185278 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

小谷堂本店

影響

●コーヒーの効果について

●消臭

ブラックで飲むと臭い消し効果があるみたい。

●カフェイン

カフェインは紅茶と同じ位の量が含まれています。カフェインは悪いようなイメージがありますが適量ならば問題ないようです。コーヒーに限らず紅茶、日本茶にも含まれています。よく胃がもたれると言うことを聞きますが、これは浅炒りしたコーヒーを大量に飲んだ時とミルクを入れたときに感じました。深炒りのコーヒーでは、そんなに感じませんでした。←自分の体で実験して見ました。
カフェインは小学校程度までの小さい子供には余り良くないみたいです。コーヒーをたっぷりのミルクで割ったものなら少量は大丈夫のようですね。妊娠中にも大量に飲むのは避けたほうが良いみたいです。

●利尿作用

コーヒーの利尿作用は凄いものです。飲んだ端から出てゆくような感じですよね~。ついでに老廃物も出してくれるので嬉しいですね!おまけに臭い付きです。
失礼しましたm(._.)m

●ストレス解消

好きなものを美味しく飲んで、薫りにはストレスを解消するリラックス効果があります。アロマテラピーでよく使われるラベンダーと比べると、コーヒーのほうがリラックスされるようです。薫りをかぐだけで気分転換になるのですね~。
どこかのコーヒー屋さんが販売できない豆を枕の中身としてアロマテラピー効果を期待しているものがありました。これは、なかなかのアイデアですね!枕の中にコーヒーを数粒入れれば同じ物が出来ますね。何かに包んで入れてね(沢山入れ過ぎたら体にコーヒーの臭いが付いてしまうのでご注意下さい!)これと同じく、干したハーブも効果が有りますね。(眠り易いハーブがあったような感じがします。要確認。参考:戸外に放っ置いても育つハーブはミント、タイム、オレガノ、レモングラス、ローズマリーです)

●ミノモンタの昼の番組でコーヒーについて放送したそうですね。
なんでもコーヒーの深炒りのものはニコチン酸というものが含まれていて、体に良いとか。成人病の予防になるとか!?深炒りのものはカフェインも少なく体にはもってこいだそうですね。深炒りコーヒーの販売量がUPか!?

ナイアシン (ビタミンB3)ニコチン酸 参考程度に他HPより引用

 生理作用 酸化還元酵素の補酵素NAD(ニコチナマイドアデニンジヌクレオチド)・NADP(ニコチナマイドアデニンジヌクレオチドホスフェート)の構成成分で、ニコチン酸アマイドとして含まれ、生理活性を示します。性ホルモンの合成に関与、神経系・脳神経系の機能に関与します。
皮膚、舌、消化器あるいは精神機能の健康維持にも必須なビタミンです。
欠 乏 症  口舌炎、皮膚炎、神経症、胃腸病、ペラグラ(皮膚病の一種)だそうです。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.