000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

地を這う虫

PR

全9件 (9件中 1-9件目)

1

出張・仕事・旅行など

2005/10/25
XML
岩手出張の折り、車の中からイギリス海岸の看板が見えた。イギリス海岸とは何ぞやと興味を惹かれて行ってみた。イギリス海岸の命名は宮澤賢治で、実は海岸ではなく北上川の泥岩が露出しているところがドーバー海峡の海岸をイメージさせるということで命名したらしい。
川岸(=イギリス海岸)におりてブラブラしていると、川面からバシャバシャと魚のたてる音が聞こえ、魚の動きが見えた。5~60cmくらいの魚がきれいな水を通して見えた。こいつは鮭なの? 鮭の遡上を初めて見ました。ちょっと嬉しかった。
ここで鮭の遡上動画(QuickTime)を見られるようです。






Last updated  2022/04/04 03:28:46 PM
コメント(0) | コメントを書く


2005/07/02
テーマ:中国&台湾(3468)
何気なく古いアルバムを見ていたら中国出張時に撮った写真におもしろいものを見つけた。20年ほどの前に上海で撮った写真です。人民解放軍のミグ戦闘機?が街灯になってます。当時の上海はどこか退廃的な雰囲気があってなかなか良かったです。それ以降、中国には行ったことがないし、反日共産党独裁情報統制警察国家の中国に行きたいとも思わない(笑)。

china

この写真はCONTAX Tで撮った写真のプリントをスキャンしたものです。CONTAX Tはつぼにはまると素人写真とは思えないほど凄みのある良い写真を撮れたカメラでした。その後、USで置き引きにあってこのカメラを紛失してしまいました(爆涙)。






Last updated  2022/04/04 03:29:50 PM
コメント(2) | コメントを書く
2005/05/02
テーマ:たわごと(25252)
先日、仕事関係のつきあいで結婚披露宴に出席した。披露宴に出席するのは7~8年ぶり。最近は仕事で深夜帰宅が続いているが宴の前々日に心配になり略礼服をチェックした。結果、略礼服はなんとか着られそうだが、白いネクタイが行方不明でありません。こりゃいかんと、宴の前日に購入して一安心していたら、上司からポケットチーフはあるの? と聞かれた。そんなもん、ありませんよ。必要なんですかと尋ねると、必須とは言わんがあった方が望ましいとのご返事。こりゃいかん。宴の当日に会場のホテル近くの三越で金1050円也で購入。当日は天気が良すぎて略礼服には暑かった。会場に着くと汗だく。
宴が始まり、主賓の大学教授のスピーチが始まった。教授のポケットにはポケットチーフなどなかった。末席の私にポケットチーフなど不要だったのだ。結婚披露宴は新郎新婦並びにご両家を祝福する気持ちがあればいい。ポケットチーフなどどうでもいいではないか、 と思った次第。






Last updated  2022/04/04 03:46:47 PM
コメント(1) | コメントを書く
2005/04/22
テーマ:たわごと(25252)
私は新幹線にはよく乗る方だと思う。JR東海の優良顧客の一人かもしれない。悲しいかな、年末年始やGWなどの特別の事情がない限りグリーン車には乗れない立場だ。乗るのは自由だが、普通車との差額は自腹だから(涙)。

喫煙車両のC席の指定券をとり「のぞみ」に乗ると、B席にとんでもない奴がいた。B席の分際でA席の右側の肘掛けとC席の左側の肘掛けの両方を100%占有している極悪人だ。B席の指定券を持って「のぞみ」に乗り込む人間は自分はA席とC席の間の良好な空間におじゃまする迷惑で弱い立場であることを認識しなければならない。それが金曜日夕方以降の混雑する新幹線喫煙車両における暗黙の、しかし『絶対的なマナー』だ(笑)。

話は変わるが、昨晩の巨人vs阪神の試合で清原が大量得点差での二死満塁カウント2-3だったら直球勝負せんかいや と「球界の暗黙のルール」に基づいて文句を言ったらしいが、そんな「暗黙のルール」って本当にあるのか。直球勝負しようが、フォークやパームやナックルで翻弄しようが相手側の自由だと私は思う。

話を戻すと、私はC席左側の肘掛けを奪還すべく実力行使に出た。自分の肘をB席の奴の肘にぐいぐいと押しつけた。しかし、こいつはB席の右側の肘掛けを1%もあけわたすことはなかった。やはり、言葉ではっきりと「てめえー、ええ加減にせいや。この肘掛けはおまえのもんやないど。わしにも最低半分はよこさんかいや。左腕と左肩が疲れて病気になったら、どないしてくれるんや。おー。おっさんよ」と言うべきだったのだ。殴り合いの喧嘩になるかもしれないが、近接する迷惑な奴には言うべきことを言って、自分の権利・利益・健康を守らねばならない。なお、B席の男は中国人ではなかったようだ(笑)。






Last updated  2022/04/04 03:31:25 PM
コメント(4) | コメントを書く
2005/03/08
テーマ:たわごと(25252)
「お客様のご都合によりこの電話は現在使用できない状態となっております」という無機的な合成音が電話から聞こえてきた。業務に使う機器が納期を大幅に過ぎても届かないので、販売代理店に電話したら、この始末。頭にきました。ネットで他の営業所の電話番号を調べて電話すると京都営業所は全く同じ反応。「お客様のご都合により・・・」。怒り。気を取り直して京滋営業所にかけると若い営業マンが電話に出てきて本社に連絡して折り返し電話させます と言ったが、結局その後何の連絡もなし。京滋の営業マンは会社の状況を全く把握してないようだ。人のことは言えんが(怒)。
こりゃ、やばい。逃げられたわ。と、メーカーに電話すると、メーカーの営業マンは早速代理店に自転車(笑)で走ったようだ。電話料金未納のため、NTTに電話を止められたということが判明。事実上の倒産だろう。






Last updated  2022/04/04 03:45:14 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/02/23
テーマ:ニュース(97498)
先日開港した中部国際空港を仕事で訪れた。ターミナルビル内に飛び立つ航空機を見ながら風呂に入れるところがあると聞いて、うろうろしたらあった。「宮の湯」というらしい。平日なのに40分待ち。冗談じゃない(笑)。ともかく、人が異常に多い。観光客、見物客の老人であふれている。まあ、年寄りには平日・休日は関係ないわな。宮の湯前の異常な人混みは↓。

miyanoyu






Last updated  2022/04/04 03:32:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
2005/02/17
テーマ:たわごと(25252)
を見た。日付が変わる頃にやっと「なか卯」で夕飯を食べた。5日間ほどの期間限定メニューとのことなので、大盛り+卵を頼んでしまった。吉野家では卵を「ぎょく一丁」と店員が叫ぶが、なか卯では「こだわりなんとか卵なんとか」と叫んでたようだ。
夕飯をすましてから駐車場に戻ると117クーペが動き始めたところだった。夜だから細かいことは判らないが、きれいな117だった。ドライバーは60前後の男。117の3角窓とカーブしていないサイドウィンドウ窓ガラスが好きなんですよ。勿論、全体のデザインも大好きですが。

117






Last updated  2022/04/04 03:32:39 PM
コメント(2) | コメントを書く
2005/02/13
テーマ:たわごと(25252)
USに駐在中の学生時代の友人が久しぶりに帰国したので、彼の日本宅を連休を利用して訪れた。神奈川県内のとある町だ。日本全国から6人の友人が集まり、思い思いの手料理を作り、酒、焼酎、ワイン、ビールを楽しんだ。ある者はパスタ、ある者は和風のおつまみ・肴、ある者はクスクス、ある者は新鮮な烏賊の塩辛、ある者は鰺のたたき、ある者は讃岐の生うどんetc、楽しい一時を過ごした後、私は帰途についたのであるが、京急で横浜に戻り、JR横浜駅で新幹線に乗るために新横浜の駅までの切符を買おうと券売機前の路線図を見たが、「新横浜」が見つからない。何故なの?
私が二日酔いで見逃しのかもしれないが、適当に150円位の切符を買い駅に入り、見回すと緑の横浜線の名前があり、一安心。ホームに上がると京浜東北線の水色と横浜線の緑色の半々のカラ-の看板があった。緑色の電車を待ちつつ、水色の電車を何本もやりすごした。いくら待っても緑色の電車は来なかった。駅員に聞くと隣の駅で乗り換えだと言った。私は・・・・・・と言いつつ、家へ帰った。田舎者に横浜は冷たい町だったぜ。






Last updated  2022/04/04 03:32:57 PM
コメント(8) | コメントを書く
2004/12/14
テーマ:Jazz(1887)
出張でよく泊まるホテルの最寄りのターミナル駅のコンコースで2人のギタリストが演奏していた。この駅では定番?の「ゆず」志向フォークバンド、津軽じゃみせん、中南米音楽、Jazz Sax Soloなど結構多様な音楽を聞いた記憶がある。
今夜聞いたギター2人はそれぞれフルアコとソリッド(って今も言うのかな?)を弾いていたが、圧倒的にフルアコが巧かった。結構いい音楽だったので、ギターケースに500円ほど入れようかなと思いつつも、距離を置きつつ「タダ聴き」した後ホテルへ向かった私は自己嫌悪感を抱いて寝ることにする。






Last updated  2022/04/04 03:37:28 PM
コメント(0) | コメントを書く

全9件 (9件中 1-9件目)

1


© Rakuten Group, Inc.