2020年04月10日

おかしくないですか?

(7)
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​静岡県の教員採用選考試験の募集要項が発表されています。
その中で、特別支援学校教員の募集要項を見ていたら、受験資格が昨年度と大きく違っていることに気づきました。


特別支援学校に3年以上の経験がある人は、特別支援学校教諭の免許がなければ受験資格がないというのです。昨年までは、こんな条件はありませんでした。すべての志願者に対して免許所有を条件とするならまだわかりますが、経験が3年未満であれば免許がなくてもかまわないというのです。この条件だと、今まで何年もの間特別支援学校で働いてきた臨時教職員は、その経験が評価されることもなく、正規になる道を閉ざされることになります。
経験がある人なら免許がなくてもこれから免許を取ってくれればいいけど、経験がない人は免許がなくちゃダメだよ、というのならわかります。その逆にした理由は何でしょう?
特別支援学校の教員の中に、特別支援教諭の免許を持たない人が少なくないことを問題視する意見は、以前からありました。
しかし、その理由は、例えば国体開催前に優秀な選手を教員としてたくさん採用してその人たちの受け皿として特別支援学校を利用したり、人事異動で「研修」と称して強制的に他校種から特別支援学校に異動させたりということをくり返してきた教育委員会にとって、免許所持を条件にしない方が都合がよかったからそうしてきただけです。
行政側の都合で進めてきた施策が、今になって弊害を生み出してきた。そのツケを、今まで何年もの間特別支援学校で働いてきた臨時教職員に押しつけるというのは納得ができません。
みなさんはどう考えますか?
​​





TWITTER

Last updated  2020年04月10日 21時23分44秒
コメント(7) | コメントを書く