1600626 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Kasumi's Room -Door of mind-

PR

Profile


森咲

Category

Calendar

Favorite Blog

「100日の郎君様… misa☆じゅんじゅんさん

出血⁉ ピロケン2さん

【重要なお知らせ】… 楽天ブログスタッフさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2008.04.02
XML
カテゴリ:映画

柳楽優弥さん主演の

『星になった少年』を見ましたっスマイル

 

主人公の小川 哲夢(柳楽優弥)は、

学校でいじめられていたんですが、

親がやっていた動物園(?)に、象がやってきたことから

自分は象の言葉が分かるんだというコトに気付き、

象使いになるため、タイへ行く決心をするんです。

 

物語は、象使いになる訓練を受けている

少年の姿を追っていたんですが、

ここでちょっと残念だったのが...。

私は、地上波放送でこの映画を見たんですが、

タイでのシーンで、柳楽優弥くんが使っていたタイ語が、

放送では日本語に吹替えられてしまっていた

みたいなんですよねっ(^^;)雫

映画では字幕だったのかな?(・・?)

やっぱり、タイ語での会話で見たかったかなぁ(¨* )

 

そして、この物語は実話を元に作られているというコトで、

タイトルの通り、少年は星になってしまうんですが、

ちょっと、えっ(‥;) という感じに思えてしまったのがっ...。

少年が星になるというのは、

象に関わったことで星になるのかと思っていたら、

そうではなく、バイクに乗っていた少年が、飛び出してきた猫をよけて、

交通事故で亡くなってしまったんですっ。

それまでは、象使いになるために、

義務教育中(?)にタイへ一人で行っちゃったりと、

現実的にはちょっと考えにくい展開だったので、

その亡くなるシーンだけ、随分現実的に思えてしまってっ。

やはり実話ですもんねっ(¨* )

 

この映画には、

象の他にも沢山の動物が出てきたんですが、

その中で、最初に出てきた、

家の中に居た猿ってば、可愛かったっスマイル

行動とか、嫉妬したりとかっ。

人間っぽかったですっ(笑)

 

 

 

 







Last updated  2008.04.04 21:17:55

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.