522355 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

静岡県の臨時教職員制度の改善を求める会ブログ

PR

X

全73件 (73件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

機関誌「鼓動」ダイジェスト

2016年05月28日
XML

遅くなりましたが、16コンパスin静岡第3回学習会の報告です。

 


5月22日(日)、22名の参加で第3回学習会を行いました。

 

1463918291640.jpg

今回は、はじめの会で全教共済の西谷さんから、共済の話をしていただきました。

1463918307571.jpg

全教共済は全日本教職員組合が事業として行っている活動で、自動車共済、火災共済、医療共済のような民間の保険会社と似たようなものから、教職員賠償共済のような教職員組合ならではのものもあります。

民間の保険会社との大きな違いは、教職員組合が行っているので営利目的ではないため掛け金に対して補償額が大きいこと、そして何より教職員の立場に立った事故処理をしてくれること、です。全教共済の自動車共済なら、人身事故を起こしてしまった教職員を、よほど悪質でない限り懲戒免職処分にしてしまうようなことはありません。

「保険、どうしようかな・・・。」と思っている人は、一度検討してみることをお勧めします。

1463918314952.jpg

趣旨説明や日程説明の後、前半は初心者と複数回参加者に別れての並行講座。

初心者向けには、静岡県と静岡市の面接試験の内容や評価方法などについての解説をしました。昨年度以前からの参加者には、ディスカッション形式で、昨年度の面接試験を振り返りながら、参加者一人ひとりが自分の課題を明らかにしました。

後半は、4つに分かれてグループ討論の練習をしました。

1463918323988.jpg

終わりの会では、各グループの代表者から、グループ討論の報告をしてもらいました。


次回は6月12日(日)「ロールプレイで学ぶ面接試験のコツ」です。グループに分かれて、順番に面接官役、受験者役、観察者をしながら多角的に面接試験対策を行います。

場所と時間はいつもと同じ、県教育会館で13:30開始です。参加費は500円。ただし、「求める会」会員は無料です。

終了後にはいつも、近くのお店で交流会(飲み会)をやります。こちらは自由参加ですが、時間のある方はぜひご参加ください。


もう一つお知らせです。

コンパスの前に、12:30から、養護教諭志望者のための学習会をしています。養護教諭で受験する方は、ぜひこちらにもご参加ください。事前に「求める会」事務局までメール( motomerukai@tokai.or.jp )で連絡をいただけると助かります。







Last updated  2016年05月28日 19時04分42秒
コメント(0) | コメントを書く


2016年03月13日

3月12日(土)、午前中に「求める会」会員総会を行った後、同じ会場で「みんなで教員採用試験合格をめざす学習交流会~コンパス~」の2016年度第1回学習交流会を行いました。初参加者も含め、13名の教採受験予定者、11名のスタッフ、3名のゲストが集まり、にぎやかに行われました。

1457866190129.jpg

はじめに、スタッフの土屋さんから趣旨説明があった後、コンパス参加者で昨年の採用試験で合格を果たした2人の方から、体験談を聞きました。

臨時教職員として合格をめざす以上は仕事を一生懸命にやることで教師としての力を高めたい、きっとそれが合格につながるはず。目の前の子どもたちを大切に、自分を支えてくれている多くの人たちに感謝の気持ちを持って、過ごしたい。そして、お二人が参加していた臨時教員サークル「みのりの会」やコンパスの仲間たちとの学び合いがどれだけ力になったか・・・。そんなお話でした。

1457866260247.jpg 後半は平島先生の語り合い授業。

1457866273003.jpg

「始まるよ、始まるよ、始まるよったら始まるよ~♪」の歌で始まった授業。

なぜ教師になりたいのか?どんな教師になりたいのか?

参加者の気持ちを引き出しながら、採用試験に正面から立ち向かおうとする勇気を高めてくれる、素敵な授業でした。数年前に高校教師を退職された平島先生ですが、現職の時代に教わった生徒たちもきっとこんな素敵な授業を受けていたんでしょうね。

終了後、「近くのお店で一杯やりながらもっと語り合いませんか?」と呼びかけたところ、11名もの参加者がありました。今年のコンパスも楽しくなりそうです。







Last updated  2016年03月13日 21時09分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年11月29日

1.jpg 2.jpg

アイスブレイク~ゲーム大会

5.jpg 6.jpg

焼き芋も焼いたよ!石焼きだから美味しいよ!

4.jpg 7.jpg

今回のメイン企画、ロウソク作り。

10.jpg 11.jpg

12.jpg 13.jpg

14.jpg 15.jpg

作ったロウソクに火をともして、キャンドルナイト。

17.jpg 16.jpg

翌日は安倍の大滝までハイキング。

18.jpg 19.jpg 20.jpg

安倍の大滝まであと少しのところで崖が崩れていて、滝までは行けませんでしたが、楽しいハイキングでした。

22.jpg 23.jpg







Last updated  2015年11月29日 19時56分05秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年10月04日

遅くなりましたが、二次試験の結果発表を受けて、コメントしたいと思います。

合格者数は、以下の通りでした。

小学校 362名<前年度比-2> ( 県243 静岡44 浜松75 )

中学校 228名<+6> ( 県159 静岡31 浜松38 )

高校 170名<±0>

特別支援学校 127名<+1>

養護教諭 28名<-7> ( 県20 静岡4 浜松4 )

県全体で見ると、だいたい前年度並みの合格者数です。

再任用希望者が増える見込みの来年度に向けて、例年並みの合格者数というのは評価されるべきかもしれません。

しかし、「求める会」が取り組んできた『長期臨時教職員経験者の正式採用を求める署名』5697筆(追加提出分を含めれば7000筆弱)を提出した際、水元教育監が発言した「学校の非正規率の高さ、特に特別支援学校の非正規率については問題だと認識している。」という言葉からすれば、とても満足できる数字ではありません。新規採用を増やさずにどうやって非正規率を下げようというのか、本気で非正規率を下げようとしているのか、はなはだ疑問です。

また、中学校や高校の合格者数を教科別に見ると、合格者が1人だけという教科が目に付きます。

受験者数が数十人で、一次合格者が1~2人、二次合格者が1人または0人。二次試験での合否は何によって決まるのでしょうか?採用するつもりがないのなら、はじめから試験などしなければいいと思いますし、2人から1人を選ぶ試験などする必要があるのでしょうか?小学校のように何百人も受験するのなら二段階選抜の必要かもしれませんが、数十人しか受験しないのに、そこで二段階選抜をして、しかも数人から1~2人を選ぶなど、まったく必要のないことです。教育委員会には、二次試験で不合格になった人の気持ちを考えてみて欲しいと思います。

教員採用選考は、未来を担う大切な子どもたちを育てる責任ある職の担当者を決める重要な作業です。そして、受験者にとっては、人生を左右する一大事です。予算や効率優先で実施方法を決められることではありません。「求める会」は、教員採用選考の二段階選抜を止め、受験者全員を時間をかけ、最大限の手間暇をかけ、丁寧に審査して合否を決めるよう、強く要望します。







Last updated  2015年10月04日 22時49分20秒
コメント(4) | コメントを書く
2015年08月12日

8月8~10日、山口県下関市で、第46回全国臨時教職員問題学習交流集会が開催されました。

静岡からは「求める会」会員6人が参加しました。

とりあえず、その様子を写真で緒お伝えします。


<開会集会の様子>

オープニングと基調報告には、残念ながら間に合いませんでした。

IMG_3255 (150x100).jpg IMG_3256 (150x100).jpg IMG_3262 (150x100).jpg

IMG_3266 (150x100).jpg IMG_3268 (150x100).jpg IMG_3270 (150x100).jpg


<「交流の夕べ」>

初日の夜は「交流の夕べ」。「臨時教職員制度入門」「山口県の原発問題」「調理体験~瓦そばとういろう~」「山口県の地酒」などのテーマに分かれて学んだり楽しんだりしました。

写真は「唐戸周辺のフィールドワーク」に参加して撮ったものです。

IMG_3276 (150x100).jpg IMG_3277 (150x100).jpg IMG_3280 (150x100).jpg

IMG_3286 (150x100).jpg IMG_3289 (150x100).jpg IMG_3292 (150x100).jpg


2日目は7つの分科会に分かれて学習交流をしました。

そして夜は、恒例の大交流会。市内の結婚式場で、何と4時間飲み放題という贅沢な会でした。

IMG_3304 (150x100).jpg IMG_3306 (150x100).jpg IMG_3317 (150x100).jpg

IMG_3320 (150x100).jpg IMG_3322 (150x100).jpg IMG_3326 (150x100).jpg


<閉会集会>

IMG_3358 (150x100).jpg 実行委員長を務めた山田憲吾さん

IMG_3355 (150x100).jpg 集会のまとめをする全国連絡会副会長の河島さん

IMG_3334 (150x100).jpg 「子ども学校」の発表

IMG_3337 (150x100).jpg 初参加者のみなさん

IMG_3347 (150x100).jpg 来年の開催県、三重県のみなさん


集会の参加者は169人でした。

来年は三重県です。山口県はちょっと遠すぎて参加者を集めることができませんでしたが、来年はみなさんもぜひ一緒に行きましょう。







Last updated  2015年08月12日 19時26分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年08月06日

8月3日、静岡県の教員採用選考1次試験の結果が発表になりました。

ザッと見た合格者数は以下の通りです。(計算違いがあったらごめんなさい。)


自治体 校種 1次合格者数 (昨年度1次合格者数)

静岡県 小学校 434人 (444人)

      中学校 303人 (306人)

      高校  335人 (341人)

      特別支援小学部 98人 (101人)

      特別支援中学部 84人 (111人)

      養護教諭 34人 (50人)

静岡市 小学校 111人 (110人) ※内特別選考合格者 16人 (21人)

     中学校 70人 (79人)

     養護教諭 11人 (10人)

浜松市 小学校 115人 (122人)

     中学校 92人 (93人)

     養護教諭 17人 (13人)


どうですか?

全体的に合格者数が減っているのが気になるところです。再任用希望者の増加を考慮してのことでしょうか。例年、1次合格者数は2次合格者数の約2倍となっていますから、新規採用者数もさほど増やすつもりはない、ということだと思います。年々多忙化、困難化が進む教育現場で、心身ともに傷つき倒れる教職員が増えています。この状況を打開するためには、教職員数の大幅な拡大しかないということは明らかなのですが、県教委はどういうつもりなのでしょう。60歳を過ぎた再任用者までめいっぱい働かせて、さらに病休者を増やすつもりでしょうか。

7月27日に「長期臨時教職員経験者の正規採用を求める署名」を県教委に提出したばかりです。最終結果を見なければわかりませんが、教職経験を重視した選考にしようとするならば、1次合格者をもっと増やして、2次の面接試験などでしっかりと本人の力量を見極めて欲しいと思うのですが・・・。

あと、静岡市の「教師塾」卒塾者を対象とした特別選考ですが、今年の合格者はたった16人です。

推移を見ると、

21人 → 18人 → 21人 → 16人

塾生は毎年30人余りです。

1次2次とある一般選考に先駆けて6月に1次のみの特別選考に合格すれば採用が決まる、特別選考を受けられるというのが「静岡市教師塾」の一番の魅力だと思います。しかし、前年の9月から毎週土曜日に講座を受け、レポートを何本も提出し、授業公開もして、それでも塾生の半分近くが不合格になるというのは、ちょっとひどいとは思いませんか?毎週のように市教委の人たちに見られているのに、特別選考で不合格。ショックだと思います。逆に、それだけの手当てをしながら正規採用にしないという選考制度にも疑問を感じます。

いずれにせよ、不透明、不公平、そして非民主的な「教師塾」特別選考は即刻廃止するべきです。







Last updated  2015年08月06日 21時17分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年07月30日
今日また、大阪の方から44筆、岐阜の方から5筆、届きました。これで合計4867筆。県外のみなさんからの協力、ありがとうございます。
県内のある特別支援学校のPTA会長さんからも、署名が集まったので送ります、とのメールが来ました。届くのが楽しみです。この勢いなら5000筆を超えちゃったりして・・・(笑)






Last updated  2015年07月30日 19時18分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年07月29日

報告が遅くなりましたが、27日(月)、「長期臨時教職員経験者の正規採用を求める署名」4752筆を県教委に提出しました。

conv00011.jpg

「求める会」からは石田義明会長、富田副会長他6名が参加。臨時教職員2名も参加しました。

県教委は昨年度と同じく水元教育監が対応しました。

石田会長は「求める会」立ち上げの時にも深く関わってくださった方です。その時の経験から、「もう20年も前から指摘してきた問題が未だに根本のところで何も変わっていない。」と県教委の責任を強い口調で追及しました。水元教育監も、この現状が大きな問題であることを認め、解決に向けて努力していくと発言しました。

署名は前回報告した時からさらに延びて、4752筆。ところが、提出後にさらに66筆が郵送されてきましたので、4818筆です。まだ増えるかもしれません。あとから届いたものについても、追加提出をしたいと思いますので、「しまった!」と思っている方は今からでも遅くありませんので、送ってください。

提出の後、記者会見も行いました。

P72700091.jpg

翌日の静岡新聞に記事が載りました。

conv0002.jpg

来週には教採一次試験の結果発表があります。この署名の成果が少しでも出てくれることを祈っています。







Last updated  2015年07月30日 00時11分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年06月30日

6月28日(日)、県教育会館で「みんなで教員採用試験合格をめざす学習交流会~コンパス静岡~」の第4回学習交流会が行われました。

今回は毎年恒例の「本格面接練習」。

静岡高教組や全教静岡からベテラン先生たちが面接官役として参加してくれて、校種別グループに分かれて、本番さながらの面接練習をしました。

DSC_0109.JPG

DSC_0112.JPG


<参加者の感想>

「本日はありがとうございました。前回の面接練習で教えていただいたことに気をつけつつ、具体性を持って発表しました。前回よりも今回のほうが満足感をもって、やることができました。まだまだ改善点はたくさんあるので、現状よりもさらに高く、細かい点にも気をつけてやっていきたいと思います。良い報告ができるように、がんばっていきます!ありがとうございました。」

「本番同様でとても緊張しました。自分の劣っている部分、足りない部分を明確に教えていただいたので、今日の練習を機に、自分なりに言葉をまとめ、本番に向かいたいと思います。他人からの意見をたくさん聞くことで、初めて気づくこともありました。本番前にここで練習ができて本当に良かったです。」

「何度やっても緊張するな、と思いました。もう一度考え直したいと思います。いろいろアドバイスをもらえてうれしかったです。自分のカラーを出して、味をつくることがなかなか難しいと思いました。」

「自分の色、持ち味、アピールポイントは何だろう?と考える良い機会をいただきました。誰にも負けないところ、生徒のために取り組んでいること、自分を見つめ直したいと思います。生徒には自己理解をと言っていますが、自分が足りてないなと感じました。まずは自分から!!ありがとうございました。」

「今日の学習会のために、いろいろな質問内容に対しての答えを考えてきました。コンパスがあったからこそ、準備ができました。面接練習ができてとても良かったです。面接官の先生方、お忙しい中ありがとうございました。今日の反省を生かせるよう、明日からまたがんばっていきます!!」







Last updated  2015年06月30日 22時37分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月26日

コンパス静岡の講座第2回の報告です。

DSC_0062.JPG

今回の参加は20名でした。スタッフは8名集まってくれました。

前半は面接対策で、解説「静岡県の面接試験の実際」は、県教委に開示請求して入手した文書を元に面接試験の位置づけや実施要領、評価基準などを詳しく解説しました。その後は短時間でしたが、入室の仕方や礼の仕方、座り方など、面接試験で印象を良くするための基本動作の練習をしました。

後半は、前回にもやった「構想メモを使った討論練習」をやりました。2回目と言うこともあって、みなさんも慣れてきて、前回よりも中味の濃い討論ができたように思います。スタッフも討論に参加して、スタッフはスタッフで新鮮な刺激を受け、参加者に負けないくらいの満足感を得ることができました。

以下、参加者の感想です。


「構想メモを使った討論練習」では、自分が思いつかなかったことを、他の先生方の考えを聞いて気づくことができました。4月では4個しかメモできませんでしたが、今回は10個できました。(特別支援学校・男性)

自分の意見だけでは同じところをぐるぐる回ってしまうけれど、他からの刺激があったことで、より発展させて考えることができた。あたりまえの言葉の裏にある個人的な思いを、話をつめていく中で理解していくことが大切であると気づいた。(高校・男性)

面接練習では、第1印象を良くするための入り方、姿勢などを確認できて良かった。討論練習では、いろいろな意見、視点が知れて良かった。私の班は3人だったが、あと1~2人多いともっと違った意見が聞けたのではないかと思った。(小学校・女性)

面接の基本動作を知ったり聞いたりすることができ、自分では気づかない部分も知ることができました。集団討論では、自分の意見と同じ意見を考えている先生が多くいたので安心しました。同時にアドバイスでも言っていただきましたが、より個性が大切になってくると感じました。採用試験まで、自分の個性を考えていきたいです。(高校・男性)

私は実際にクラス運営をしたことがなかったのですが、他の先生方の意見を聞くことで、現場ではどのような課題があって、どんな手立てがあるのか、「クラス」という1つのテーマから深く掘り下げていくことができて良かったと思いました。(中学校・女性)







Last updated  2015年05月27日 00時43分10秒
コメント(0) | コメントを書く

全73件 (73件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >


© Rakuten Group, Inc.