1631628 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Kasumi's Room -Door of mind-

PR

Profile


森咲

Category

Calendar

Favorite Blog

楽天スーパーセール… New! ピロケン2さん

「甘くない女たち」… misa☆じゅんじゅんさん

まみまみの愛☆ラブ☆… まみまみ777xさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2008.02.07
XML

石井竜也さんが『いいはなシーサー』テレビに出演されました。

この番組はタイトル通り"いいはなし"を紹介する番組スマイル

 

まず最初のエピソードは

四つ葉"風が届けた手紙"

 

園児が風船に手紙をつけて飛ばした。

それを受取った人からの手紙が紹介されました。

 

VTRが終わり、スタジオに戻った時、

涙を拭く振りをする石井さんっ(^^;)雫

そして、幼稚園の頃の話を聞かせてくれました。

石井さんが、昔仲良くしていたお医者さんの息子

たけちゃんと別れるときのエピソード。

たけちゃんの車車には窓にカーテンがついていて、

別れ際、そのカーテンを開けてくれた。

石井さんが別れが寂しくて、走る車を必死に追っていたら、

車を止めてくれた。そして石井さんは窓越しに、

たけちゃんにずっと抱きついていたそうです。

「子どもは純粋だ。」と石井さん。

 

 

メルヘンおばさんのいえ

四つ葉"絵本の図書館"

 

自宅で絵本を集め、

絵本の図書館をしている方が紹介されました。

 

「絵本は今思うと、話の内容はもちろんの事、

絵の具のにじみまで覚えてる。

お母さんの腕の中で見た絵本は、本が自分の目の前にある。

あんなにメルヘンの世界が目の前にあるコトってない。

お母さんの腕の長さのメルヘンの世界。

大人の尺度で見ちゃダメなんですよね。」と石井さん。

石井さんてば、言うコト上手いなぁ。。。(¨* )

 

 

四つ葉MEGUMIさんの"いいはなシ~サ~"

 

MEGUMIさんのいい話が紹介されたんですが、

ホント、石井さんてば、人の話持っていくねっ(爆)

これ、MEGUMIさんが自分の話をしたあとに、

石井さんてば、自分の話にしちゃってっ(^^;)雫

 

MEGUMIさんはお母さんのコトを話してくれたんですが、

石井さんは、お父さんとのエピソードを話してくれました。

 

「芸大に落ちた時、もう一度受けさせてくれ。と言った時、

“絵なんて、人に教わるものじゃない。世の中見渡してみろ。

芸大出てる人達だけが芸術家じゃない。大学じゃない。”

と父親に言われ、自分で勉強することの方が大事だと思った。」

で、30歳くらいになって、「あの時ああいってくれてありがとう。」

と言ったら、「あの時はお金なかったんだ。」

って言われたらしいっ(笑)

 

 

四つ葉石井竜也さんの"いいはなシ~サ~"

芸術家石井竜也の原点 人生を変えた"ある人物"

 

高校生のころの石井さんの写真が写りました。

学生服で、まだあどけない感じではあったんですが、

もう、結構大人顔?(・・?)でしたねっ。

 

「美大の試験前に、ドキドキしていて、

リラックスさせようと思い、ピカソ展を見に行った。

だけど長蛇の列で混んでいて、疲れちゃうなぁ。

と思い、その近くでやっていた、

けったいな絵を描いている絵描きの看板があって、

ふっと入ったところが

フンデルトヴァッサーという方の作品だった。」

 

「それからずっと憧れていて、

米米解散と同時にニュージーランドへ行って会った。」

という石井さん。

会った時の第一声は、「フンデルトヴァッサーだ。」と、

子どもみたいだったと石井さん。

そして、彼が買った敷地が一望できるという、

丘の上にあるフンデルトヴァッサー氏の小屋につれていかれて、

「何が見えるか?」と聞かれる石井さん。

そこで石井さんは、目に見えるものを言ったそうでうす。

「パイナップル畑、ジャングル太い木がある」etc.

そして、又再度、「今度は何が見える?

と聞かれ「森が見える」と答えた石井さん。

その時に、フンデルトヴァッサー氏に、

「僕は20年間この絵を描いてたんだ。」と言われた。

彼はその敷地に絵を描いていた。

その風景は全て彼の作品だった。

という"いいはなシ~サ~"

フンデルトヴァッサー氏という人物の、

偉大さを感じてしまったエピソードでしたっ。

 

 

タテガミ王子

四つ葉"馬と一緒に厩舎で暮らす青年"

 

ここでは石井さん、動物つながりで

実家家で買っていた犬の話をしてくれました。

犬が死にそうになっていた時のお話。

おじいちゃんが犬をじ~っと見ながらさすっていた。

親身になって看病していた。

犬が体を伸ばし、意識を戻した瞬間、良かったな。

っておじいちゃんが泣いていた。

動物は、1回信用すると、とことん信用する。

その時、犬とおじいちゃんの中には、

何が通じるものがあったんだろう。と石井さん。

 

 

四つ葉ほっこりできる「いいはなシ~写カメラ

“ハート型ハート(手書き)の影”

 

自転車のサドルの部分が、

影になってハート型ハート(手書き)に写ってる写真が紹介されました。

ここで石井さん

「自転車屋の友達で、“サトル”というのがいた。」

と一言っ(爆)

みなさんウケテいらっしゃいましたっ(笑)

この写真は、バイト先の先輩に、

「いいものを見せてあげる。」

と連れて行かれ見せてくれた。という写真。

これに対して石井さん

「先輩は男の子で、後輩は女の子だね。」って。

そして「なんかこのハートに不純さを感じる。」と(^^;)雫

石井さん、良いお話をぶち壊しちゃだめです~っ。

(;^_^A アセアセ・・・

 

 

四つ葉顔魂の告知

「人間は笑ったり怒ったり泣いたりの100%の表情だけじゃない。

泣きながら笑ってたり、笑いながら泣いていたり、

黙ってても怒ってたり。そういう顔の魂。」

 

あぁ、顔魂、まだ行っていないっ(爆)

早く行かなきゃっ(¨* )

石井さん、最近いろんな番組に出ていますねっ。

今度は"トシガイ"に出て欲しいっ(笑)

 

 

 

 







Last updated  2008.02.09 12:03:36
[石井竜也《テレビ》] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.