4811258 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

le petit atelier*

今回の毒出しの経験より その1**


2011年7月28日の日記より


ゴールデンウィーク前から7月初旬まで続いた
顔面から両耳、首やデコルテまでの広範囲で激しかった毒出し。。

日記にも書きましたが 顔が試合後のボクサーのように腫れ上がり
目が開けられない日も何日か続きました。


そんな様子を携帯電話の添付写真で見た家族から

“そんなの(冷えとり)信じていて大丈夫なのか?”
“本当はどこかが悪いのではないか?”
“病院に行って血液検査だけでも受けたほうが良いのではないか?”

と言われ、

以前から本などで読み聞きしていたような
毒出しに対する家族の反応を体験し、

これは冷えとりをやっている人にしか分からない世界なのだ・・・

自分にしっかりと軸がなければ 周りからの反応が
ストレスになってしまったりしそうだな、と勉強になりました。


わたしは冷えとりを開始してかなり長くなっていますし
プロの先生のアドバイスもいつでも受けられる状態にあるので

どっしりと構えて対峙することが出来たのですが、

初心者の方がいきなりこんな事態になったら
精神的にも不安定になって心のダメージが大きくなるなぁと
想像しました。


人が持っている自然治癒力や悪いものを出そうとする力というのは
本当にすごいのだなぁと感じます。

現代人はその力をすっかり忘れかけているから・・・


冷えとりするようになって 自分のココロとカラダがどんどん変わっていくのが
面白くもあり 楽しくもあります。。


*

出産後は未だに5分立ち読みする時間もなかなか持てずなのですが

先日こんな素敵な本が出版されているのを今頃知りました!



とてもわかりやすく 冷えとりについて書かれていて

冷えとり初心者の方にとてもオススメだなぁと思いました。


登場している方々が 皆さんお若くて 可愛くて
モデルさんや写真家の方など

へぇ~、こんな憧れの対象となるような方たちも沢山!って
嬉しくなりました。


オシャレと健康は両立できる!!

そう力強く宣言することからスタートしている本で
激しく共感いたしました!!!


冷え性と冷えは違います。

今生きている人は 間違いなく 頭が熱くて足が冷たいという
上半身と下半身の温度差のある[冷え]の状態です。


美しく生きるために 元気に楽しく妊娠出産し子供を育てるために
特に女性は実践すべき素晴らしい健康法です。


今少しブームになっているようですが
もっともっと大きな波になって

冷えとりが当たり前の世の中になりますように!




Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.