(12/15)   かつ7416 さん
たんぽぽさん
どうもこんにちは
しかし、まあその、「荒唐無稽」だって思う人は、さいしょっからこんな馬鹿話にはひっかからんものですね。
なんというか、こういうことを信じ込んでいる人は、「他の者はみな騙されているが、自分だけは『真実』を知っている!」という優越感にひたっており、その「真実」を広げることを自分の使命だと考えていますから。

結局、「事件」への対処が手際よくても、手際悪くても、「怪しい!」ということになります。
こういうところも「擬似宗教」というか「疑似科学」と共通するところです。
これは、もはや一種の「社会的病理現象」というほかないでしょう。 (2007.12.18 23:19:14)

はじめまして   kojitaken さん
はじめまして。ブログ「きまぐれな日々」の管理人・kojitakenと申します。

弊ブログへのコメントとトラックバック、どうもありがとうございました。

このエントリは、とてもよく納得のいく陰謀論批判になっていますね。
私が我慢ならないのも、俗情に流されて専門性を否定したがるブログ群とその取り巻きたちです。
現在のブログシーンを文革の中国にたとえる指摘は、以前から散見され、実は私はそれに賛意を感じるものでした。
彼らとコイズミ支持者の根は同じポピュリズムというご指摘は、まさに私が日々感じているところのもので、私はブログでしばしばポピュリズム批判も展開しています。

ところで、勝手ながら貴ブログへ弊ブログからリンクを張らせていただきました。事後になりましたが、ご了承をお願いします。 (2007.12.29 12:14:15)

Re:はじめまして(12/15)   かつ7416 さん
kojitakenさん
どうもどうも
しかし、そちらはなんだか大変そうですね。
「敵」なのか「味方」なのか、わけの分からない人までどんどんわいてきて。
リンクの件、了解しました。 (2007.12.29 13:04:58)

トラックバックありがとうございます   散策 さん
はじめまして。明けましておめでとうございます。トラックバックありがとうございます。私が、恐ろしいと感じたことについては、たんぽぽさんから、コメントをいただきたり、アルバイシンの丘さんでの議論を拝見したりして自分の中では克服したつもりでおります。さて、ブット元首相暗殺の件で、「ブット元首相は、ビンラディンが既に殺害されたと公表した二ヶ月後、殺害された」http://amesei.exblog.jp/6837167/というエントリを拝見したのですが、これをどのように思われますか。私は、まず自分のHearing力に自信が無いのですが;^_^A (2008.01.01 15:58:42)

Re:トラックバックありがとうございます(12/15)   かつ7416 さん
散策さん
こちらこそ、はじめまして。
明けましておめでとうございます。
ぶいっちゃん氏のところや、Kojitakenさんのところ、たんぽぽさんのところなどで、自分は人の意見をまったく聞かないくせに変に中立性を装ったり、「陰謀論」批判を妙な下心や偏見を持っているみたいなわけのわからぬ難癖をつけて非難している連中を見ると、頭が痛くなります。
ブット暗殺の件は、冷静に考えると、彼女の支持者らを刺激して国内を混乱に陥れることを狙ったイスラム過激派によるものでしょう。そのために、彼らが意図的に政権の関与を匂わせる可能性すらあります。
ムシャラフにとって彼女の帰国が迷惑なのは当然でしょうが、これ以上パキスタンが混乱するのは、アメリカもムシャラフ政権も望んではいないでしょうから。
ただ、以前からパキスタン軍内にはイスラム過激派に対する同調者がいるという話はあるので、そのへんからの情報漏れや内通があった可能性はあるかもしれませんね。
(2008.01.01 16:54:29)

Re[1]:トラックバックありがとうございます(12/15)   散策 さん
かつ様
ありがとうございました。上記、「ジャパンハンドラーズと国際金融情報」で紹介しているYou Tube映像は、ネットゲリラ「ビンラディンは2001年に暗殺された」http://shadow-city.blogzine.jp/net/2007/12/2001_2642.html
You are screwed「ブット・パキスタン元首相の暗殺の真相」http://gabrico-ovalnext.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_68ff.html
などでも、紹介されています。(どちらも、眉唾な内容の多いサイトと思いますが)
こうやって、最初にコメントさせていただいたようなかたちで、面識のないネット上でお会いしたかたにご意見をお伺いするのは、情けないことではありますが、自分の頭の限界と考え、素直にお伺いしたり、ご意見をいただくのがいいと今は思っています。どうもありがとうございました。 (2008.01.01 20:52:31)

Re[2]:トラックバックありがとうございます(12/15)   かつ7416 さん
散策さん
YouTubeは聞いてみましたが、listeningはまったく自信ないのでなんともいえません。どーもすいません。

ただ、世の中には必ずしも合理的な計算だけでは動いてなくて、そんな馬鹿なということをやる人たちもいるものですね。
そこが、また話がややこしくなる原因なのです。 (2008.01.01 22:49:04)

ごもっとも   眠り猫 さん
 TBありがとうございました。
 私のブログでは、陰謀論やポピュリズムについては語っていませんが、他の場所でのかつさんのご発言などは拝見しています。
 私は所属するメーリングリスト上での9.11陰謀論の科学的誤りを徹底的に検証して、今の時点で反論は一つもありません。ネット上の2次情報だけを基にした、ネットジャーナリストと称する奴らが、売文のために垂れ流す妄言を喝破しています。
 ブックマークさせていただきます。今後もよろしく。 (2008.01.02 04:28:26)

Re:ごもっとも(12/15)   かつ7416 さん
眠り猫さん
> TBありがとうございました。
> 私のブログでは、陰謀論やポピュリズムについては語っていませんが、他の場所でのかつさんのご発言などは拝見しています。
> 私は所属するメーリングリスト上での9.11陰謀論の科学的誤りを徹底的に検証して、今の時点で反論は一つもありません。ネット上の2次情報だけを基にした、ネットジャーナリストと称する奴らが、売文のために垂れ流す妄言を喝破しています。
> ブックマークさせていただきます。今後もよろしく。
-----
ヤップ島の住人さんにもTB送ったのですが、あちらからはなんの反応もありませんでした。
どうにも困った人たちですね。
こちらこそよろしく。 (2008.01.02 06:47:39)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.