000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「こば爺の部屋」~直感と直観!?の国~

PR

プロフィール


こば爺

お気に入りブログ

曹操注解 孫子の兵法 曹操閣下さん
水曜どうでしょう等… 百年遅れの屯田兵さん
music607080 浜bay1998さん
やっぱり本が好… Re-kaさん
つれつれくさ 四谷さいだあさん

フリーページ

コメント新着

 こば爺@ Re:一口から楽しむ競馬16 今週はレッドアクトゥール!(09/24) 好発から好位追走! 期待したような展開だ…
 こば爺@ Re:一口から楽しむ競馬13 マーテル残念ながら…(05/03) 正直、上の兄弟が走っていること。また募…
 こば爺@ Re[1]:ご無沙汰してしまい… Re-kaさん、コメントをいただきなが…
 こば爺@ Re[1]:ご無沙汰で申し訳ございません! おばこさん、コメントに返信できず 申し…
 Re-ka@ Re:Fs、ここまで来て大ピンチか…(08/18) 少々難あって試合が見れない日々が続いて…

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006年09月01日
XML
カテゴリ:歴史から学ぼう

神さまの傑作のひとつ、それは…

山本五十六さんの名前を知っておられる方は
非常に多いと思います。

その山本さんが海軍兵学校時代のクラス会(32期生)で
「おれたちのクラスで大将になるのは、堀ひとりだけだよ。
おそかれはやかれ皆、首になるよ」
と言ったことがあるそうです。

「海軍兵学校創立以来、未だ見ざる秀才」
そう謳われた人物-堀悌吉中将。

海軍良識派の提督の一人で、
クラスメイトだった山本さんとは、
山本さんが実兄に「吾、一人の友を得たり」
と書き送ったほどの親友(心友)だったそうです。

また海軍が輩出した名リーダーの一人、
山梨勝之進大将にいたっては
「堀君、君死ぬなよ。
君が死ぬとぼくの生きている価値が、
半分いや七割なくなるよ」
とまで言っていたといいます。

そんな堀さんが、太平洋戦争ではどんな役割を担っていたのか?
興味があるのは私だけではないと思います。

昭和16年12月8日-真珠湾攻撃-。
その時、彼の肩書きは…
浦賀船渠株式会社取締役社長、というものでした。

「あいつら、よくも、堀をクビにしやがった」
軍縮こそ日本の進むべき道。
海軍良識派の中でも、ラディカルな堀さんが
軍縮反対派の手によって
予備役に編入されたことを知った山本さんが
激怒の言葉を放ったのは昭和9年のこと。

クラスメイトの間に
「神さまの傑作のひとつ堀の頭脳」
という句さえ残っている堀さん。
対米英開戦どころか三国問題にさえ関与せぬまま
海軍を去っていたのでした…。

堀悌吉(1883.8.16~1959.5.12)

参考文献:海軍の逸材堀悌吉(宮野澄 光人社文庫)






最終更新日  2007年09月23日 22時50分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[歴史から学ぼう] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.