953714 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

遠方からの手紙

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

祖父は誰に殺された… New! FAM5220さん

『文章読本』丸谷才一 New! ばあチャルさん

73回終戦記念日 New! AZURE702さん

現憲法も戦後改革も… New! 七詩さん

私は売春が悪だなん… New! alex99さん

今月の映画評「夏の… KUMA0504さん

【必見】日本の一番… シャルドネ。さん

Comments

小林先生@ Re:恐妻家と愛妻家のはざまで(07/18) 失礼ながらよくまとまっているせいか たい…
akkun @ Re:岡崎次郎はどこへ消えたのか(10/01) 向坂逸郎(?)って悪いヤツだ! そういう欲…
大津 真作@ Re:岡崎次郎はどこへ消えたのか(10/01) 実は岡崎次郎さんには、岡崎三郎さんとい…
Jun_U@ Re:アイザック・ドイッチャー 『非ユダヤ的ユダヤ人』(06/13) ドイッチャーの著作は若い頃から読んで共…
ゴマ@ Re:関曠野 『歴史の学び方について』 マルクスが宣う「人間の本質」とは何ぞや…
さすらい日乗@ 映画で見ました はじめまして、さすらい日乗をやっている…
みんな集まって♪@ みんな集まって♪ みんな集まって♪みんな集まって♪みんな集…
みんな集まって♪@ みんな集まって♪ みんな集まって♪みんな集まって♪みんな集…

Freepage List

Category

Archives

2018.08
2018.07
2018.06
2018.05
2018.04
2018.03
2018.02
2018.01
2017.12
2017.11
2008.02.21
XML
カテゴリ:陰謀論批判

 なんだか、つい最近の産経の 「『反基地』勢力が叫ぶいかがわしさ」 なる記事の題名に似てしまったが、あの記事とはなんの関係もない。あの記事について言えば、あのようなことを言う花岡某という記者と、それを載せた産経のほうがよっぽどいかがわしいという意見に全面的に同意する。

 この国の 「反権力」 を標榜する人たちがしばしば見落としがちなのは、イタリアのファシズムもドイツのナチズムも、既成の権力と支配体制に対する 「異議申し立て」 という、下から広がった大衆的な運動によって支えられることで、権力への階段を駆け上がっていったという歴史的な事実である。むろん、最終的な権力の掌握は、既成支配層から労働者や農民に対する反革命としての承認を得たことによるものではあるが。

 ムッソリーニはもともと親父の代からの筋金入りの社会主義者であったし、ナチスの正式名称がドイツ国民 (国家) 社会主義労働者党であり、反ユンカー、反資本主義を標榜していたことも忘れてはならない。彼らが一部の大衆から熱狂的な支持を得たのは、そこに 「擬似革命」 としての社会変革という夢が託されていたからでもある。

 戦前の日本の場合は、天皇制という牢固たる支配構造ゆえに、そのような大衆的支持に支えられた本格的なファシズム国家は成立しなかった*1。しかし、明治憲法解釈における定説として、少なくとも大多数の政府官僚や知識人らの間には定着していたかに見えていた美濃部達吉の 「天皇機関説」 *2 が、国体に反するとして右翼勢力から猛烈に攻撃されたことに現れているように、明治以降、それなりに定着しつつあった議会政治を麻痺させ、最終的に崩壊させたのも、やはり一種の 「反権威」 主義的な運動ではなかったのだろうか。

 「国体論」 の名を借りて美濃部を攻撃した連中にとっては、美濃部もまた近代的=西欧的な知と学問を修めた帝大教授という 「権威」 だったのである。その彼に対する攻撃の根底にあったのは、明治以降の急速な 「西欧化」=「近代化」 によって様々な社会の歪みが蓄積してきた結果、明治政府の急激な方針転換によりいったんは抑え込まれていた幕末の復古思想が、「近代化」 そのものに対するイデオロギー的な反動として息を吹き返したということだろう*3

 既成の権力や権威に対する反抗であれば、なんでも賞賛しありがたがる者はただの愚か者である。それはときには、歴史を巻き戻そうとする 「反動」 と結びつくこともあることを見落とすべきではない。

 たとえば 「常識」 を捨てれば直感で真理が見えてくるなどという人がいるが、本当にそうであれば、誰も苦労はしない。コペルニクスやガリレオの 「地動説」 にしても、常識を疑うというような単純なことで成立したわけではない。彼らが乗り越えた困難をそのように単純化することは、彼らの業績を称揚するどころか、愚弄することにしかなっていない。

 9.11同時テロのような複雑な事件の真相が 「直感」 で分かるのなら、世の中、どんな事件も直感で犯人が分かるというものだろう。それは、複雑な法律も司法制度も、また科学的な捜査や証拠による立証も不要であり、したがって弁護人による反論も不要だというのと同じである。

 ただの無知に基づき、無知に居直っただけの安易な 「反権威」 主義や 「専門家」 たたきのいきつくところは、人間が困難を乗り越えて築いてきた歴史と文明の成果を破壊し、放り捨てることにしかならないだろう。

 馬鹿を言うのもいい加減にしろというところだ。


*1:戦前の日本に体制としてのファシズムが成立していたかどうかには、様々な議論がある。保守的な立場からの 「日本ファシズム」 否定論者には、しばしばそのことを、「戦前の日本はナチスほど酷い体制ではなかった」 というような弁護論と結びつける傾向があるのは事実である。しかし、これは、本来 「ファシズムとはなにか」 という優れて理論的な問題なのであって、政治的評価の議論と結び付けるべきではない。

*2:むろん、明治憲法は厳密な意味での近代憲法ではない。美濃部の 「天皇機関説」 は、復古性と近代性を兼ね備えていた折衷的な明治憲法を可能な限り近代的な方向で解釈しようとした学説であったということができる。

*3:そこには、欧米列強との対立の先鋭化による、ナショナリズムの高揚という背景があったことも、むろん無視はできない。

http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080131/1201781124 







Last updated  2008.03.01 21:15:04
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.