2012.07.07

肩を並べて浜辺の(その後)

(4)
2010年3月20日のブログで「肩を並べて浜辺を」(仮称)の正式なタイトルと歌詞を教えてくださいとお願いしたところ,2年3ヵ月後の今年6月28日にRhioさんからお答えをいただきました.

タイトルは「燃える太陽」で歌詞は以下のとおりだそうです:

肩を並べて 浜辺の 砂を踏んで 歩こう
そうして 聞こう 燃える 太陽の あの息吹を

手をつないで 小高い 丘の上に 登ろう
そうして 聞こう 燃える 太陽の あの息吹を
いついつまでも

青い空に 祈ろう 若い僕らの 未来を
そうして 聞こう 燃える 太陽の あの息吹を
いついつまでも いついつまでも いついつまでも

今日,僕がてっきり作詞者だと思っていた美術部で2年先輩のドイさんを15年ぶりにつかまえてうかがってみたところ,彼は鵠沼中学校の時代に,ということは東京オリンピックの1964年の前後ということになりますが,友人のマツモトさんからこの歌を教えてもらい,すっかり気に入ってしまって2人で歌っていたという.その後,高校の1年生のときに卒業生の壮行会みたいなものがあり,当時みんな夢中になっていたビートルズの曲をギターのサトウさんやドラムのイイダさんと一緒に歌ったついでに(?)この歌を歌ったのが,ひとまえで歌った最初だそうな.

さてそうすると中学生のマツモトさんはこの曲をどこでみつけてきたのでしょう?

ルゼル(さん?)の情報日記で元歌Cuando calienta el solのスペイン語の歌詞とクリップを見つけました.





TWITTER

Last updated  2012.07.07 23:49:01
コメント(4) | コメントを書く
[だれか教えてください] カテゴリの最新記事