000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「こば爺の部屋」~直感と直観!?の国~

PR

全159件 (159件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

競馬

2021年01月07日
XML
カテゴリ:競馬
特定のG1以外であれば、
いつでも行けたはずの競馬場。

新型コロナのニュースが流れ始めた頃、
まさかこんなことになるとは
思わなかった自分が
正直情けないです。

2020年は一度、
2月に東京競馬場へ行き、
その後、4月の競走馬リハビリセンターへのバスツアーを
楽しみにしていたのですが…

3月には旅行会社から中止・返金の連絡があり、
競馬も無観客での開催へ。

そこからは、
一口のお馬さん達のこともあるので
なんとか無観客でも継続開催してくれるよう、
しばらくはドキドキでした。

そして…



10月。
ようやく指定席予約の形で、
競馬場への入場が再開されました。

その初日。
東京競馬場への入場者は6百人台だったそうですが、
その中に入ることができたのは
非常に嬉しかったです!

入場後、私が真っ先にしたのは
近くの係員さんに
パドックで馬を見れるのか?
を聞いたことでした(笑。



そして年末。
有馬記念の指定席へ応募し「当選」。

1992年12月27日。
初めて私が競馬場へ行き、初めて馬券を買い、
そして的中した日。
それ以来の有馬記念生観戦でした!

そして2020年12月27日は、
双眼鏡でですが、スタートからゴールまで
レースをすべて見ることができました。

私が双眼鏡で追っていたのは
クロノジェネシス!

有馬のゴールを
目の前で、
しかも座ったまま見れるなんて…

本当ありがとうございました!!






最終更新日  2021年03月06日 01時28分02秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年09月01日
カテゴリ:競馬


今年ここまでで一番の出来事は
JRAの美浦トレーニングセンターに行く機会があったことです。



上は坂路コース内。
ほんのわずかですが実際に走ることもできました!



上は南馬場。
現在美浦は改装中ですが、私が行った時期は
まだ従来の南Wがありました。



本当にいい思い出になりました!
ありがとうございます。






最終更新日  2019年09月01日 02時39分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月02日
カテゴリ:競馬







昨年、運よくJRA馬事部が主催する
競走馬学講座を受講することができました。
週1回、仕事終わりに某WINSそばへ通ったのですが、
最終日だけは土曜日開催。
なんと千葉・白井にある競馬学校の視察でした!
寮には明日デビューする、当時の3年生の姿も。

そんなわけで今年の新人騎手は全員注目しています!
頑張ってくれ!!






最終更新日  2019年05月20日 23時44分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月29日
カテゴリ:競馬

(2016年10月天皇賞秋のもの)


(2017年1月引退式のもの)

モーリス(牡6)
 父スクリーンヒーロー
 母メジロフランシス(母父カーネギー)

2015年シーズン6連勝!
年度代表馬にも選出されたモーリス。
2016年シーズンは香港だけではなく
欧州を含めた本当の意味での世界的な活躍を期待していました。

不安だったのは2015年シーズン秋、状態が万全でないまま
国内、海外のG1を中2週で戦ったこと。
疲れやすいお馬さん。
と、オーナーの吉田和美さんが指摘していたのは
さすがだと思います。

予定していたドバイは使えず
4月の香港チャンピオンズマイルが
シーズン最初のレースとなりました。
鞍上はあのモレイラ騎手!
結果はモーリスに無理させることのない圧勝!!
この騎乗機会で世界的な名手モレイラ騎手の心も
モーリスに釘づけとなったようです。

その後、ドゥラメンテとの同厩舎、
あるいはそれ以上にノーザンファーム内での「使い分け」だったのか
期待する宝塚記念ではなく、香港遠征から検疫のため
東京競馬場に監禁状態での安田記念参戦となってしまったのが、
非常に残念でした。

2016年の年度代表馬争いには破れてしまいましたが、
ここで2016年にもっとも見たかったモーリス対ドゥラメンテが
実現していれば…
年度代表馬争いもかなり違った結果だったと個人的に思います。
でもお爺ちゃんと同じ「特別賞」貰えたから
それはそれで良かったです!

2016年シーズンのモーリスは5戦3勝。
うちG1国内1勝海外2勝でした。
先日行われた中山競馬場の引退式にも行きましたが
本当モーリスと出会えて良かったです!!

今後もグラスワンダーの子供たち
中でもスクリーンヒーロー産駒や
2020年にデビューするモーリスの子供たちを
見守っていきたいと思います。


(2016年10月アルテミスSのメローブリーズ)


(2016年11月東京スポーツ杯2歳Sのトラスト)






最終更新日  2017年01月29日 10時45分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月14日
カテゴリ:競馬


2015年の秋、東京開催で
JRA主催のビギナー向け競馬教室
「REXS」に参加し、
そのおかげで2016年は1年間
REXSエキスパートメンバーとして
パワーアップセミナーに参加することができました。

私がビギナーに当たるのか?
参加するにあたってそう自問してみたのですが、
個人的には馬について知らないことがあまりに多いし
特に馬というか馬体の見方にいたっては
まったくわからない…
ならば私だって胸を張れるビギナーである!
と結論しての参加でした。

そして…
本当、この講義に参加できて良かったです!

最初2回のセミナーの講師は
竹山まゆみさん。

そしてパワーアップセミナーになってからは
いずれもグリーンチャンネルや他の競馬番組で
見知った方々ばかり。
超充実した1年間となりました。

特に印象に残ったセミナーをいくつか挙げると、
「パドックの見方」…井内利章氏、古谷剛彦氏
「上手な馬券の組み立て方」…古谷剛彦氏
「穴馬の探し方入門」…長谷川雄啓氏
「調教欄を予想に役立てる」…井内利章氏、天童なこ氏
「東京競馬場の傾向と対策」…辻三蔵氏、木村拓人氏
などなど

「パドックの見方」はこのセミナーに参加した「元」でも
あるので特に印象に残りました。
井内氏、古谷氏と共に実際にパドックに出て
目の前の馬で講義を受ける!
最高でした。

この一年で学んだことは
競馬の予想はどれか一つで当てられるものではないということ。
そして一か八かの博打として利用するには、
「競馬」というのはあまりにもったいないものだということ。
「自分の身の丈で今後もずっと楽しみたい」
あらためてそう思いました。

今では競馬場(主に府中ですが)に行くと
パドックが私の「居場所」になっています!






最終更新日  2017年01月14日 21時48分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年01月15日
カテゴリ:競馬
13.11.09モーリス03 (300x225).jpg

モーリス(牡5)
 父スクリーンヒーロー
 母メジロフランシス(母父カーネギー)
(写真は2013年11月京王杯2歳Sのもの)

2014年後半シーズン全休からの関東への転厩。
そしてそこから怒涛の6連勝!
海外遠征にも勝利して(感動!)、
見事、2015年JRAの年度代表馬に選出されました!


ゴールドアクター01

ゴールドアクター(牡5)
 父スクリーンヒーロー
 母ヘイロンシン(母父キョウワアリシバ)
(写真は2014年5月青葉賞のもの)

モーリス同様、2015年は全勝!
有馬記念にも勝ってくれました!


グァンチャーレ01

グァンチャーレ(牡2)
 父スクリーンヒーロー
 母チュウオーサーヤ(母父ディアブロ)
(写真は201410月いちようSのもの)

2015年のシンザン記念で、
スクリーンヒーローに、
最初の重賞をプレゼントしてくれました!


ミュゼエイリアン01

ミュゼエイリアン(牡2)
 父スクリーンヒーロー
 母エールスタンス(母父エルコンドルパサー)
(写真は2014年百日草特別のもの)

2015年は重賞を勝ってくれただけでなく、
クラシック3冠のすべてに出走してくれました!


昨年は一度も更新できなかったのですが、
競馬場には若かった頃と同じように(苦笑)、
突如として、何度も何度も通っていました。
そして…
あのトウショウボーイとその産駒を応援していた頃でさえ味わえなかった、
ありえないような、起こりえないような
瞬間というのか空間というのか、それとも時間とでもいうのか
「そのただ中にいる」ことができました!

スクリーンヒーローそしてその父であるグラスワンダーに
本当に「ありがとう!」と言いたいです。
言葉で伝えるのは難しいのはわかっていてもネ。






最終更新日  2016年01月17日 01時26分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年11月21日
カテゴリ:競馬
ミュゼエイリアン01

ミュゼエイリアン(牡2)
 父スクリーンヒーロー
 母エールスタンス(母父エルコンドルパサー)

スクリーンヒーロー2012年産駒のエースとして
期待しているのが彼です。

デビュー戦で、あのココロノアイを破っての
新馬勝ち!

その後はG3札幌2歳S4着、百日草特別3着と
ちょっと足踏み状態ですが…
あせらずこれまで通り適条件を使っていけば
必ず来年のクラシックシーズンには
その名を連ねてくるはずです。

次走が今から待ち遠しい1頭です。

(画像は百日草特別-14.11.9-のパドック)






最終更新日  2014年11月21日 21時57分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年10月11日
カテゴリ:競馬

グァンチャーレ01

グァンチャーレ(牡2)
 父スクリーンヒーロー
 母チュウオーサーヤ(母父ディアブロ)

期待しているスクリーンヒーロー産駒ですが、
2年目産駒もそれなりに勝ち上がってくれています。

今日はその中でも期待の1頭、
グァンチャーレの関東遠征ということで
さっそく府中へ行ってきました。

ここまでの主戦である関西の新人騎手義クンも
関東初遠征ということだったらしいのですが、
乗鞍はグァンチャーレのみ…
ちょっと可哀相な気がしました。
(懲りずにまた来てください)

レースはグァンチャーレ得意の出遅れが
結局は祟る結果に。
デビュー以来3戦連続の上り3ハロン最速を記録して
ゴール前馬券圏内に肉薄するも、
残念ながら6着に終わってしまいました。

スクリーンヒーロー産駒の重賞挑戦。
惜しいところまではいくものの、
本当悔しい敗戦が多いですね。
グァンチャーレは重賞を獲れる器の持ち主だと感じているので、
次走以降もあせらず順当に使っていって欲しいと思います。

(画像はいちょうS重賞-14.10.11-のパドック)






最終更新日  2014年10月12日 00時04分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年07月04日
カテゴリ:競馬
ウインアプローズ01

ウインアプローズ(牝3)
 父スクリーンヒーロー
 母ダイイチビビット(母父トニービン)

母ダイイチビビットはダイイチルビーの娘で
ダイイチシガーの全妹。

「華麗なる一族」の末裔。
そう、それが彼女
ウインアプローズなのです。

血統表に見える
ダイイチルビー、ハギノトップレディ、イットーの名。
そして父スクリーンヒーローの祖母もまた
あの名牝ダイナアクトレス。

残り少なくなってしまった3歳未勝利戦ですが、
何とか彼女にはもっと走る姿を見せてほしい…
そう思っています。

(画像は東京未勝利戦-13.11.9-のパドック)






最終更新日  2014年07月04日 21時14分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年06月28日
カテゴリ:競馬
デルマアラレチャン01

デルマアラレチャン(牝3)
 父スクリーンヒーロー
 母ユークロニア(母父アドマイヤベガ)

スクリーンヒーローに、
待望の牝馬JRA初勝利をプレゼントしてくれたのが、
デルマアラレチャン!

今日は昇級初戦。
減量騎手による恩恵49kgでの出走ということもあってか、
降級馬もいる中、いきなりの2番人気に支持されました!

発走直前、それまでの弱雨が強雨に変わってしまい、
大丈夫かな?とちょっと心配になったのですが、
残念ながらその心配のほうが「的中」してしまいました。

次走はできるなら
彼女好みの馬場になってほしいものです。

(画像は東京500万下条件戦-14.6.28-のパドック)






最終更新日  2014年07月04日 21時15分10秒
コメント(0) | コメントを書く

全159件 (159件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >


© Rakuten Group, Inc.