532259 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

静岡県の臨時教職員制度の改善を求める会ブログ

PR

X

Profile


o-kun42

Freepage List

Category

Recent Posts

Archives

Comments

公立高校 芸術科臨時教職員@ 臨時教職員の全てが教諭職を目指しているわけではない 質問ですさんへ 正規で働きたい人ばかり…
筆記試験のみならラッキーです@ Re:大雨で教員採用試験が大混乱(07/05) 筆記試験のみなら大学入試と同じで合格点…
うーん@ Re:教員採用試験の一次試験結果が発表されました。(07/30) 一次試験で落ちるってただの学力不足です…
質問です@ Re:「静岡県公立学校会計度任用職員アンケート」に寄せられた声(06/02) 質問です。 待遇が不満なら正規職員になれ…
エメラルド@ Re:大雨で教員採用試験が大混乱(07/05) 前日のメールから間に合うようにと連絡が…

Favorite Blog

臨時教員を考える … 貞ちゃん6162さん

Calendar

2016年10月22日
XML
カテゴリ:事務局だより
なんだか最近、やたらと思い出される詩があります。
ご存じない方も多くなってきたんじゃないかと思うので、紹介します。

臨時教員の人間宣言  山口八重子

嫁入り前の娘のように
しおらしく、愛らしく
返事は、素直にはっきりと
仕事は、まじめにきちんとします

私は、臨時教員ですもの
正採用教員になれるように
次の任用が決まるように

仕事も修業のうち
毎日が売り込みの日々
どんな仕事でも
にっこり笑顔で引き受けます
嫁入り前の娘のように

ある日、「私、結婚します。」と言ったら
校長の目が、眼鏡の底から言った
「今年は、子どもを作らないだろうね。」

ある日、妊娠していることを知った私
任期が終わるまで、お腹の子が無事でいることを
ひたすら願っていた
「産休の先生が産休をとるなんて、できないもの。」 

ある日、病気になり、入院することになった
「私、今入院するわけにはいかないんです。」
病院の先生に、半年延ばして下さいと泣きついた。
まだ、任期が半年残っていた

私は、こうして臨時教員生活を十数年続けてきた
いつも、自分の要求を笑顔の奥に押しこめて

ある年、一年間の期限月の講師に任用された
たんぽぽの花咲く田園の中の学校で
ぴかぴかの一年生の担任だった
「先生、はなちゃんが泣いてるよ。」
「まさるくん、どうしたの。あらあ、のりがべたべた。」
「みっちゃんがまだ来ない。どうしたのかしら。」 
子どもたちといっしょでうれしかった
そしていそがしかった

日中は子どもたちと真剣勝負 
子どもたちが帰った後も
会議,授業研究、学級事務に職員作業
経験年数も多く、給料も高い私に容赦はない
雨あられと降ってくる仕事をこなし
家にたどり着くと、食事もそこそこに
畳の上に転がって眠ってしまう
夜中に目を覚まし、灯りの下で仕事に向かう
やがて睡眠時間が四時間になり
仕事しか見えなくなってしまった私 

別れの三月  「先生は、教員の鑑です。よくやって下さった。」
と言って、校長は私を送りだした
そして四月  約束された仕事はなかった
「予定された学級増がなくて、申し訳ありません。」
教育委員会からの電話の一言で、私は、失業した

身をすり減らして働いても
教育委員会の都合で、首を切られる
どんなに教育効果を上げても
次の任用は、確約されない

失業し、家で待機していても
四時間型の睡眠が体に残り
夜中に目が覚める

暗闇の中で、私の人生を考える
妊娠を心から喜べなかった私
自分の命よりも、仕事を心配していた私
家庭よりも、仕事に夢中だった私 

そんな私に、教育委員会は
丈夫な体で、元気に仕事こなす
私のいいところだけを欲しがった

生身の体で  病気にもなれば、疲れもする
子どもも産めば,家庭もある  年も取れば、老後もある
そんな私には、目をつぶり
私の人生のいいところだけを吸い取ってきた

でも、私は、生きている人間なんです
そして、人間を育てている教員なんです
私の体をぶち切りにして  いいところだけを食べないで下さい
私に、失業の代わりに,仕事をください
産休の代わりの先生をしてきた私に、産休をください
そして何よりも、自分の要求を言える権利をください

私は、今日、ここに、臨時教員は、人間であることを宣言します。






Last updated  2016年10月22日 00時24分42秒
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.