035235 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

雑学フクロウの森

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

バックナンバー

2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月

SEMPRE BARCA

バルサ公式ペーニャ

Penya F.C.Barcelona Japan




人気blogランキング

ランキングバナー

2012年03月11日
XML
カテゴリ:Other
最近の自分のブログを見ると、話題がずっと同じな事に気がついた。
という事で、少し違う話をば。

震災から1年経った今日、各メディアで一斉に特番、特集を組んでいる。
やっと1年が経ち、今までの震災との触れ合い方について今一度考えてみた。

震災から数日で、メディアには「復興」の文字が飛び交った。
この「復興」という言葉にとても違和感を感じていた。

被災地では家を失い、職や学校を失い、家族や友人を失った人々が肩を寄せ合うように生きていた。
明日への希望も見つからず、失ったものへの感傷を抱えていたにも関わらず、震災から遠く離れた人々が掲げる「復興」。
まるで「震災など忘れて、頑張っていこう」と無責任に言われている感覚。自分一人が下を向き、周りの人間は前を向いてあるいているような疎外感。
そんな事を感じる人もいたのではないだろうか。

「人は忘れる事で生きていける。だが忘れてはならないものもある」というのは某人気アニメの1セリフだが、この言葉こそが人間の本質なのではないか。

そして1年。
ニュースで読んだが、行方不明者の死亡届が徐々に提出されているそうだ。
人は弱く、記憶にすがって生きていきたい時は必ずある。
でも、悲しみも苦しみも、忘れるのではなく「傍らに置いておき」前を向く事が出来る強さだって持っている。
1年という時間は決して長くないけど、でも1年を乗り越えてきた。
その強さが、人間の本質を体現しているような気がする。

被災した人もしていない人も、震災の事を忘れる事はないはずである。
だが、その悲しみや苦しみを傍らに置いておき、前に進めると思うのだ。

そんな強さを示してきた今こそ、「復興」という言葉を使いたい。
今こそ、この大災害から復興しよう、と言いたい。

頑張ろう、日本。






最終更新日  2012年03月11日 23時03分50秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.