000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「こば爺の部屋」~直感と直観!?の国~

PR

プロフィール


こば爺

お気に入りブログ

曹操注解 孫子の兵法 曹操閣下さん
水曜どうでしょう等… 百年遅れの屯田兵さん
music607080 浜bay1998さん
やっぱり本が好… Re-kaさん
つれつれくさ 四谷さいだあさん

フリーページ

コメント新着

 こば爺@ Re:一口から楽しむ競馬16 今週はレッドアクトゥール!(09/24) 好発から好位追走! 期待したような展開だ…
 こば爺@ Re:一口から楽しむ競馬13 マーテル残念ながら…(05/03) 正直、上の兄弟が走っていること。また募…
 こば爺@ Re[1]:ご無沙汰してしまい… Re-kaさん、コメントをいただきなが…
 こば爺@ Re[1]:ご無沙汰で申し訳ございません! おばこさん、コメントに返信できず 申し…
 Re-ka@ Re:Fs、ここまで来て大ピンチか…(08/18) 少々難あって試合が見れない日々が続いて…

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006年08月10日
XML
カテゴリ:歴史から学ぼう
秘本三国志-6-今日は諸葛亮の「出師の表」(※)から抜粋です。

※蜀漢の丞相諸葛亮(しよかつりよう)が、昭烈帝(劉備)の没後、出陣にあたって後主劉禅に奉った前後二回の上奏文。誠忠と憂国の至情にあふれた名文として知られる。
-国語辞書(大辞泉)-

では、いきます…

『臣亮言す。
先帝創業未だ半ばならずして、中道に崩そせり。
今、天下三分し益州は疲弊す。
此れ誠に危急存亡の秋なり。
然れども待衛の臣、内に懈らず、忠志の士、身を外に忘るるは、蓋し先帝の殊遇を追い、これを陛下に報いんと欲すればなり。
誠に宜しく聖聴を開張し、以て先帝の遺徳を光かし、志士の気を恢弘すべし。
宜しく妄りに自ら菲薄し、喩えを引き義を失い、もって忠諌の路を塞ぐべからず。…(略)』


私が気になったのは、この抜粋での最後の部分です。
陳舜臣氏が著書の「秘本三国志(六)」(文春文庫)で、
私のような凡人にもわかりやすく書いてくれていますので、
どんなことを言っているのか引用させていただきます。

「宜しく妄りに自ら菲薄し、喩えを引き義を失い、もって忠諌の路を塞ぐべからず」
~はじめから自分を菲才で学問が浅いなどと考えたり、
喩えを引いてあれこれ義に合わぬことを言って、
忠臣の諫言の路をふさいではならない。


諸葛亮孔明(181~234)

(以前のライブドアブログに掲載したものに若干、手を加えたものです)






最終更新日  2006年08月10日 20時54分23秒
コメント(4) | コメントを書く
[歴史から学ぼう] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.