000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

地を這う虫

PR

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

左巻きブロガーとの論争・対話

2022/06/04
XML
2022/05/08の記事の冒頭部分を二文字だけ変えてコピペ貼り付けします↓(コレコレ


ナナシィ1190さんのような格調高い批評・批判・ツッコミを書けないが、先日読んだ楽天の左巻き(コレコレ)ブロガーさん記事に関して少しだけ・・・

ナナシィ1190さんの楽天ブログは↓
名無し人の観察日記

最近は佐原さんのブログを読んでから、それをネタにナナシィさんが記事書いてないかな~~と期待して彼のブログをチェックするのがルーティーンになっております。

佐原さんブログは↓
よりよい明日をめざして

--------- ほぼコピペはここまで -----------


佐原さんの先日の記事は 政治が介入し変えられた教科書記述(2日の日記)です。


以前とりあげた2022年05月08日の記事 教科書が映す日本(8日の日記) と同じく毎日放送(MBS)のディレクター斉加尚代氏が監督した映画「教育と愛国」及びこの映画に関する斉加氏の発言を「しんぶん赤旗」が記事にしており、この記事について佐原さんがアレコレ書いています(苦笑

佐原氏の「限界おリベ様」(ナナシィ1190氏がア○でマ○ケな左巻きの中でも飛び抜けた存在の人を指す言葉として使われていると、私は理解しております)振りについては触れません。

映画「教育と愛国」の内容には全く興味がありません。
私が少し興味を持ったのは、以下の2点のみです。

「しんぶん赤旗」の記事内には

>一方、「教育勅語」を肯定する育鵬社教科書の代表執筆者である歴史学者の伊藤隆氏は、斉加さんの「歴史から何を学ぶべきか」という問いに、「学ぶ必要はないんです」と断言。歴史研究を否定するかのような発言に言葉を失います。

とあります。佐原さんが載せている「しんぶん赤旗」の文章には出てこないのですが、佐原さんは以下のように書いています。

>この記事の後半に登場する東京大学名誉教授・伊藤隆氏は、東大在職中の研究実績が高く評価される学者ですが、斉加氏に質問されて「歴史に学ぶ必要はないんです」とか「軍隊が弱かったから、戦争に負けただけです」というような、自分の研究実績を否定するかのような発言をするのは、何故なのか。何かふてくされているような、滑稽な印象を受けます。

東京大学名誉教授の伊藤隆氏を私は全く知りません。
なので、ネットでちょっと検索すると文春オンラインに

「僕は左翼の人たちに聞きたいんだよ」保守の歴史家・伊藤隆88歳が“令和の日本”に苛立つ理由 伊藤隆さんインタビュー #1

保守論壇の重鎮・伊藤隆88歳が振り返る“つくる会”騒動「こういうところにはいたくないと思った」 伊藤隆さんインタビュー #2

という記事がありました。

菅前首相に日本学術会議会員の任命を拒否された6人のうちの一人、加藤陽子東大教授は伊藤名誉教授の教え子、弟子だったようですね。

伊藤名誉教授は加藤教授について、

>僕のところにいる分には、左翼を丸出しじゃ具合が悪いと思って、隠していたんでしょう。いい論文を書いてましたけどね。でも、ゼミの報告なんかを聞いてると、初めに理論があって、それに必要なデータを集めるという、そういうやり方だからね、非常に気に入らなかったんだけど。

と評されてます(笑

話が横道に逸れましたが、文春オンラインの記事を読んだ印象から推察すると、

伊藤名誉教授はMBSディレクターの斉加氏のインタビューを受けた際、仮に予備知識がなかったとしても、瞬間的に彼女が相当な左巻きでかつかなり程度の低いマスコミ人と判断し、インタビューにまじめに答える気なんて、さらさら無かったんでしょうな(笑

以上、非常に細かい部分だけの感想でした(オイオイ






Last updated  2022/06/04 03:48:52 PM
コメント(0) | コメントを書く


2022/05/08
ナナシィ1190さんのような格調高い批評・批判・ツッコミを書けないが、今日読んだ楽天の左巻き(コレコレ)ブロガーさん記事に関して少しだけ・・・

ナナシィ1190さんの楽天ブログは↓
名無し人の観察日記

最近は佐原さんのブログを読んでから、それをネタにナナシィさんが記事書いてないかな~~と期待して彼のブログをチェックするのがルーティーンになっております。

佐原さんブログは↓
​よりよい明日をめざして

今日の記事をネタにしたナナシィ1190さんの記事は現時点ではありませんでした。

佐原さんの今日の記事は 教科書が映す日本(8日の日記) です。

記事の中身には触れません(オイオイ
私が爆笑したのは、この記事で取り上げた映画「教育と愛国」の監督、斉加尚代氏をwikipediaで調べた時です。斉加氏は佐原さんの上記記事によれば、

-----------------------------
​<さいか・ひさよ> 1987年、毎日放送入社。報道記者などを経て、2015年からドキュメンタリー担当ディレクター。担当番組に日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞を受賞した「なぜペンをとるのか-沖縄の新聞記者たち」など。著書「何が記者を殺すのか大阪発ドキュメンタリーの現場から」(集英社新書)が15日に発売。​
-----------------------------

だそうです。斉加氏のwiki.情報から以下に一部コピペします。

-----------------------------
橋下徹市長の記者会見
2012年5月8日 大阪市長 橋下徹の記者会見の席で、公立学校の式典での日の丸掲揚と君が代斉唱に批判的立場から論戦をしかけた[6][7][8]。
約30分間の質問後、「これぐらいにしておきますけれども」という捨て台詞を橋下市長に対し言った[7]。
-----------------------------

橋下市長(当時)の記者会見動画は以下。再生回数は1645万回超えてますな(笑) 以前何度か観たことがある動画です。こんときの怨念、トラウマが彼女に映画を作らせたのか(爆笑


"【大阪】橋下市長「勉強してから来い!」無知で無礼なMBS女記者の醜態!"

※ 彼女の「これぐらいにしておきますけれども」発言は26:05以降に発声されます(笑


もう一人のブロガーさんについてもメモっておきましょう。

msk222さんの ​ひまじんさろん

この方には以前、私が書いた結構長文のコメントを当該記事ともども削除された経験があります(苦笑

頭がクラクラした日記は↓

いまさら「日本国憲法」

昨日はここで引用されてる内田樹のクソ駄文を文章半分以上はさすがに読めなくて(狂人の妄想まみれ、論点ずらし300%のクソ駄文なので・・・)断念しましたが、今日は一応内田のクソ駄文を我慢して最後まで読みました。印象というか評価は全く変わらず(笑

内田もたいがいなんですが、それを有難がるブログ主ももはや正常な、一般社会人が当然持っていなければならない判断力を喪失しているとしか言いようがない(苦笑






Last updated  2022/06/05 10:00:10 AM
コメント(5) | コメントを書く
2005/07/08
テーマ:Musical Baton(312)
Sweetrendez-vousさんから指名を受けたので、Musical Baton の質問に対する回答を書いておきます。

1.Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

約800MB

2.Song playing right now (今聞いている曲)

曲は聴いていない。遠くから高速道路の音が聞こえる。

3.The last CD I bought (最後に買ったCD)

L'AUBE/TAKESHI TAKASHI KAKO

4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

渡良瀬橋/森高千里(よく聴きます)
Let It Be/the Beatles(思い入れあり)
Sunny/Pat Maritino(よく聴きます)
Koln Concert/Keith Jarrett(お約束ですから)
People in Sorrow/Art Ensemble of Chicago(フリージャズの頂点?)

5.Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)

誰にも渡しません(笑)。






Last updated  2022/04/04 03:29:23 PM
コメント(9) | コメントを書く
2004/11/14
テーマ:戦争反対(1148)
香田氏の遺族が

「募金に利用しないで」要望しているにもかかわらず、World Peace Nowという団体は香田氏の死を利用して、募金活動をいけしゃあしゃあと行っている。以下にメール版の集会チラシ?をコピーしておきます。フォントを色を青くし、大きくした部分は私ケルンコンサートが加工(文章変更なし)しています。遺族の意向を無視し、政治利用する輩達の「人間性」、「感性」、「性格」はどうなっているのか!と疑問に思います。死者を利用するハイエナ,ハゲ鷹のようだ と書けば、ハイエナ、ハゲ鷹に大変失礼だな。彼ら動物は生きるためにそういう行動を身につけたわけで、げすな政治的行動ではないからね。



【転送・転載歓迎】
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_
   派兵1年、期限切れ
    撤退させよう自衛隊 終わらせようイラク占領
        WORLD PEACE PARADE 12.14
        http://www.worldpeacenow.jp

\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_

 香田証生さんがイラクで「人質」になったとき、小泉首相は「自衛隊は撤退しない。テ
ロリストには屈しない」と冷たく語りました。4日後香田さんは殺されました。私たちは
、香田さんの死を悲しみ、この残虐な行為に強く抗議します。
 今回の事件の最大の責任は、不法な戦争で10万人以上のイラクの人々の生命を奪ったブ
ッシュ米大統領と、それを全面的に支持して自衛隊をイラクに派兵した小泉首相にありま
す。香田さんを見殺しにしたのは、小泉首相です。
 12月14日は、イラクに派兵されている自衛隊の1年間の派遣期限が切れる日です。もう
これ以上、人々の命が失われるのはゴメンです。占領をやめないかぎりイラクの平和も復
興もありません。派兵延長をやめさせ、「自衛隊はいますぐ帰って来い」と言いましょう


◎日時:12月14日(火)開場17:30/プレ企画18:00/開会18:30/パレード19:30
◎場所:日比谷野外音楽堂(地下鉄霞が関駅下車)
◎発言:小池清彦さん(新潟・加茂市長/元防衛庁教育訓練局長)/池田香代子さん(翻
訳家)、他
◎演奏:TEX & the Sun Flower Seed http://trice.co.jp/tex/
※ 夜のパレードになります。光り物などアピールグッズをお持ちください

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
《賛同者・賛同団体募集》「12.14」の賛同者・賛同団体を募集します。賛同される場合は
、賛同費(個人・団体とも1口1,000円)を下記口座にお振り込みください。

◎郵便振替口座 00110-6-610773
◎口座名「1.18集会」※通信欄に「12.14賛同」とお書きください。
■FAX、メールであらかじめ賛同の意思表示をされる場合は、下記フォームに必要事項
を記入の上、お送りください。
名前(団体名):
──────────────────────────
住所:
─────────────────────────────
電話:           FAX:         
─────────────────────────────
メール:               
───────────────────

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■主催:WORLD PEACE NOW    http://www.worldpeacenow.jp
◎電話連絡先:許すな!憲法改悪・市民連絡会 03(3221)4668/アジア太平洋平和フォー
ラム(APPF)03-3252-7651/CHANCE!pono2 090(3812)3777/日本消費者連盟 03(5155)4765
/ピースボート 03(3363)8047/平和をつくり出す宗教者ネット 03(3461)9363
◎住所連絡先:東京都千代田区三崎町2-21-6-302市民連絡会気付 FAX03(3221)2558
◎メール:worldpeace@give-peace-a-chance.jp







Last updated  2022/04/04 03:04:26 PM
コメント(3) | コメントを書く
2004/11/06
ルーチェmmsさんの楽天日記への私の書き込みをここに転記しておこう。World Peace Now関係者の方々のお考えは私には理解不能だ。

以下、黒字は私の書き込み、黄色はルーチェmmsさんの書き込みです。
こんばんわ。横から割り込んですみません。
いくらなんでも、ルーチェmmsさんともあろうお方がここまでおっしゃるとは絶句します。ルーチェさんもお友達のsweetrendez-vousさんも話のすり替えが18番ですから私も話のすり替えやっちゃおう(笑)。
仮に「ルーチェさんのかわいいお子さんを殺すことに貴方が同意するなら香田さんを釈放してやる」という条件を貴方様が受け入れずに香田さんがテロリスト又は単なる殺人狂又は病的な殺人偏愛者に殺されたら、貴方様は「人殺し」で「確信犯的見殺し」ですか。

>テロテロって言うけれど、「自衛隊撤退」を条件にしているんだから、撤退すれば、香田さんは殺されなかったことでしょう。>つまり、小泉首相は人殺しですね。いや、確信犯的見殺しかな。
(2004年11月05日 23時42分)



追加:私は「香田君は死んで当然」と書いた記憶はない。『生きるための努力・誠意を示さないものに対して神は公平な判断をなさったようだ。』と書いた記憶はある。






Last updated  2022/04/04 03:05:04 PM
コメント(18) | コメントを書く
2004/11/03
など、彼のご両親、友人、知人以外の我々一般人にはない。昨日、数種類の新聞を見たら、先日の日記で懸念したことがわんさか記載されていた。

もう一度書いておく。

生きるための努力・誠意を示さないものに対して神は公平な判断をなさったようだ。彼がイラク平和や世界の平和を願っていた保証・裏付けは何もないのではないか。ひょっとすると、イラク珍道中日記を書いて一稼ぎしたかっただけかもしれない。
彼の死を悼むことに何の異論もないが、彼が何かを考えてイラク入りしたかのような幻想・捏造をマスコミが作ることは断固として拒否せねばならない。






Last updated  2022/04/04 03:05:26 PM
コメント(12) | コメントを書く
2004/11/01
香田証生氏の死に関する記事やコラムを電車内で読んだ。朝日でさえ、彼の行動の弁護は難しそうだったが、ところどころに日本政府批判、米国ブッシュ政権批判を「お約束通り」はめ込んでました(笑)。この記事の文章はつっこみどころ満載じゃん、おいしいね と思った記事があったのですが、目的地の駅でいつものように朝日新聞をゴミ箱に捨てちゃったので、おいしい記事をここでネタにできません。
香田氏の死は痛ましいもので、無辜(かどうか疑問だが)の日本人の首をはねたテロリストを大いに非難し、蔑み、彼らの首もいつかははねられるだろうと思う。香田氏が24才になるまで育てたご両親の心痛は計り知れないものであろう。だが、どなたが書かれていたように彼は厳冬期の冬山にピクニック気分の夏用軽装で挑んだのだから、死はある意味、公平にやってくるし、やはりやってきた。結構、単純な話である。事件の背景について語り出せばきりがないかもしれないが、私にはそれだけの知識がないし、今回の件については本質的には自衛隊派遣の是非、日本政府の方針など関係がない。
生きるための努力・誠意を示さないものに対して神は公平な判断をなさったようだ。彼がイラク平和や世界の平和を願っていた保証・裏付けは何もないのではないか。ひょっとすると、イラク珍道中日記を書いて一稼ぎしたかっただけかもしれない。
彼の死を悼むことに何の異論もないが、彼が何かを考えてイラク入りしたかのような幻想・捏造をマスコミが作ることは断固として拒否せねばならない。






Last updated  2022/04/04 03:07:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
2004/10/31
親御さんの悲しみを思うと不謹慎な発言は控えようと思ったが、我慢ならない。あえて言おう。

死亡がはっきり確認されてよかった。生死不明でだらだらと時が流れたら、かなわない。彼に対する世間の見方・評価もますます悪くなるだけだろうし。
なお、私は決してテロを容認してるわけではない。憎むべきは自衛隊ではなく、テロリストなのだ。当たり前の話、幼稚園児でも30%は理解するだろう話だ。


朝日新聞の死亡確認記事はこれ






Last updated  2022/04/04 03:07:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
2004/10/27
テーマ:戦争反対(1148)
発言をTVで聞いたとき、この父親は何を言っているのか理解できなかった。小生とは自分のことだろうが・・・。あれあれ、自分探しのバカ息子の名前だったんですね。

しょうせい(証生)君。死は近いかもしれないが、もしそうなっても君の責任だ。日本はそれどころではない。新潟県中越地震の被災者の命、心、生活の方が君の命よりも1000万倍重要だ。






Last updated  2022/04/04 03:06:48 PM
コメント(1) | コメントを書く
2004/09/25
テーマ:戦争反対(1148)
というアンケートデータらしきものの提示を含む伊藤めぐみさん(又は浅見裕子さん)の書かれた記事がDAYS JAPAN10月号に載っているらしい。ソースはルーチェmmsさんの日記です。伊東さんの記事なのか浅見さんの記事なのか、よく判りません。ゴメンナサイ。タイトルに挙げた90%云々の根拠、裏付けをルーチェmmsさんにお尋ねしているが、現時点では反応がありません。素朴な印象として90%は嘘くさいですね(笑)。






Last updated  2022/04/04 03:11:26 PM
コメント(5) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.