1625424 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Kasumi's Room -Door of mind-

PR

Profile


森咲

Category

Calendar

Favorite Blog

「恋愛動物」見終わ… New! misa☆じゅんじゅんさん

排卵か… ピロケン2さん

アプリの推奨環境の… 楽天ブログスタッフさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2009.11.02
XML
カテゴリ:韓国ドラマ
見ましたっ!『復活』全24話っ!!

もぉ、このドラマってば、スっっっゴイ面白かったぁーーーーっっ(o ><)o!!!

.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪......。

 

ドラマの内容は、復讐が軸となっていたんですが、最初から最後まで、

"グイグイ"と引き込まれ、"どっ"とハマッてしまうドラマでしたっv(^^*)

 

ソ・ハウン刑事(オム・テウンssi)の父親は、ハウンが幼い頃、

車の事故に見せかけられ、殺されてしまうんですが、その車には偶然にも、

ハウンが乗り込んでいたんですよね。父親を驚かせようと、内緒で乗っていて。

この事故で父親は亡くなってしまうんですが、ハウンは、

記憶を失ってしまうものの命は助り、見知らぬ人に育てられるんです。

大人になったハウンは刑事になり、父親の事故の真相を知る手がかりとなる

事件を担当する事になるんですが、そこでかすかに残っていた記憶の中にある

人物と出会うんですよね。そこから、徐々に事実が明らかになり、

ハウンは復讐に身を投じていくんです。

 

第1話は、コレと言って何もなく、普通な展開だったんですが、それでも何故か、

何かを予感させる雰囲気が"じわじわ"と伝わってきてっ(* ̄  ̄)b

何と言っても、第1話~第6話くらいまでがスゴカッタっ!!

ホントに展開が早くて、アレヨアレヨ...。(°°;))''((;°°)

という間に進んでいってしまって!これにはホント、驚かされましたっ(笑)

 

ハウンの課に新しい班長が来るんですが、その人物は、

ハウンの父親の後輩で、ハウンの幼い頃を知る人物だったんです。

だけど、20年も前のコトですし、ハウンは記憶を失い、名前も違っていたので、

すぐにそれがハウンだとは気づかないんですよね。

でも、そのコトに気づくのに、時間はかかりませんでした。

そして、その班長が、口封じに刺されてしまうのも、あっという間でしたっ(¨* )

 

そして、ハウンには双子の弟がいたんですが、

その弟の存在に気づくのも、又、弟との再会に至るのも早かった!

何と言っても驚いたのが、再会したその日にハウンと間違えられ、

弟が殺されてしまったコト!コレには驚きましたっ(◎-◎)

20年の歳月を経て、やっと出会えた弟なのに、まさか、

あんなにすぐに死んでしまうなんて。ホント、思いもしませんでしたっ。

しかもホント、出会ってすぐ!というくらいの早さだったので、

余計に信じられず、えっ!?もう死んじゃうのっ!?

( ̄□ ̄;( ̄□ ̄|( ̄□ ̄||( ̄□||||カガ゛ガーン!! ってな感じでっ(笑)

 

あと、幼い頃にハウンが預けられた家には、ソ・ウナ(ハン・ジミンssi)という

娘が居たんですが、兄妹として育ちながらも、相思相愛だったんですよね。

で、その2人が兄弟の関係から、恋仲になるのも早くてっ!

 

どれもコレも、本当ならもっと引っ張るだろっ!?ってなコトも、

どんどん展開していくので、えっ!まぢでっ(◎-◎) っという感じでしたっ。

だった6回の放送で、アレもコレも!という感じで進んでいってしまって。

ホント、このドラマってば、展開早すぎですっ!(o ><)o

でもそれが、全然不自然ではなく、スピード感があり、

見ていてどんどん引き込まれていきました。

 

第7話くらいから、本格的にハウンの復讐が描かれていくんですが、

そこからの展開も目が離せませんでしたっ(* ̄  ̄)b

ハウンは、弟 ユ・シニョク(オム・テウン 一人二役)になりすまして、

副社長として過ごすコトになるんですが、話が進んでいくうちに、

実は、シニョクがハウンだと知る人物も増えてくるんですよね。

シニョクとの性格の違いを変に思われ、バレてしまったり、

自らハウンだと名乗ったり...。味方に正体を明かすのは良いんですが、

敵に正体がバレてしまいそうになる時には、見ていて"ハラハラ"しましたっ。

でも、ハウンの周りは皆、好意的な人たちばかりでしたっ。

それはハウンの人柄が成せる業だったんでしょうねっ。

弟のシニョクは、兄が亡くなったのは自分のせいだと責め続け、

他人と距離を置き接していましたが、ハウンはとても明るく、

いつも笑顔の中で、仲間と一緒にいましたからっ...。(¨* )

裕福で何不自由ない暮らしでも、一人ぼっちだったシニョクと、

記憶を失い、他人に育てられながらも、温かい家庭で明るく育ったハウンと、

どちらが幸せだったんだろう...。なんて考えてしまいました。

やっぱり、ハウンなのかな?(¨* )

 

そして、シニョク(ハウン)の会社にウナが入社し、

一緒に仕事をするコトになるんですが、

そこら辺のシニョクとウナの関係も、見ながら切なかったりしてっ...。

ウナはやっぱり、双子で瓜2つのシニョクの顔を見て、ハウンを想うし、

シニョクはシニョクで、本当のコトを言えなくて、ただ見守るだけしか出来なくて。

ウナに好意を寄せる男性が現れても、何も出来ずにいるハウンが、

本当に辛そうでした。

 

だけどハウンってば、仕事中にウナのコト、じろじろ見すぎですっ!(o ><)o

へらへらぁ~(〃∇〃) ってな感じで見つめていたりしてっ(^^;)

仕事中ですよっ...。(〃_ _)σオイオイ (笑)

でも、そんな素直な姿を見ていると、やっぱりハウンだなぁ...。

なんて思ってしまったりしてっ(*^^*)

 

終盤にかかると、復讐も佳境に入っていくんですが、

復讐が進むにつれ、ハウンも葛藤しながら進んで行くんですよね。

ハウンの悩み苦しむ姿は、見ていて本当に辛かった。

そんなに自分を追い込んでまでも、自分を止められないハウンが居て...。

父と弟を殺された憎しみは、そう簡単には消えないですよね。

相棒には、「ハウンは優しいから、復讐はムリだ。」

と言われていましたが、結局最後までやり遂げたハウン。

時に冷酷であり、それでも、優しさはちゃんと見え隠れしていました。

だけどホント、復讐は自分の人生をも台無しにしてしまいますよね。

感情的には、復讐してやる!なんて思うけど、

実際その行動に出た時、自分は幸せになれるのか?と考えると、

復讐は自分をも破滅に追い込んでしまうんじゃないか?

なんて、ハウンを見ながら思ってしまいました。

 

そして、最終回...。最後の最後まで、どんな展開になるのか?

と、"ハラハラ ドキドキ"しながら見ていたんですが、

もぉ、最終回後半は、見ていてキツカッタっ!(>_<)

まさか、首謀者があんなに次々と自殺するとはっ(◎-◎)

さすがに後味が悪かったですよねっ...。(^^;)

 

最後にハウンは、今まで味方として行動していた人物に、

刺されて終わってしまうんですが、

えっ?まさかこのまま亡くなっちゃうの?(ノT▽T)ノ なんて思っていたら、

"1年後"に切り替わり、生きているコトが分り、ホント、ホッとしましたっ。

多分、ウナの元へ向かおうとしていたんだと思うんですが、

自然豊かな道を歩いているハウンが映り、気持ちが救われた気がしましたっ。

生きていてくれてありがとうっ!!!とっ。

そして、以前の穏やかな表情を、少し取り戻していたハウンを見て、

あぁ、良かったっ!(o ><)o と、まぢ思ってしまいましたっ(笑)

早く元のハウンに戻って、幸せになって欲しいっ...。(¨* )

と、本気で思うほど、入り込んで見てしまっている自分がいましたっ。

悲しい切なさが残るドラマだったので、しばらくその感情が心に残りそうです。

 

その他の感想は...。

何てったって、ハウンの人柄が、スッゴイ好きでしたっd(-_^)good!!

見ていて、どんどん心根のやさしいハウンに惹かれていきました。

とても魅力的な人物でしたっv(^^*)

 

魅力的といえば、他の登場人物も良い人が多かったです。

秘書も、ハウンの正体にうすうす気づいていながら、

ハウンに協力的だったり、班長も又然り!でしたしっ(* ̄  ̄)b

この班長が、刺されて倒れた時、意識不明の状態が長く続いたんですが、

やっと目覚めた時、シニョクがハウンだとすぐに気づくんですよね。

で、それを本人に伝えるシーンは感動してしまいましたっ。

班長ってば、分かってるっ!!(o ><)o

そして、ハウンが母と、シニョクの墓参りに行った帰り、

車の中で、ウナの膝をかりて泣く、ハウンの男泣きのシーンも又、切なくて、

胸が痛くなってしまいましたっ。

 

私、オム・テウンssiのドラマを見たのは初めてだったんですが、

そのせいか、最初、一人二役と言われても、全然同じ顔に見えなくてっ(^^;)

"じ~っ"と良く見て、やっと、やっぱり同一人物か??(・・?)

と思うほど、2役の印象は違っていました。

 

ドラマの最後の方に、ゲスト出演っぽい感じで、

イ・ジヌクssiが出てきたんですが、おおっ!こんなところにジヌクssiがっ!

と、嬉しくなってしまいましたっ(笑)

 

 







Last updated  2009.11.09 06:28:47

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.