4810951 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

le petit atelier*

おっぱい編


2009.4.22の日記より


La-も生後1か月を過ぎました*


ミルクは使わず 母乳で育てたい!と強く思っていて
また 出産前のケアでも既に母乳が出ていたので
簡単に母乳育児が出来るものだと甘く考えていましたが

完全母乳が波に乗るまでは かなりの努力が必要でした。


最初はどうしても分泌量が少ないため
とにかく おっぱいを欲しがるたびに
どんどん La-に飲んでもらう というのを実践しましたが

ほとんど一日中ずっと授乳という状態が2週間以上続いたでしょうか…


ずーっとおっぱいをあげているのにギャーギャー泣くLa-を見て

“お乳が足りへんのやろか?”と母たちがつぶやくことで
イライラしたり落ち込んだり。。。

そう!完全母乳へは 周りの理解とサポートが
本当に大切なのだと実感しました。



そして一番必要なのは 母親の折れない心。

ミルクを飲ませると赤ちゃんは驚くほどよく眠ります。

ミルクは母乳に比べて消化が悪いからだそうで、
母乳だけだと ほとんど眠らないLa-も
40mlほどミルクを足すだけで 3~4時間も眠り続け、
生きているか心配になって何度も見に行ってしまうほど。

幸い La-夜中みんなが寝静まっている間は
泣くことがなく お利口だったので良かったのですが


狭い社宅で ギャーギャー泣かれると
ご近所にも迷惑だし・・・

夜間の授乳は睡眠不足になるから嫌だなぁ なんて思って
ミルクに走ってしまうこともあるのではと思います。


あと 混合栄養を病院から指導されたら
やっぱりそれに従ってしまうでしょうし。。。


ムズカシイ問題なのですね。


そういう諸々のことを全部乗り越えて
頑張らなければ 母乳だけでの育児にはならなかったと思います。


とにかく 母乳育児は最初の一か月が山のようなのです!!



おっぱいについては もっといろいろ書きたいのですが
今日はここまでで。。



母乳は出産すれば誰でも簡単にジャブジャブ出て
新生児はおっぱい以外はスヤスヤ眠るものだというのは
誰にもあてはまる 幸せな現象ではないようだと、、

これから育児をされるかたのご参考になればと思います。



この哺乳瓶は 普通の哺乳瓶より
赤ちゃんの吸う力がいっぱい必要だそうで
助産院でいただいて ミルクを足すとき使っていました。

ざーっと飲めてしまう哺乳瓶でミルクを与えていると
あるときパタッとおっぱいを吸ってくれなくなることが
あるそうなのです。

赤ちゃんも知恵が付くと楽な方を選択するそう…



 

お友達に教えていただいた 桶谷式母乳育児。

悶々としていた時に読んで とても参考になりました!

ほとんど本の通りのことを実践していました。
良かったぁ~





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.