000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

地を這う虫

PR

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

小説・本・雑誌など

2022/04/28
XML
会社帰りに、古コミック、古ゲームソフト、古DVD・CD、古本などを売ってる店に立ち寄りました。
古本の特価品コーナーをチェックすると池波正太郎先生の​「鬼平犯科帳(1)」​の文庫本がありました。税込み110円也。

痛み、日焼けなどはほとんどない美本だったので、これは買いだなぁと思い特価品コーナーを引き続き物色しましたが、興味をそそられる本は見当たらず。この1冊だけ買うのもアレなので、作家別コーナーの通常価格文庫本コーナーをチェックしました。すると、池波先生の​「池波正太郎の銀座日記(全)」​の文庫本を発見。こちらもほとんど痛みのない本で税込み150円也。

2冊を買って帰りました。



どちらの本も既読ですが、今は手元に本はありません。子供が成長するにつれて、私の蔵書スペース(正直なところ、蔵書といっても単行本が100~150冊くらい、文庫本が数百冊くらい、専門書が数十冊、○○学会誌が数百冊くらいなもんですが・・・)が家庭内圧力でどんどん狭められ、結果的にはほぼ全ての本は廃棄処分になりました。。。

まぁ、専門書も学会誌も自宅ではほとんど読まないサボリーマンなんですけど、今となってはJazz関係の単行本10冊以上は今は入手困難なので(多分)、もったいないことしたな~~と思っております。

で、今日買った池波先生の文庫本2冊。

「銀座日記」の方は、演劇評、映画評、寿司屋評、レストラン評、天麩羅屋評、ホテル評等等の銀座絡みのエッセイです。まぁ、先生は馴染みの店しか行かないので(多分そうだったと記憶します)、いろんな店の情報が得られるわけでは全くなく、先生が好む店について詳細に書かれていたと記憶します。

演劇評については私は全く判りませんが、映画評については私が見た映画については私の印象・感想とかなり近い評を先生は書かれていたように記憶します。

まぁ、150円なら絶対買いでしょう。

「鬼平犯科帳(1)」については、私ごときがいろいろ書くような本じゃないでしょう。
全8話のうち、「血頭の丹兵衛」、「老盗の夢」、「暗剣白梅香」、「むかしの女」はTVドラマで何百回と放送、再放送された名作ですわな。

​今日一番びっくりしたのは、この文庫本の解説を植草甚一が書いてることでした。​
記憶になかったなぁ~~。とりあえず、植草氏の解説を先に読んで、後は「つんどく」にしておこうかいな(苦笑









Last updated  2022/04/28 11:31:05 PM
コメント(0) | コメントを書く


2022/02/11
一昨年の4月~5月のCovid-19緊急事態宣言下での在宅勤務時に葉室麟の小説を5~6冊くらい読みました。全て文庫本の古本です。緊急事態宣言解除で通勤しなくちゃいけなくなったり、さすがに多少飽きてきたことあって「この君なくば」の2/3くらいまで読んだ後放置中です(苦笑)

その後、重松清の小説が原作の映画「恋妻家宮本」をネット動画で観て、そこそこ面白かったからブックオフで原作の「ファミレス」を買って読み始めましたが、30~50頁くらいでストップしたまま放置中。

で、
最近、古本屋で桜木柴乃の小説「ホテルローヤル」の文庫本が200円で売っていたので買いました。直木賞受賞時から興味はあったので・・・。1~2年前に「映画」も封切されたし・・・。あ~~~映画は勿論観ていません。さきほどamazon primeをチェックしたらレンタル料金100円で観られるようですが、無料になるまで待つつもりです(笑) 予告編を観る限り、原作小説には無い話も盛り込まれてるような感じがします。




小説の感想を書く能力、文章力は残念ながら私にはありません。「ホテルローヤル」に関連した以下の7つの短編の連作集です。

「シャッターチャンス」
「本日開店」
「えっち屋」
「バブルバス」
「せんせぇ」
「星を見ていた」
「ギフト」

最初の2編、「シャッターチャンス」と「本日開店」を読んだ感想としては、あまりに暗い内容なので後の小説は読まずに放置しようかいな、と思いましたがなんとか完読しました。
桜木柴乃さんの父親が実際にラブホテル「ホテルローヤル」を経営していたこと、彼女が実際に客室の清掃業務などに従事していたことは背景情報として知っていますが、まぁ小説の読み方、楽しみ方との本質的関係はないと思います。

出来の悪い小説とは決して思いませんが、彼女の他の作品をもっともっと読みたいなぁとは思いませんな。
次は、以前単行本で読んだことのある原寮(寮は当て字、google IMEでは該当する漢字がないので)の「愚か者死すべし」を読もう。これも古本屋で購入した文庫本。こっちは150円也(苦笑)








Last updated  2022/04/04 01:50:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/10/02
先日、古本屋に何気なく立ち寄りハードカバーのコーナーを見たら、原 尞の新作があったので、とりあえず買ってきました。250円でした。
10年以上前の東京在住時に一時、原尞の小説ばかり読んでいました。長編小説の4冊、短編集の1冊の計5冊。古本、新品が混在してたように思います。新品は高いので古本屋を探すのですが、原尞はメジャーな作家ではないので、なかなか見つからず仕方なく新品も買ったはずです。

エッセイ集「ミステリオーソ」も読みたかったが、古本では見つけれず、新品は高いので断念(笑)
小説は中年私立探偵・沢崎を主人公とする探偵小説・ハードボイルド小説で、内容についてはほぼ全く記憶にありません。まぁ、ミステリー要素、謎解き要素はたいしたことなくて、要するに「ハードボイルド」「西新宿の猥雑さ・混沌さ、ヤバさ」あたりの雰囲気を楽しむ小説だったように思います。



以下の記載のように長編小説の4作目「愚か者死すべし」から今回買った新作「それまでの明日」までに14年間という長いブランクがあります。才能が枯渇したか、アル中又は〇中にでもなって書ける状態ではないのかなぁ、なことを東京在住時には思っておりました。

一応頭の片隅に原 尞の新作のことが残っていたので、見つけた際に「新作」であることはすぐに気付きましたわ。

まぁ、とりあえず新作を確保できたので一安心。ということで、多分なかなか読み始めないと思います。最近は オリックス・バファローズの野球観戦・応援(主にパリーグTV)やamazon prime videoによる映画鑑賞に時間をとられる事が多いですので・・・。

あ~~~、「それまでの明日」の画像背後に映っているのは、フリージャズ・ピアノの巨匠セシル・テイラーのソロピアノLPです。
先日未整理のレコード収納棚からなんとなく抜き出した10枚くらいのLPの中にたまたま含まれていました。抜き出したけど聴いてはいません。多分30年以上は聴いていないLPです。フリージャズなので気合を入れないと聴けませんよ。

原 尞は以下のwiki.にあるように「大学卒業後上京。フリージャズ・ピアニストとして活動し・・・」とあるので、フリージャズ・ピアニストに敬意を表する意味で画像に入れました。

"Silent Tongues/Live at Montreux '74/  Cecil Taylor"
https://en.wikipedia.org/wiki/Silent_Tongues

-------------  Wiki.からの引用(一部編集含む)-------------
原 尞(はら りょう、1946年12月18日 -)
日本の推理作家。本名は原 孝。佐賀県鳥栖市生まれ。福岡県立福岡高等学校、九州大学文学部美学美術史科卒業。福岡高校の同期に医師の中村哲がいる。

【経歴】
大学卒業後上京。フリージャズ・ピアニストとして活動し、高木元輝や阿部薫らと共演した。1971年、日本幻野祭に高木元輝トリオのメンバーとして出演。このときの演奏は『幻野』のタイトルでレコード化されている。その後、帰郷して執筆に専念、1988年、西新宿に事務所を構える中年私立探偵・沢崎を主人公とした『そして夜は甦る』で作家デビュー。
以下、省略

【作品】
長編小説
 ・そして夜は甦る(1988年4月 早川書房)
 ・私が殺した少女(1989年10月 早川書房)
 ・さらば長き眠り(1995年1月 早川書房)
 ・愚か者死すべし(2004年11月 早川書房)
​​ ・それまでの明日(2018年3月 早川書房)​​
短編集
 ・天使たちの探偵(1990年4月 早川書房)
エッセイ集
 ・ミステリオーソ(1995年6月 早川書房)
    ※「ミステリオーソ」はモダンジャズ・ピアノの巨匠セロニアスモンク作曲の有名な曲
-------------------------------------------------------------
(以上は、wikipedia の記述を私が少し編集を加えて引用した文章)






Last updated  2022/04/04 02:24:46 PM
コメント(1) | コメントを書く
2006/05/06
TSUTAYAで古本を購入。315円也。金正日が2001年に「シベリア横断超特別列車」で訪露した際の取材記である。宮嶋の文章は大変おもしろいが、取材対象の金正日はアジアの最貧国の世襲独裁者らしく、読んでいても不愉快極まりない豚野郎だ。
金正日を狙え

まだ、全部読んだわけではないが、私がおもしろかったは第3章ババア記念日だ。
オムスクでの取材時に撮影場所を借りたアパートの婆さんはタフな婆さんだったようだ。宮嶋が書くようにKGBの元女スパイかも。以下に元女スパイ?に関する文章を引用しておきます。プーシキン図書館から出てくる金正日のズル禿頭を撮るために14階建てアパートの最上階に住む婆さんの部屋に宮嶋と読売新聞モスクワ支局の花田記者が潜んでいる時の話である。婆さんは金正日を撮れる方向の窓を思い切り開いて見物していたので、ミリツィア(民警)に見つかったのである。その後の話が以下の展開となる。

<引用開始>
ババアはヨロヨロと窓際の椅子から立ち上がった。
「ドドドン!ドドン!」
再び一段と激しくノック!
「早く開けるビッチ!、ミリツィアですノフ!」
その瞬間、私は生まれて初めて、オノレの心臓が一瞬だけ止まったのを自覚した。まさか?絶対に見つかっていないハズである。少なくともカメラと私自身は・・・。
「ヘ? クト(誰)?」
ババアはやっぱり耳が遠いのか、聞き返した。そうでないとしたら大した度胸である。もはや、これまでである。ここに入るときに見つかっていたのか、それともあの10センチの隙間か。私と花田記者は互いの目を不安げに見つめあった。ヨタヨタとスリッパを引きずりながら、ワンピースの衣擦れの音とともに、ババアは平然と玄関に向かった。
「待っとくれノフ! 何だい。いったい? 今開けるスカヤ・・・」
その言葉を発しながら、ババアは信じられない行動に出た。我々二人分の男物の靴を下駄箱の中に隠したのである。このババア・・・、耳は遠いし、半分ボケとる様子なのに、とてつもないタヌキである。こうでもないと、あの社会主義政権下を生き残ってこれなかったのであろうか。いや、もしかしたら、モスクワで失脚してシベリアに流されてきた筋金入りの元政治犯ではあるまいか。
「ハイハイ! 何かね?」
ガチャリと開錠する音がし、ドアが数十センチ開いたのが、次のミリツィアの声でわかった。
「バブーシカ! お一人ですか?」
このまま踏み込まれたら・・・、もはや誤魔化しようがない。こんな年金生活者の部屋に東洋人が二人。しかも3脚と超望遠レンズが居間の真ん中でジャケットにくるまれてはいるが、デーンと居座っているのである。
「当たり前じゃないかい? いったい何だね?」
「先ほど窓を開けて外を覗いておられましたね?」
部屋の隅で私はただ震えるだけであった。チビリそうである。口から心臓が飛び出しそうである。なんちゅう因果な仕事や・・・。
「当たり前じゃないかね。外は大騒ぎじゃないか? いったい何の騒ぎだね?」
「本当にお一人ですか?」
「何だね? 中に入りたいのかい?」
「・・・・・・」
顔から玉の冷や汗が流れ落ちる。
「いいえ! 間もなく終わりますので、しばらく窓に近づかないでいただきたい」
「何だね! 偉そうに! 私はこれでも大祖国戦争(対ドイツ戦)を経験しているだよ! なんて口の利き方だよ!」
(ババア、いやお婆様、もうそれ以上絡まんで・・・)
「ダスビダーニャ(失礼しました)」
再び、厚いドアが閉じられたのが、廊下を渡ってきた風の流れでわかった。
ガチャリという施錠の金属音で全身の力が抜けた。大したもんである。年の功なんて生易しいもんではない。このババア、絶対に只者ではない。若い頃、相当な修羅場を踏んできたのであろう。ひょっとしたら、KGBの女スパイだったのかもしれん。
「ほんとに近頃の若者ときたら・・・」
ババアは何事も起こらなかったように居間に戻ってきた。
「ニェットプロブレム(大丈夫だから)」
おそらく顔面蒼白だった私をあやすように言った。スゴい・・・。重ね重ねスゴい・・・。あんなこと、この百戦錬磨の不肖・宮嶋ですらビビるっちゅうのに、もう大丈夫ときた。

<引用終わり>

不肖・宮嶋氏が撮った金正日のガニ股歩き↓
豚

朝鮮労働党の幹部バッジを胸につけた喜び組の女達の画像はこちらで見られます。






Last updated  2022/04/04 02:32:28 PM
コメント(2) | コメントを書く
2006/05/01
数年前に知人から新居を建てたから遊びにこないか とのお誘いを受けたのでお祝いを持って訪問した。家の近くまで来てみると頭上に関西電力の高圧送電線が走っていた。家に着いた。玄関先から水平距離約20mのところに送電線鉄塔が建っていた。
友人曰く、「この地域は結構地価が高いのだけれど、ご覧のとおり送電線が近くにあるのでこのあたり一画は結構お手頃価格なんや。送電線の近くというのは気分のいいものではないが、土地付き一戸建てを持てると思ったら、気にしておれんわ」でした。
知人の子供はこの家を購入した時点で中学生と小学校高学年の二人。既に家を購入した知人に高圧送電線の発生する低周波電磁界と小児白血病の発症リスクについて語ることは避けておいた。

週刊文春の4月27号を今日読んだところ、室井滋の「すっぴん魂」に送電線と鉄塔近くに建つマンションの購入是非に悩む室井の知人の話が載っていた。結論としては、購入予定マンション及び知人夫妻が以前住んでいたマンション(この建物近くにも送電線がある)で電力会社に電磁界強度を測定してもらったところ、購入予定マンションが1.7ミリガウス、以前住んでいて知人夫婦に健康被害がなかった(らしい)マンションで10ミリガウスとの測定結果であり、電力会社係員による説明で、「一般家庭内の生活環境には、例えばテレビは1~20ミリガウス、エアコンが10ミリガウス、高いのではヘアドライヤーが20~500ミリガウスとか説明され、送電線を心配されるなら、むしろ家の中の方が凄いですね」、「WHOが示す見解では5万ミリガウス以下では有害な生物学的影響は認められない」と説明され安心したとある。

国立環境研究所(国立とついているが独立行政法人なんです)のサイトから以下に引用します。

電磁波の種類

現在、人体への影響などが問題になっている一般生活環境中の電磁波は、可視光より周波数の低い領域です。まず、携帯電話(アナログでは800メガヘルツ帯、デジタルでは1.5ギガヘルツ帯)や電子レンジ(2.45ギガヘルツ)などが出す「電波」は、その信号が医療機器の誤動作を引きおこす可能性と、発生する熱が人体に与える影響が問題になっています。送電線や配電線から出る「超低周波」領域(50~60ヘルツ)では、磁界が問題となっています。磁界の強さは、高電圧の送電線の真下でも最大200ミリガウス程度ですが、地磁気では500ミリガウスもあります。しかし、地磁気が瞬時に大きく変化することはありませんが、送電線の交流がつくる磁界はその向きが1秒間に50~60回変わり、大きさもたえず変化しています。人体への影響について注目されているのは、この「変動磁界」なのです。10ミリガウス(1マイクロテスラ)よりも小さい値の変化が、小児白血病の発症との関連などで問題視されています。

引用終わり

小児白血病と低周波電磁界については、科学技術庁(当時)の予算約7億円を使った国立環境研究所の兜主席研究官が責任者となった精緻な疫学研究があります。この研究成果はここをよく見ればDLできます。低周波電磁界の有無で小児白血病のオッズ比は2(発症確率が2倍)というのが兜班研究の結論です。小児白血病の発症率自体が多分相当低いこと(よく知りませんが・・・)や低周波電磁界と小児白血病に有意な関係があることを政府が公式に認めることになれば、極論に至ればとんでもない対策費(例えば、人が住んでいる地域の高圧送電線を平行2本線にして2本に180度の位相差を与えて電磁界をキャンセルする)が必要となります。だからかどうか判りませんが、週刊金曜日の記事にあるように、兜班の研究は文部科学省の評価で評価項目全て(11項目)で最低ランクと評価され、研究は継続されませんでした。小児白血病の発症リスクが2倍になることへの行政対応をどうすべきかの議論は多々あれど、約7億円を要した兜班の精緻な研究に対して文科省が下した最低ランク評価は、週刊金曜日が言うように「政治的評価」であることはまず間違いない。
結論としては、室井滋の「すっぴん魂」を読んで送電線近くのマンションを買った夫婦に赤ん坊が生まれたら、上記のようなリスクがある可能性が高いということであり、室井のエッセイは罪深いものになるかもしれない ということです。

送電線






Last updated  2022/04/04 02:38:57 PM
コメント(8) | コメントを書く
2006/04/12
一ヶ月ほど前にTSUTAYAで買った。157円也。全く知らない本で新品のようにきれいだったので最近の本かと思ったら、1995年10月発行とありました。大江がノーベル文学賞をとった頃の古い本でした。私は本多勝一(通称ホンカツ?)と大江健三郎(通称オーケン?)は仲良しだと思っていたが、そうではないのですね(笑)。無知でした。大江の生き方を本多が批判していました。本の内容で最もびっくりしたのは、この大江批判を週刊金曜日に発表したころの読者投稿がこの本に転載されているのですが、大江擁護派の多いこと多いこと。
大江の本は「万延元年のフットボール」以降は私の日本語読解能力を超えたので読んでいませんから彼の小説のことはよく知りませんが、彼の生き方の「うさんくささ」はあの丸メガネに象徴されていると思います。
人生






Last updated  2022/04/04 02:39:22 PM
コメント(4) | コメントを書く
2005/04/09
雑誌penを本屋で立ち読みした。きれいなグラビアが豊富なのに500円と安い。だけど、広告に超高級品のブランド時計やバッグの類が多く、恥ずかしい(意味不明)ので買わなかった。

pen






Last updated  2022/04/04 02:49:23 PM
コメント(2) | コメントを書く
2005/01/06
医学的に楽しくやせる本」(小野博通著、ちくま文庫)という本は既に2回読んだ記憶がある。古い本だから最新の医学理論と異なる話があるかもしれない。印象に残っているのは、「**歳(**は思い出せない)を超えた老人はすべて鶴のように痩せている。太った老人は**歳までは生きられないからだ。」、「外科医にとって肥満体の皮下脂肪の醜悪さは耐え難い(といった主旨)」といった事だけ。暮れから正月にかけての暴飲美食?のつけが身体にきて、かなり太った。この本を改めて読んで、醜悪な皮下脂肪を減らしたいと思うが、読んだだけでは何も変わらない。結局、食生活と運動。やれそうもない。






Last updated  2022/04/04 02:56:50 PM
コメント(2) | コメントを書く
2004/12/11
テーマ:ニュース(97498)
高校生相手に野球指導?を行ったとかどうとか。
立浪と言えば、強○(kan)・恐喝で告訴されておる身ではなかったか。最近はこの件に関する週刊誌記事を見たことがない。中日新聞の工作の結果かな。読売の過去記事はこちら。中日新聞は朝日新聞に遜色ない中国・韓国・北べったり新聞、平和・人権命新聞だが、身内の選手なら女性の人権に対する最大限の侮辱・侵害である強○(kan)でもOKなんだね。

週刊ポストの記事はこちら。立浪に被害者A子さんを紹介したのは、ある中日選手の夫人と記事で読んだ記憶がある。A子さんはこの夫人の後輩にあたる立場らしい。だから、夫人の顔をつぶさないように振る舞っているうちに、立浪の毒牙にかかったとされている。この中日選手って誰なんだ。






Last updated  2022/04/04 03:00:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
2004/10/25
多分、内藤陳氏に間違いないだろう。スリムで粋なハットをかぶった親父だった。深夜プラス1を最近読み終えたところなので、氏の顔のイメージが頭の中に残っていたので、車中でチラリと見た瞬間判った。
ハードボイルドだど・・・。
内藤陳






Last updated  2022/04/04 03:08:12 PM
コメント(0) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.