209988 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「こば爺の部屋」~直感と直観!?の国~

PR

プロフィール


こば爺

お気に入りブログ

曹操注解 孫子の兵法 曹操閣下さん
水曜どうでしょう等… 百年遅れの屯田兵さん
music607080 浜bay1998さん
やっぱり本が好… Re-kaさん
つれつれくさ 四谷さいだあさん

フリーページ

コメント新着

 こば爺@ Re:一口から楽しむ競馬16 今週はレッドアクトゥール!(09/24) 好発から好位追走! 期待したような展開だ…
 こば爺@ Re:一口から楽しむ競馬13 マーテル残念ながら…(05/03) 正直、上の兄弟が走っていること。また募…
 こば爺@ Re[1]:ご無沙汰してしまい… Re-kaさん、コメントをいただきなが…
 こば爺@ Re[1]:ご無沙汰で申し訳ございません! おばこさん、コメントに返信できず 申し…
 Re-ka@ Re:Fs、ここまで来て大ピンチか…(08/18) 少々難あって試合が見れない日々が続いて…

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007年03月04日
XML
カテゴリ:歴史から学ぼう
海軍一軍人の生涯タイトル:海軍一軍人の生涯
~最後の海軍大臣 米内光政~

著者:松田十刻

出版社:光人社NF文庫

満足度:★★★+



『天皇の意中の人物は米内だった。
阿部内閣の総辞職が決定的になると、天皇は湯浅倉平に意見を述べた。
「次は米内にしてはどうか」
陛下自ら後継首班について言及することは、異例中の異例である。
天皇は三国同盟で紛糾していたとき不眠症になり、葉山に静養したことがあった。
それだけに、陸軍によるファッショ化の波を食いとめてくれる防波堤は、
もはや海軍にしかないと痛感していた。
米内はその防波堤となる最後の切り札に思われた』



『米内内閣に対する包囲網が狭まるなか、天皇は事態を憂慮していた。
同日、木戸に命じた。
「なお、米内内閣を信任している。このことを米内に伝えよ」
このようなことは異例中の異例であった。
天皇は米内内閣の実現を期待し、側近にもその旨を伝えていたが、
断末魔を迎えつつある今また、あえて続行するよう望んだのである。
しかし、このことが光政に告げられるのは、辞表が奉呈された十六日のことだった』



『米内内閣は、昭和十五年一月十六日に成立し、七月十六日に総辞職した。
米内を慕っていた各省の秘書官たちは、
十六日にちなんだ「一六会」という親睦会をつくり、米内亡き後も親交を温めた。
昭和天皇も「今日は一六会の日だね」と
しみじみと側近に語ったという』

………


米内光政
(よない みつまさ)さんはこんな人です






最終更新日  2007年03月04日 18時25分18秒
コメント(2) | コメントを書く
[歴史から学ぼう] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.