000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

静岡県の臨時教職員制度の改善を求める会ブログ

PR

X

全327件 (327件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 33 >

2021年06月02日
XML
カテゴリ:事務局だより
ネットで始めた「静岡県公立学校会計年度任用職員アンケート」ですが、続々と回答が集まってきています。まだまだ、もっとたくさんの声を集めたいのですが、今までに寄せられた会計年度任用職員のみなさんの率直な声をいくつか紹介します。
これを読んで、「共感できる!」「私も言いたい!」と思った方は、ぜひ下のURLからアクセスして、アンケートにお答えください。公表の際は誰の回答かはわからないように配慮しますので、安心して、辛いこと、腹立たしいこと、疑問に思うこと、不安な気持ち、などあなたの思いをぶつけていただけたらと思います。
「静岡県公立学校会計年度任用職員アンケート」


昨年度から会計年度職員となり、教頭先生から「あなたも私たちと同じ職員なのだから、アルバイトやパート気分では困る。本の貸し借りだけをしていればいいのではないから」と言われました。 「同じ職員」と言われても、待遇面では正規職員の方と大きな違いがあり、今年度から任用が1年間になり有給休暇も5日付きましたが、昨年度までは3ヶ月区切りの任用で有給もありませんでした。 時間外もサービス残業となり、一般的なアルバイトやパートよりも待遇は悪いと感じています。 学校司書は本の貸し借りだけをしているだけではなく、4月は図書館ソフトの年度更新、各クラスにオリエンテーション(図書館の使い方だけでなく、本の分類や著作権について話します)、1年間で何十万円という図書費の選書、授業のサポート、プール見学の子預かり、支援級の子預かりと業務は多岐に渡ります。 加えて近年は小中一貫事業において、司書教諭がメインの学校図書館部のはずが、その業務を学校司書がしなければいけない状況になり、家に仕事を持ち帰ったり、時間外にグループLINEで学校司書さんとやり取りをする時間がかなり増えました。 「子どもたちのために」と思うと、やらないわけにはいかず、サービス残業も上の方たちは気にもしてくれません。完全に「やりがいの搾取」だと思います。 こういった、いわゆる業務や待遇面で教育センターに改善を求めた方はクビになったと聞きました。こんなことでいいのでしょうか?学校司書は使い捨てなのでしょうか?それが子どもたちの未来に繋がるのでしょうか?

年間平均すると扶養にはいるのに、月毎の計算なので扶養から外れなくてはいけなくなる。年間で平均するような給与体系を望みます。

会計年度任用職員になり、1日の勤務時間が45分減らされ7時間勤務になった。(退職手当が発生しないようにするため?) 格差をなくそうとしていない・・・
厚生年金か、共済年金に入りたい。自分の老後が不安定で、人の心配をしている場合ではない。
いま非常勤で時間給だが、1時間の授業の準備のために最低3時間はかかる。家や学校でその準備をする。その分を含めた時間給にすべきだ。最低賃金を1時間千円としたばあい、1時間の授業の時間給は3時間の授業準備を含めると授業1時間につき、最低4000円になるはず。しかし実際には2800円。「私はいま公立高校の授業の非常勤で時間給なのだが、1時間どのくらいだと思いますか?」と、民間の人に尋ねたら、「5000円くらいですか」と言われた。そのくらいあるはずだと一般の市民は思っているかもしれない。そのくらいあって然るべきだが、賃金の面では現実は「使い捨てのコマ」のような扱われ方をされているのをつくづく感じる。職場は働きやすいし、職員の人間関係もよいし、生徒たちもまじめで授業はしやすい。しかし賃金があまりに低い。労働意欲を失わせるのに十分な賃金だ。
私立でも非常勤講師として勤務していますが 昨年より 賞与がでました。(感動しました) 公立でも出ませんでしょうか?
会計年度任用職員は年間契約なので待遇が悪い。でも実際は翌年度も仕事をすることを期待されていて不満です。
静岡市の教育相談員は、会計年度職員ですらなく、謝金が1時間1000円、交通費もありません。放課後子ども教室のスタッフに支払われる謝金と同等とは納得がいきません。改善してほしいと思っています。

10時間勤務ごとに教材研究1時間とると授業数が足りなくなります。なので、成績処理や教材研究は無給でやらねばなりません。教材研究等も含めた時間設定をして欲しい。








Last updated  2021年06月02日 21時25分55秒
コメント(1) | コメントを書く


2021年05月26日
カテゴリ:お知らせ
お知らせが遅くなりました。今週土曜日の企画です。
YouTubeで視聴できますので、公務員の方も、公務員でない方も、ぜひご視聴ください。






Last updated  2021年05月26日 21時53分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年05月15日
テーマ:学校・教育(178)
カテゴリ:お知らせ
毎年8月に行われている全国臨時教職員問題学習交流会が、今年は名古屋市で開催されます。
昨年は岡山市で開催予定でしたが新型コロナ感染拡大のために中止となってしまい、今年こそはと愛知県の仲間たちが企画を進めてくれていますが、やはり厳しい状況です。しかし、なんとかして実現させるためにできる限りの工夫と努力を、ということで、オンラインではありますが、プレ集会を企画しました。

全臨教愛知集会プレ企画
5月22日(土)14:00~15:30

今回は参加費無料です。

静岡県からの参加については、市教組会館(静岡市葵区末広町1-4)をサテライト会場に使用と思っているので、可能な方は市教組会館にお集まりください。
個人で、ご自宅から参加したいという方は、参加するためには事前の申し込みが必要です。
下のリンクサイトにアクセスして、申し込みをしてください。

全臨教愛知集会プレ企画参加申し込み

19日(水)締め切りとなっていますのでご注意ください。






Last updated  2021年05月15日 19時49分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年05月06日
テーマ:学校・教育(178)
カテゴリ:カテゴリ未分類
ずっとサボっていてごめんなさい。「求める会」が活動を休止していたわけではないのですが、ブログのほうがすっかり疎かになっていました。

今回は会計年度任用職員のみなさんに、アンケートのお願いです。

私たち「求める会」は、すべての教職員が協力して子どもたちを育てる学校をつくるためには、誰もが安心して生き生きと働くことができる職場づくりが重要だと考えています。そしてそのためには、不安定な身分、劣悪な勤務条件に置かれている会計年度任用職員のみなさんの大幅な待遇改善が不可欠です。
このアンケートは、会計年度任用職員のみなさんの労働実態と率直な声を集め、要求書として教育委員会に届け、改善を求めるためのものです。
ぜひご協力ください。また、お近くの人にも広げていただけると助かります。

静岡県公立学校会計年度任用職員アンケート






Last updated  2021年05月06日 18時42分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月16日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​こんなギリギリになってしまってごめんなさい。
明日、明後日は静岡県、静岡市、浜松市の教員採用二次試験ですね。
短かった夏休みでしたが、体を休めることはできましたか?笑顔は百難隠す、です。明日はみなさん、笑顔で行きましょう!
心からのエールを送ります!​​​​​​​​​​​






Last updated  2020年08月16日 21時23分07秒
コメント(1) | コメントを書く
2020年04月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​静岡県の教員採用選考試験の募集要項が発表されています。
その中で、特別支援学校教員の募集要項を見ていたら、受験資格が昨年度と大きく違っていることに気づきました。


特別支援学校に3年以上の経験がある人は、特別支援学校教諭の免許がなければ受験資格がないというのです。昨年までは、こんな条件はありませんでした。すべての志願者に対して免許所有を条件とするならまだわかりますが、経験が3年未満であれば免許がなくてもかまわないというのです。この条件だと、今まで何年もの間特別支援学校で働いてきた臨時教職員は、その経験が評価されることもなく、正規になる道を閉ざされることになります。
経験がある人なら免許がなくてもこれから免許を取ってくれればいいけど、経験がない人は免許がなくちゃダメだよ、というのならわかります。その逆にした理由は何でしょう?
特別支援学校の教員の中に、特別支援教諭の免許を持たない人が少なくないことを問題視する意見は、以前からありました。
しかし、その理由は、例えば国体開催前に優秀な選手を教員としてたくさん採用してその人たちの受け皿として特別支援学校を利用したり、人事異動で「研修」と称して強制的に他校種から特別支援学校に異動させたりということをくり返してきた教育委員会にとって、免許所持を条件にしない方が都合がよかったからそうしてきただけです。
行政側の都合で進めてきた施策が、今になって弊害を生み出してきた。そのツケを、今まで何年もの間特別支援学校で働いてきた臨時教職員に押しつけるというのは納得ができません。
みなさんはどう考えますか?
​​






Last updated  2020年04月10日 21時23分44秒
コメント(7) | コメントを書く
2020年04月06日
カテゴリ:カテゴリ未分類
3月に予定されていた「求める会」会員総会ですが、一度は延期ということにして4月の開催をめざしていましたが、新型コロナウイルス感染の状況を見て、開催を中止することに決定しました。
会員のみなさんには総会の資料(経過報告や会計報告など)、学習会資料、2020年度の基本方針と役員案を郵送します。方針や役員については、申し訳ありませんが事務局に一任とさせてください。
また、4月に予定していた「みんなで教員採用試験合格をめざす学習交流会~コンパス~」の第2回学習会も中止となりました。これまで「集まれば元気、語り合えば勇気!」を合い言葉に多くの企画を持ってきましたが、しばらくはそれもできそうになく、とても残念です。しかし、その分、できる限り多くの情報を発信して、県内の臨時教職員をつないでいきたいと思います。直接のご挨拶ができず残念ですが、2020年度も「求める会」をよろしくお願いします。

会長 長澤裕






Last updated  2020年04月06日 22時47分00秒
コメント(2) | コメントを書く
2020年03月27日
カテゴリ:情報・主張
久しぶりの投稿になります。

もうすぐ3月の終わってしまいますが、何人かの臨時教員のみなさんから社会保険のことについての相談を受けています。
平成26年の1月に、厚労省から全国の自治体へ「任用と任用の間に数日間の空白があったとしても、実態として年度をまたいで任用が継続されている場合には、社会保険は継続の扱いになり、3月だけ国保に加入する必要はない。」という通知が出されました。それにより静岡県でも、常勤講師としての任用が3月30日で終了し、3月31日は空白となりますが、4月からの任用があれば3月の社会保険のままで継続され、保険証も返す必要がなくなっていました。
ところが、今年は「事務さんから、保険証を返し、3月は国保に入るか配偶者の扶養に入るかしてくれと言われた。」という相談が相次いで届きました。

そこで、「求める会」加入団体の全静岡教職員組合(全教静岡)が年金事務所に確認したところ、厚労省の通知通りで社会保険は継続される、との回答でした。
そのことを県教委に伝えたのですが、県教委は、講師は今まで協会けんぽに加入していたが4月からは公立学校共済に加入するので、違う保険に入ることになるから継続はできないと考える、と説明しました。厚労省は手続きではなく実態で判断するべきと言っているので、保険が変わったとしても同じ雇用主が同じ人間を雇っているのであれば継続していると考えるべきではないか、と反論しましたが、県教委は頑として譲りません。

同じように、保険証と協会けんぽの脱退届を事務に提出させられた人が、県内にたくさんいるのではないかと思います。
しかし、厚労省も年金事務所も継続するべきと言っているのに、それでも県教委が3月を切るというのは、3月分の保険料のうち事業所負担分を支払いたくないからだとしか思えません。そんなことは許されないことです。

そこで、保険証を返させられたみなさんに提案です。
「確認請求」という制度をご存じでしょうか?
年金や健康保険の加入や脱退に対して雇用主が違反行為をしたと思われる場合に、労働者が年金事務所に救済を申し立てることができる制度です。
詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
 ​日本年金機構HP
確認請求が提出されると、年金事務所が事業所に調査に入り、事業所の届け出に間違いがあった場合には是正の命令が出ます。確認請求によって「やはり3月の社会保険が継続される」となれば、もし3月だけ国保に加入していてもその保険料は返してもらえます。もちろん、3月分の社会保険料を納めなければならなくなりますが、差し引きすればそのほうが絶対に負担が少なくてすみます。
国保の保険料は、ビックリするくらい高額ですよね。その半分でも取り返せるなら、ちょっと面倒くさいですが、やってみる価値はあると思います。

「求める会」や全教静岡は、3月末までに県教委の対応が是正されるように引き続き働きかけますが、それがダメだった場合には、みなさんの確認請求で県教委に誤りを認めさせましょう。






Last updated  2020年03月27日 17時04分32秒
コメント(22) | コメントを書く
2019年11月23日
カテゴリ:お知らせ
1月25日(土)・26日(日)、静岡市内で第29回中部・近畿臨時教職員交流のつどいin静岡が開催されます。その、県内版チラシができました。



臨時教職員のみなさんはもちろん、臨時教職員の待遇や教員採用試験の改善などに興味関心のあるみなさんのご参加をお待ちしています。






Last updated  2019年11月23日 22時30分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月26日
カテゴリ:会員からの情報
※全教静岡さんからの報告です。

9月24日、静岡県教育委員会が職員団体に対して、来年度からの会計年度任用職員、任期付教員、臨時的任用教員の任用や給与、勤務条件等についての最終提案を出しました。
全教静岡としては、全体としては歓迎しつつも、長期臨時教職員経験者への雇用責任などいくつかの点については改善を求めて継続交渉を要求しています。







まだまだこれからも交渉を続けていくつもりなので、みなさんからの御意見をお待ちしています。






Last updated  2019年09月26日 23時19分24秒
コメント(1) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全327件 (327件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 33 >


© Rakuten Group, Inc.