1593518 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Kasumi's Room -Door of mind-

PR

Profile


森咲

Category

Calendar

Favorite Blog

「とにかくアツく掃… misa☆じゅんじゅんさん

【子宮全摘手術】さ… ピロケン2さん

まみまみの愛☆ラブ☆… まみまみ777xさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2013.07.30
XML
カテゴリ:ユン・ドヒョン

 

YB(ユン・ドヒョンssi)が、

『ヨ・ヒヨルのスケッチブック』にご出演っ!ちょき( ^^ *)

嬉しいっダブルハート(((^^ )( ^^)))

 

YBの名前が紹介され、歌った曲は四つ葉『私は蝶』

 

コレにはちょっと、ドテッ...。ヾ(_△_o)

みたいな感じになってしまいましたがっ...。

(;^_^A アセアセ・・・

だって、NEWアルバム9集「Reel Impulse」

発売されたばかりの放送だったので、

そのアルバムから歌ってくれると思っていたんですものぉ~っ。

でもまぁ、この曲も好きだからいっかっ(笑)

 

ホント、ユン・ドヒョンssiってば、髪型を変えて、

さらに素敵になって~っダブルハート(((^^ )( ^^)))

髪の色も明るくなって、若々しく見えますよねっ!(*^^)b

ってか、カナリ痩せましたよねっ(◎-◎)

 

 

トーク...。

まずは1人づつ 自己紹介をしていました。

 

司会のヨ・ヒヨルssi とユン・ドヒョンssi は、

年齢が同じで、友達なんだとかっ!(* ̄  ̄)b

ヨ・ヒヨルssi 曰く、兄貴に思われていると...。

「どっちが?」と、ユン・ドヒョンssi が聞くと、

「顔で分かるでしょ?」と、ヒヨルssi (笑)

最初ユン・ドヒョンssi は、ヒヨルssi のコトを先輩だと思っていて、

10年近く、礼儀正しく頭を下げて挨拶をしていたそうなんですが、

年齢を知ってからは、お前と呼ぶそうです。

 

 

『私は蝶』は2006年の曲ですが、今でも愛され続けています...。

 

ユン・ドヒョンssi「 "今も" ではなく "やっと" ですね。」

 

今になってヒットしている理由は?

 

ユ)「『私は蝶』は、発表から4年後にヒットし、

『愛 Two』は6年後。 『君を見送って』が4年後。

そんな感じです。」

 

それらの曲を少しづつ歌ってもらえますか?

 

まず『君を見送って』を歌ってくれたんですが、

歌い出してすぐ、のどが詰まったのか?

 "げほっ" とかしながら、歌を止めたユン・ドヒョンssi

「泣けてきそうで。」と、言い訳をしていましたっ(笑)

ユン・ドヒョンssiってば、たまに真面目な顔をして面白いコトを言いますが、

アレは、本人は至って本気なんでしょうかねっ...。(^^;)雫

 

時間をかけてヒットした曲もあれば、すぐに大ヒットした曲もありますね?

 

『忘れるよ』を、ギター一本で歌ってくれました。

 

YBの曲が時間をかけてヒットする理由について、どう思いますか?

 

ホ・ジュンssi「きっと他のバンドも同じだとは思いますが、

ライブの雰囲気を想像して曲を作るので、

ライブなどを通じて、観客の前で歌えば歌うほど、

曲の価値を理解してもらえる。そんな気がします。」

キム・ジヌォンssi「ライブ会場で生で歌うのを聴いた後で、

ダウンロードしたり、そんな方向に進むような...。」

 

今回のアルバムは、変わった方法で制作されたと。

どんな方法ですか?

 

キム)「レコーディングを磁気テープで、アナログ録音しました。」

ユン)「ライブということです。」

キム)「簡単に言えば、一発勝負で録音すること。」

ユン)「今日、ココで歌ったような感じで、

ライブで演奏して、それをアルバムにしました。」

 

音が違いますか?

 

パク・テヒssi「磁気テープに録音すると、音に温かみを感じるから、

繰り返し聴いても、スムーズに心に響く。」

ユン)「ロックバンドなので、シャウトする時に音が乱れることが悩みでしたが、

磁気テープを使ってみたら、聴けば聴くほど、

なんていいアルバムなんだと僕たちは思います。」

 

「しばらく会わない間に、インチキ商法の雰囲気に...。」

と、ヒヨルssi (爆)

 

 

世界に一つしかないメガホン...。

 

今回のアルバムに写っているメガホンは、

ユン・ドヒョンssi のために作られた、"特殊メガホン" だそうです。

ライトブロースという楽器を作る方に作ってもらい、

色んな装置をつけてくれたそうです。

メガホンを使って、話す音を響かせたり、

色々な音を出したりするそうで、実際にやってくれていました。

 

 "YB"っぽいと言われますが、どういうコトだと思いますか?

 

ユン)「自然だというコトですかね。

自然で、若々しい音楽を聴かせようとするバンドで、

今回のアルバムの場合は、

感動というよりは、燃え尽きて灰になってしまおう。

そんなパンク的要素のあるアルバムです。」

 

 

そして、最後に3曲も歌ってくれましたっダブルハート(((^^ )( ^^)))

 

四つ葉『男の中の男』

四つ葉『Push off』

四つ葉『ミステリー』

 

ユン・ドヒョンssi曰く、

『Push off』は、世界のボーダーたちのための曲で、

プッシュオフという、ボードの基本の動きを題にした曲だそうです。

この曲で、先ほど紹介されていた

"特殊メガホン" を使って歌っていましたっ!(*^^)b

 

この3曲の歌詞を、今日はじめてちゃんと知ったんですが、

どれもイイ歌詞ですねっ!(*^^)b

『ミステリー』は、そんなに好きという程ではなかったんですが、

この歌詞を知ってからは、イイぢゃん!(o ><)o

とか思ってしまいましたっ(笑)

女性にイキナリ振られて、訳ワカラナイ。

というような内容なんですが、

責めてマクシタテテいる歌詞も面白いですし、

女性の言動や、振られた男の心情の的も得ていて、

男はそう思うだろうなぁ...。という感じで、

ちょっと笑えてしまいましたっ(笑)

ホント、その光景が目に浮かんでくるような歌詞でしたっ。

そして、CDで聴いていた時には、静かな曲に感じたのですが、

実際に、生でユン・ドヒョンssi が歌っているのを聴くと、

ロックな感じがして、ライブで聴いた方が、絶対イイっ!!(o ><)o

と思ってしまいましたっ。

 

ユン・ドヒョンssi が出演前に、

"この番組のお客さんは立ってくれるかな?"

と心配していたそうなんですが、始まったら客席は総立ちで、

歌っていて本当に驚いたそうです。

ユン・ドヒョンssi の歌声を聴いたら、とても座ってなんて

見ていられませんよぉ~っダブルハート(((^^ )( ^^)))

ってな感じですよねっ。

 

 

 

 

 







Last updated  2013.08.02 04:46:21

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.