178379 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

jasjeの絵日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


jasje

Calendar

Category

全50件 (50件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 >

できごと

2009.03.12
XML
カテゴリ:できごと
某研究会で長いこと一緒にやってきた仲間が亡くなって.

0903121951.jpg 0903121945.jpg 0903121950.jpg

花一輪通夜の帰りの赤い月







Last updated  2009.03.13 21:44:30
コメント(4) | コメントを書く
2009.02.25
カテゴリ:できごと
たまにそのへんを遊弋しているのを見ることがあるだけのご近所の奥さんが不燃ゴミを集積所に出しているところに出くわして,おもわず会釈をしてしまった.

そしたら

おはようございます.
行っていらっしゃいませ.

という丁寧な挨拶が返ってきて,恐縮のあまり顔が引きつりそうになりました.インフルエンザ除けの巨大マスクをかけていたので先方には見えなかったと思うけど.古い町に行くと知らない同士でも挨拶するのが普通になっている地区があってうらやましい.






Last updated  2009.02.25 14:58:39
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.19
カテゴリ:できごと
今日も例のバス停に立っているとバスがやってきて扉が開きました.そして乗り込んだ僕に運転手さん(近頃はサービスプロバイダーショックとか言うらしいが)は渋い顔.そう,僕はまた間違ったバス停に立っていたのでした.

運転手さん:ここは停留所じゃないんですよ!
    僕:はいはい.よく見えなかったんだよね.
運転手さん:停留所は向こうだって書いてあるじゃないですか.
    僕:はいはい.

運が悪いことに今日は「向こう」の停留所で待ってる人がいなかった.この運転手さんも「間違った停留所」に立ってる僕にかまわず行ってしまえば良かったのに,止まってくれたのは親切というものなのでしょう.そしてその親切は社内の規則か何かで禁止されてるのではないでしょうか.そのへんに彼の苛立ちのもとがあるような気がしました.やれやれ.








Last updated  2009.02.19 22:14:33
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.14
カテゴリ:できごと
0902130730.jpg

これがそのバス停.






Last updated  2009.02.14 22:17:36
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.11
カテゴリ:できごと
昨日の朝はバスで駅に行くことにしていつものバス停に立っていると,どこかのおばさんが親切にそこで待っていても乗せてもらえないと教えてくれました.正確には「そこで待ってると叱られちゃうよ」という表現だったんだけど,彼女,前に運転手に「叱られた」のかな.おせっかいでごめんなさいとなぜか謝る彼女に,おせっかいなんてとんでもない,たいへん助かりましたと丁重にお礼を言って,工事のせいか2,30m離れたところにできていた臨時停車スポットへ.

振り返ってみれば一時使用中止になっている停留所の標識には停留所の名前を隠すように紙が貼ってあり,ご丁寧に臨時停車所があることも書いてある.でも見えなかったんですねこれが.私たちが日常どれだけのことを見ているかについては大きな誤解があると思います.そこにあってあたりまえみたいなものは細部をほとんど見ていない.しかもさっきそこには僕より前から待っている男性も一人いたので安心していた.

やがて臨時停車スポットにバスが着いて乗り込むと,この男性がかんかんになって運転手に食ってかかっている.あんなことで停留所が移動したのがわかるわけがないじゃないか,なぜ前の標識を完全に取り去らないのかというのが彼の言い分.忙しすぎるのか運転手がとりあわないので,彼の怒りは募ります.なだめるというわけでもなく「きっとまたすぐ使いたいんでしょうね」と言ってみる.「だってあれじゃわかんないよ」と彼.「いやほんとに自分が何も見てないのがわかりますね」「そうだよ見えない」とこのへんは話がかみ合っていないのだけれど,これで一応気が済んだらしくおとなしくなったので,標識を抜いてしまうのは無理としてもどうしておけば良かったのかを考えてみる.

たぶん蛍光色の袋のようなもので,使用中止の標識をすっぽり覆ってしまったら良かったのでは? つまり見慣れた標識の雰囲気,無意識のうちに捉えているその特徴が消えるような仕掛けにしなくてはならない.ひょっとしてこれは新しい商売の種かと思いつつあれこれ考えていると駅までの時間は短かった.


このあたり,10日前の晩も工事していたっけ.

0901282012.jpg 0901282013.jpg 0901282014.jpg







Last updated  2009.02.11 14:14:35
コメント(2) | コメントを書く
2008.11.27
カテゴリ:できごと
0811270731.jpg

ふと見れば人が樹に生る寒い朝






Last updated  2008.11.28 17:14:50
コメント(2) | コメントを書く
2008.11.09
カテゴリ:できごと
バスの座席に4,5歳の少女がお姉さんと並んで座っていました.お母さんはちょっと離れた席に.久しぶりのお出かけに少女は浮かれ気味です.


母:静かにしてね! お姉ちゃんとお話でもしてたら?

妹: ...
姉: ...

(しばらくして)
妹:なんのお話をしたらいいの?

母:サンタクロースのお話.

季節は巡り,ことしも先が見えてきたようで.






Last updated  2008.11.11 07:41:45
コメント(4) | コメントを書く
2008.10.22
カテゴリ:できごと
踏み込んだ電車の床に錐立たず
どこに置こうか反対の足






Last updated  2008.10.22 10:56:15
コメント(0) | コメントを書く
2008.10.10
カテゴリ:できごと
通勤の時間帯を少しずらしたら小田急線の車内人口密度が大きく上がって,不自然な姿勢でストレッチ運動をすることに.

おかげでこれまでに見ることがなかった人間ドラマが見られることもあって,今朝はかくのごとし:

「わたしの口ですか」という男性の心配そうな声に続いて,「違いますよ,口紅がつくと悪いから」という申し訳なさそうな声.

目の前の女性が顔にハンカチを押し当てていても,僕の口臭かも,というような性急な結論を下さないこと.彼女はただ都会的なマナーを知る人なのかもしれません.






Last updated  2008.10.10 21:38:03
コメント(2) | コメントを書く
2008.04.22
カテゴリ:できごと
先日,野川沿いのサイクリングコースをゆっくり走っていたときのこと,川岸の道路と流れの中,上下に別れて言い争う声が.

水面に降りて鴨に餌をやっていたらしいおじさんは「おまえ何の権限があって俺のやっていることに口を出す」とかんかんだし,学生風カップルの男性のほうは権限とかじゃなくて自分の意見を言っているのだと譲らない.彼の言い分は野生の鳥に餌をやることが生態系を乱すなということらしい.動いている自転車の上からこれだけ聴いてそのまま通り過ぎてしまったのだけど,この二人のどちらが言っていることが正しいのでしょう.

権限の有る無しを持ち出すのはよく見かけることではあるものの,これはこれでちょっと変だ.昔外国の人に日本人は権威主義的だと言われたことを思いだしてしまいました.「権威主義的」と聴くとなんだか威張った人を思いがちだけど,一片の疑いも抱かずに権威を受け容れることも権威主義的という.

ともあれ,北京にオリンピックを開催する資格があるかどうかで争うのより長閑ではありました.

マレーシアでチベットの旗を掲げようとして「保護」された3人の日本人,一応の目的は達したと思うけど,中国国旗をうち振る人たちと話し合える仲にはなれなかったようで.






Last updated  2008.04.22 11:13:31
コメント(2) | コメントを書く

全50件 (50件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 >

Comments

jasje@ Re[2]:夏の終わりの恋のバカンス(08/29) バケーションってなあに、という時代では…
胡麻胡麻胡麻@ Re:夏の終わりの恋のバカンス(08/29) この歌より少し前に、コニー・フランシス…
胡麻胡麻胡麻@ Re:夏の終わりの恋のバカンス(08/29) ピーナッツのCD持ってます.名曲中の名曲で…
胡麻探偵事務所@ ご依頼の件 調査いたしました.4年上の某女子画家によ…
jasje@ 肩を並べて浜辺を歩く人は意外に少ない? 驚いたことにこの広いWebの世界で『肩を並…

Headline News

Favorite Blog

まだ登録されていません

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.