1660866 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

本当の美しさを求めてーかぐや治療院

PR

Free Space

マクロミルへ登録
kuensankairo.gif

ATP(アデノシン三リン酸)について
筋肉はATP(アデノシン三リン酸)という物質を持っています。
このATPが分解して無機リン酸を放出し、ADP(アデノシン二リン酸)に変わる時に発生するエネルギーを使って筋肉を動かします。動物、植物、微生物(細菌)などには、必ずATPが含まれています。
この過程中に3個の<三カルボン酸>を生じるので、三カルボン酸回路(TCAサイクル)とも称されています。

「生命を維持するのに必要な最小のエネルギー代謝」が基礎代謝です。
基礎代謝とは「生命を維持するのに必要な最小のエネルギー代謝」で、普通は「寝ている状態で一定の時間に消費する熱量 」で表します。

基礎代謝が下がれば、身体や内臓に脂肪がついたり、疲れがなかなかとれないという状態に陥ります。
基礎代謝が上がれば、脂肪がつきにくくなり、疲労も回復しやすくなるのです。
この基礎代謝のカギを握ると言われているのが「クエン酸サイクル」です。

クエン酸サイクルとは

 食事から摂った糖質
 疲労の原因物質である乳酸 体脂肪
などを分解し、エネルギー(筋肉)に変換するサイクルです。

炭水化物、たんぱく質、脂肪を摂取した人体で消化吸収された分子は三つの段階(解糖、クエン酸回路、電子伝達)を経てエネルギー源となるATPをつくります。三つの段階のうち解糖は細胞質の液状の部分(細胞質基質、マトリックス)で行われ、クエン酸回路は細胞内のミトコンドリアのマトリックスで行われます。また電子伝達はミトコンドリアの内膜で行われます。

糖質(炭水化物)、脂肪、タンパク質の3つは体内で酸化燃焼してエネルギー供給源となり、三大栄養素と呼ばれています。
乳酸・ピルビン酸 : クレブスのサイクルが不調のとき(クエン酸の不足からもおきる)大量に生成してくる。
これらは毒物で、疲労物質と言い、体液を酸性に傾ける。神経を麻痺させる。
筋肉を固くし、疲労、肩こり、けいれんの原因となる。

クエン酸サイクルのメカニズム

クエン酸サイクルは「8種類の酸」から構成されています。
まず最初に「クエン酸」が「アコニット酸」になり⇒「イソクエン酸」⇒「アルファケトグルタル酸」⇒「コハク酸」⇒「フマール酸」⇒「リンゴ酸」⇒「オキザロ酢酸」になり「オキザロ酢酸」と「活性酢酸」(アセチルCoA)が結合して「クエン酸」を作ります。

「糖質(炭水化物)」、肝臓や各消化器官で「グルコース」に変換され、血液に乗って運ばれ、インスリンによって細胞に取り込まれます。
活性酢酸は、クエン酸サイクルを一巡する間に完全に燃焼して炭酸ガスと水に変わり、発汗や呼吸で排泄され、燃えてできた熱は「ATP」というエネルギー貯蔵物質に変わります。
このATPが、エネルギーであり、毎日の基礎代謝や生活活動代謝時に必要に応じて供給されていきます。
グルコースはピルビン酸(焦性ブドウ糖)を経て好気的な条件下でアセチル補酵素A (アセチルCoA) に代謝されます。
このアセチル基はクエン酸サイクルで完全にCO2にまで酸化され、その酸化の過程で生成する中間体が呼吸基質としてエネルギー媒体となるATPの産生に利用されます。

クエン酸サイクルは、糖質だけでなくアミノ酸や脂肪酸などをもエネルギーに変える共通の酸化経路です。

クエン酸サイクルの効果
糖質、蛋白質、脂肪の中のグリセリン⇒体内で分解されるとすべてピルビン酸になります。
   ↓                   ↓
⇒脂肪酸は直接活性酢酸になります。  +  オキザロ酢酸   ↓
  クエン酸
活性酢酸は、サイクルが一回まわると、        ↓ ⇒ 炭酸ガス 水
燃えてできた熱、ATPというエネルギー貯蔵物質

(一度に燃やすと高い熱になって逃げてしまうから、徐々に燃える化学的エネルギー)
サイクルが調子良く活動していないときには、ピルビン酸は乳酸に変わります。
この乳酸が問題で、細胞内に発生した乳酸は血液中に溶出し、量を増すごとに血液を酸性にします。血液が酸性化されると、疲労の原因となってしまいます。
←クエン酸
しかし、クエン酸を補給してやると、クエン酸サイクル活動が活発になってきます。
そうすると乳酸はピルビン酸に変わり、活性酢酸を経てクエン酸サイクルに入り完全に燃焼します。
乳酸が消えると、血液は酸性から弱アルカリ性に変わり、疲労は回復します。
これがクエン酸サイクルの効果です。

Favorite Blog

鬼流★熱中症対策! korridaさん

いつも笑顔でいたい… hiyo♪さん
魂の還る場所 ×にゃあた×さん
レシピ満載手作り料… ララちやんさん
ゆったりまったり まみり*さん

Profile


コブチャン

Comments

コメントに書き込みはありません。

Recent Posts

Category

Archives

Freepage List

エネルギーを消費しない食事のとり方


驚異の花粉栄養食品(1)


驚異の花粉栄養食品(2)


ミトコンドリアを元気にして老化を防ごう


カルシウムの摂り方が健康を左右します


食物繊維とエクオール


ツバメの巣の効用(1)


ツバメの巣の効用(2)


プロテインについて


ソマチッドについて


水の働き


病(やまい)の元(もと)は心から


iPS細胞の誕生


iPS誕生までの流れ


iPS細胞研究の展望


iPS細胞の医療応用


グレリンとレプチン


セロトニンと直感力


アラキドン酸


効率的にダイエットするには


皮下脂肪を落とすには?


シリカの効用


体内の静電気は万病の元


植物性食品中心の食事の勧め


ハーブの効用 風邪・花粉症


花粉症には花粉エキスを


PQQについて


炎症とはーアレルギーや肥満も炎症です。


食事を上手にコントロールするには?


眠気が起こるのは?


アルツハイマー病の予防


膝痛の予防と治療


脂肪酸の種類


軽度認知症


ASD(自閉スペクトラム障害)


100の質問(健康になる為の質問の答え)


腸内の環境を弱酸性に保つ方法 オリゴ糖


酵素のお話


二酸化チタン


体温について


体内のPH状態


白髪の予防


ラクトフェリンの働き


糖化は酸化よりも老化が進みます。


野菜や果物を長く持たせる方法


ハゲの予防


睡眠とダイエット


しっとりしたお肌になる方法


シナモンの驚きのパワーとは?


いつまでもお肌を美しく保つには?


美顔器(アイラブローラー)


老化とは(女性の場合)


声帯の老化を防ぐには?


膣を引き締める方法


シミ・シワを無いものに(1)


シミ・シワをないものに(2)


放射性物質を除去するには-ゼオライト


ペンデュラムについて


若々しくなる方法


アルツハイマー型認知症予防(1)


アルツハイマー型認知症予防(2)


アルツハイマー型認知症予防(3)


アルツハイマー型認知症予防(4)


統合失調症の治療


痺れの原因


トマトで美白


水溶性ビタミンAで美しいお肌へ


カシスの効用


ふき取り化粧水を必ず使いましょう。


免疫システムについて


究極の健康法ー脊髄活性法とは?(1)


究極の健康法ー脊髄活性法とは?(2)


乾燥が健康を壊します。


耳鳴り解消法


長寿遺伝子(FOXO)(1)


長寿遺伝子(FOXO)(2)


JTPセラミックスの効果


神経細胞(ニューロン)シナプス など


体を温かくする方法


光療法


腰痛の原因と改善法


金芽ロウカット玄米と免疫力


ヒマシ油


近視の原因


スタミナイザーの効果


鼻水の役割と止めてはいけない理由


大腿四頭筋について(効果的ダイエット法)


太ももの裏が痛い理由ー大腿二頭筋


リフットハイヒール


運動をする上での注意点


入浴の効果


足底通電(せきずい活性法による)


磁気シャワーの効用


キネシオテープとテラヘルツ波


脊髄の異常と病気の相関関係


健康食品など体に合わないとかあるの?


雑草に学ぶルデラルな生き方


傷口のジュクジュクや床ずれを治す方法


パントレア菌?


2018.02.13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
imagesNK0Z9HP5.jpg o0696043613844456082.jpg

不調改善と健康促進の効果について

音楽の力が、近年科学的に証明されるようになってきました。
音楽は聴覚を刺激し、脳に働きかけます。

それにより、例えば痛み、悩み、不眠といった心身の不調が和らいだり、美肌やアンチエイジングといった効果を期待できることが科学的にわかってきたのです。

音楽を聴いているとき、脳の中でいったい何が起きているのかご存知ですか?
image002-e1440578771832.png

様々な研究者や医療関係者が音楽の持つ力や可能性について興味を持ち、これまで研究を行ってきました。
ファンクショナルMRI(fMRI:磁気共鳴機能画像法)(磁石の力で脳を調べ、ある特定の刺激が脳に与えられたとき、果たして脳の中の一体どの部分がより活発に働いているのか、それを画像化することができる技術・機器)という技術が確立・進歩して、音楽がどのように脳に作用しているのかをより科学的に解明できるようになりました。
ニューロイメージング(電気的神経画像)の中でも最も発達した手法の一つです。

これにより音楽の力もまさに“目に見える”ようになったわけです。

音楽は脳に働きかける!

視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚・・・という五感の中で
聴覚の刺激は脳の中枢に直接働きかけます。

brain2.gif

考えたり言葉を話したりするときに使われる左脳は、理論と倫理を組み立て理解し整理することに長けており、人間的営みや社会生活を送る上で必要不可欠です。
これに対し右脳は食欲や呼吸、感情など本能をコントロールしていて、生命の維持に欠かせない役割を担っています。

音楽の素晴らしい点は、この左脳・右脳どちらにも働きかけることが出来ることです。
左脳と右脳どちらもが良いバランスを保ち、それぞれの中にある神経伝達物質がより機能的に放出されたり活性化されたりすれば、ヒトはより健康的に、より生き生きと、より幸せに毎日を送ることが出来ます。心と身体の充実を図ることができるのです。

普段、私たちは左脳ばかり使用しているため疲れてストレスが溜まってしまいますが、音楽を聴くことにより無心になり、リラックスします。これが、右脳への刺激になり、ストレス解消になります。

nayami_ill3.gif

また睡眠の質も上がるので、美肌を促すことができるのです。

ちなみに視覚では、いったん脳で画像が整理され好き嫌いを判断しますので、見たくなければ目を閉じることができます。しかし、音は違います。これは古来より音を耳で捉えることがそれだけ危険を察知するのに重要だったからだと考えられています。

音楽はこの「音」の集大成となります。そのため音楽が脳に与える影響というのはとても大きいのです。

脳は特別クラシックがお好き

リズム・メロディ・ハーモニーが三位一体となり、オーケストラによって演奏されることを前提とした楽譜により幅広い周波数の音が含まれ、旋律も複雑かつ豊かです。一曲を奏でるのに必要とする時間数も圧倒的に長く、ストーリー性溢れる構成力が下地にあり、またひとつひとつの楽章に前後を結ぶ理論展開が置かれ、一音でも順序が逆になるとその理論が崩れてしまうタイプの音楽でもあります。

楽曲の中に様々なアイディアとモチーフが隠されていて、世代を超えて解釈が楽しまれています。慣れ親しむまである程度の時間と経験は要しますが、そもそも脳という臓器は複雑なものを好み、楽なものや安易なものには飽きやすいという性質を持っています。
つまり、クラシックのような難解なものを脳は喜び、好むのです。

今は多くの方が生きづらさを感じる時代であると言われます。また、病院に行っても原因が特定できない不調を抱えている方も多いと聞きますが、そうした方々にもぜひこうした身近にある音楽を有効に活用していただきたいと思います。
何千年もの昔から世界中で愛されてきた音楽は、私たち人類が共有する“世界共通言語”の1つ
私たちの精神活動に及ぼす影響の大きさは計り知れません。幸せな気分になったり、気持ちが落ち着いたりする感覚、皆さんも経験ありますよね。(* ̄- ̄)ふ~ん



graph_3.jpg

graph_4.jpg

graph_5.jpg

環境条件を整えた4回目に、体温、コルチゾール値は低下することより、ヒーリングバイブレーションはストレス緩和に有効な可能性が示唆されました。

音楽が私たちにもたらしてくれる3つの健康効果


1)ストレスや不安の解消

仕事や恋愛で疲れた時、好きな音楽を聴いて疲れを癒す――多くの人が習慣的に行なってきたことですが、科学的にも理にかなった行動と言えるかもしれません。
音楽は人の脳や自律神経に作用し、快感をもたらしてくれるドーパミンの分泌を促します。

その上、ストレスホルモン、コルチゾールを減少させる効果も確認されています。
研究によると、聞くだけでなく自分が演奏する場合にも、同様のストレス解消効果が得られるそうです。

2)免疫力の向上
音楽には直接・間接的に体の免疫力を高めてくれる働きもあります。
カナダ・マギル大学心理学部の、Daniel J. Levitin教授は、音楽と心や音楽と体の関係に関する、いくつかの項目で実験を行ったそうです。

その結果、

☆ Ig(免疫グロブリン)Aが増え、免疫力が高まること。
20150224154604.jpg

☆ 癌や細菌と戦うNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の数が増えること。
nkgan.jpg

☆ 音楽を聴くことにより、ストレスホルモンの一種「コルチゾール」の数値を減少させること。
E382B9E38388E383ACE382B9E381A8E382B3E383ABE38381E382BEE383BCE383AB.jpg

...などが音楽のもたらす効果として認められたとのことです。

また、英・独の研究者たちにより行われた共同実験では、300人の被験者を対象に音楽と免疫力の関係性を調べました。
50分間音楽を聞き続けた被験者の体内でどのような変化が起きているのかを調べたところ、体の免疫機構において、最前線で機能する抗体の一種である“免疫グロブリンA”が体内で増加したとの結果が。

お気に入りの音楽を聞くことは、心の免疫力だけでなく、体の免疫力を高める効果も期待できるのですね。

3)エクササイズの効率アップ
surffit01.jpg→サーフエクササイズ

携帯音楽プレーヤーやスマートフォンの普及とともに、運動中に音楽を楽しむ習慣は一般的なものになりつつあります。実はこれ、エクササイズの効果を高めてくれる可能性があると、最近の研究で報告されています。
無題.png

私たちが音楽を聞いている時には、脳の一次聴覚野(聴覚を司る部分)が積極的に活動しています。それだけではなく、周辺にある運動皮質(運動を司る部分)・小脳(全身の動きの調和を司る部分)も音楽によって同時に活性化されていることが、最新の脳スキャン技術から判明しました。

音楽を聞きながら運動した方が、パフォーマンスが向上するという実験結果も報告されています。
以上のように、音楽の健康パワーはさまざまな形で私たちの健康に貢献してくれます。音楽をただ楽しむだけではなく、その健康効果を知り、意識して生活の中へ効果的に取り入れることで、心身ともに充実した毎日を後押ししてもらいましょう。

閑話休題:

160825pregnant-woman-sneezing01.jpg

くしゃみが出そうなときは我慢しない方が良いかもしれない―。

くしゃみを我慢しようと鼻をつまみ、口を閉じたところ、喉の奥が破裂して話すことも飲み込むことも困難な状態に陥った男性がいるという。この男性の治療に当たった英レスター大学病院NHSトラスト耳鼻咽喉・頭頸部外科のWanding Yang氏らがこのときの男性の状態について報告をまとめ、「BMJ Case Reports」1月15日オンライン版に発表しました。

Yang氏らの症例報告によると、男性は34歳の英国人で、Yang氏らの病院の救急科を受診するまでは健康でした。受診時、男性は喉の痛みと声の異常を訴えていたという。
男性は「くしゃみを我慢するため鼻をつまんで口を閉じたところ、首のあたりでポンと音を立てて破裂したような感覚があった」と説明したということです。

救急科の医師らが男性を診察したところ、首から胸にかけて空気がポンとはじける音やパチパチと響く音が聞こえ、胸の深部組織や筋肉まで気泡が入り込んでいることが示唆されました。

男性はその後7日間入院し、喉の腫れと痛みが軽減するまで鼻に入れたチューブから栄養剤を投与する経腸栄養が行われ、抗菌薬が静脈投与された。その後、男性は医師から「くしゃみを我慢しないように」という忠告を受け、退院しました。

Yang氏らによると、外傷によって喉の奥が破裂する場合はあるが、それ以外の理由で破裂することはまれだという。ただ、くしゃみだけでなく嘔吐やひどい咳によって破裂する可能性も否定できないとしています。

また、くしゃみを抑えることで喉の奥の破裂だけでなく、両肺の間に空気が貯留する「縦隔気腫」と呼ばれる病態や、鼓膜の損傷、脳動脈瘤の破裂などの危険もあるとして、同氏らは「鼻腔と口を塞いでくしゃみを抑えるのは危険な行為だ」と警鐘を鳴らしています。

にほんブログ村 健康ブログ 健康美へ
にほんブログ村←ポチッとねピンクハート











Last updated  2018.02.13 00:26:36

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.