000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Kasumi's Room -Door of mind-

PR

Profile


森咲

Category

Calendar

Favorite Blog

【子宮全摘手術】先… New! ピロケン2さん

「皇后の品格」見終… misa☆じゅんじゅんさん

まみまみの愛☆ラブ☆… まみまみ777xさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2011.01.31
XML

待望の薬師寺DVDっ!

ついに発売されましたっダブルハートちょき(^^*)

の 割には、2ヶ月近く、

そのまま “ほっぽリっぱなし” だったという...。(^^;)雫

だって、届いて速攻 コノDVDを見始めたら、

TVテレビにブロックノイズがスゴク出ちゃって~っショック

 ( ̄□ ̄;( ̄□ ̄|( ̄□ ̄||( ̄□||||カガ゛ガーン!!

もぉ、気持ちが悪くなり、

見る気が失せてしまったんですっ...。_(*_ _)ノ

だけど、それで発見したコトがありましたっ(* ̄  ̄)b

手と顔が動くと、その部分がノイズになるんですが、

結構、石井さんの顔&手が“ノイズだらけ”になったので、

石井さんってば、結構 頭や手を、

"ブンブン" 動かして歌っているのねっ...。(‥;)

なんて思ってしまったりしてっ(笑)

というコトでっ...。

2ヶ月経った今、PCパソコンでコノDVDを見ていますっ...。(爆)

 

薬師寺コンサートは、実際観にいったんですが、

やはり、その時の感動が蘇ってくるような映像で、

あぁ、薬師寺ライブってば、やっぱ良かったっ!(o ><)o

などと思いながら見ていましたっ。

 

塔の上に出ていた月も、情緒がありましたしっ!(* ̄  ̄)b

「しゃべっていると、しゃべっているコトを忘れてしまう程きれいだった。」

と石井さんが言うくらい、きれいな月でしたっ。

その月が、ステージからは、どんな風に見えているんだろぉ...。

と、コンサートを見ている時に思っていたんですが、

DVDの中で、石井さん側から見た景色も映り、

あぁ、こんな景色を見ながら歌っていたのかぁ...。

なんて、しみじみ思ってしまいましたっ。

 

そして、コノDVDで楽しみだったのは、

石井さんが自ら語られている、コメンタリーっダブルハート(*^^*)

コレって、贅沢だなぁ...。なんて思ってしまいますっ。

DVD再生の間、ずっと石井さんの声が聞けるんですからっ!(* ̄  ̄)b

"AUDIOCOMMENTARY"は、ソロになって初めてだそうで、

「それだけ思い入れがあるというコトだ。」と、石井さん。

そのせいか、石井さん自身のプライベート

(亡くなられたお父様の事 etc...。)について、

その時のコトや、その感情を、そのまま話されていたので、

そういった言葉の数々が、発売されるDVDの中で話されていたコトに、

ちょっと驚いてしまいました。

 

石井さんの話し方も、ホント、終始自然で、静かに話していて。

普通に、ゆったりと対面して話してくれている感じでしたっ。

具体的な内容は、ココで書くのはちょっと違うかな?

と思うので、詳しく書くのは控えますが、DVDを購入された方は、

是非このコメンタリーは聞いてほしいっ!!(o ><)o

と思います。

 

 

でっ。どんな事を石井さんが話されていたか、

気になった所を、ちょっと書きますとっ...。

下矢印

 

石井さんが好きだと言う曲が、自分の好きな曲とかぶっていたっ。

コレって、相当嬉しかったりするっ音符(*^^*) (笑)

『君に戻ろう』は石井さんも、とても好きな曲だと言っていた。

「和テイストではないが、どういう所で歌っても合う。

歌詩がとても身につまされるというか、優しくつつみこまれるような曲。

ちょうど、米米を立ち上げる時で "ガチャガチャ" して、

相当忙しかった時期に、良くこういう曲ができた。自分でも驚き。」

『哀愁』もスキだって言っていましたし、

『遠くへ』も、"とっても好きな曲の一曲" ですってっ。

やったねっダブルハートちょき(^^*)

やっぱ好きな曲は、何回聴いてもイイですよねっ。

"ぽ~っ_φ(^^*)φ" とかしながらDVD見ていましたもんっ。

『君に戻ろう』『遠くへ...』『手紙』は、ホント、名曲だと思いますっ。

『逢いたい』も、聴いていて切なかったですしっ。

 

「今回の薬師寺は、25周年を迎える前に、

今までの活動を思いながら歌い、色んなコトに感謝した上で

25週年を迎えようと、臨んだコンサート。

3回目になると、薬師寺の場の雰囲気も分かってくるし、

薬師寺と言う場所がどういう場所か、深く理解できるので、

より気持ちが入る。場に酔って歌っている自分を感じる。

親父をなくし、色んな思いが自分の中で大きくあった。」

 

そして、"魂の解放という感覚は持った"と、話されていた石井さん。

薬師寺の石井さんは、全体的に、感情がスゴクこもっているなぁ...。

という感じでしたもんねっ。

石井さんの魂が感じられた気もしましたしっ。

 

"和テイスト"の曲について...。『2人の恋糸』は、

「演歌にならない範囲内で、こういうメロディーを作るのは難しい。

洋楽の要素を入れながら、ポップスにギリギリ留める。

自分では得意分野だと思っているが、いつも苦労して作る。

『手紙』『ひだまり』もそう。」

『手紙』は歌うのがとても難しいそうで、カラオケでいうと、

“難度108”だそうですっ(笑)

だけどホント、石井さんってば、和テイストの曲、

得意としていますよねぇ...。

私、この手の曲大好きですっ!! 心底落ち着きますもんっ(* ̄  ̄)b

「新たに良い曲が出来た。」と、話されていましたが、

「自分のイメージとかけ離れた楽曲を、

シングルとして出すというのは、勇気がいる。

でも、あまりにも新曲がいいので、考えちゃっている。」

って、コレって『はなひとひら』のコトだったのかな?

 

『MY FATHER』

「家にいて、仕事をしていなかったにもかかわらず、

親父を看取れなかった。

今だに悔いを残している。一生悔いになると思う。」

と話されていた石井さん。

お父様の側で、この曲を作った時のコトも、話されていました。

 

『逢いたい』

「人間の寿命の長さには、意味がある気がする。

死ぬ為に生きてるなんて思わないようにして欲しい。

色んなコトがあるかもしれないが、全て意味があり、

あるべくしてあり、勉強だったりする。」

この石井さんの言葉。ちょっと"ズキっ"としてしまいましたっ。

ホント、石井さんってば、イイコト言うんですよねぇ...。

なんか、生きる意味を教えてもらえた気がしました。

 

そして、アンコールの時、

真面目な顔で、イキナリ"エンコレ"の話をした石井さん。

「ローマ字読みでエンコレ(ENCORE)」とかなんとかっ。

この時 自分、 思わず笑ってしまい、

だけど周りが真剣に聞いていたので、イケねっ(>_<)

なんて思っていたんですが、なんか笑って良かったみたいですねっ(笑)

「縁の話に持っていってますね(笑)

ちゃんと笑わないで聞いているところはスゴイ。ここまで来ると笑えない。

笑っていいのかしら?みたいなコトになっちゃうんでしょうね。」

って石井さん今言っていましたからっ(笑)

 

こんなに自分の歌を褒めるアーティストもめずらしい。と

『WALKING』を褒めちぎる石井さんっ(笑)

"尖ってた 強がっていた それは怯えていたから"

という所の歌詩は、自分そのもの。

尖がったり、強がったり、昔は随分していた。

それは、怖がっている裏返し。強い人は、黙って何かをやる。」

 

と、こんな感じのコメンタリーでしたっ。

あぁ、もっと早く聞けば良かったっ...。(笑)

 

 







Last updated  2011.02.21 07:02:01
[石井竜也《ライブetc.》] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.