000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

地を這う虫

PR

全8件 (8件中 1-8件目)

1

釣り

2022/06/03
XML
カテゴリ:釣り
半年以上釣りに行っておりません。

ここ数年の冬季はメバリング(メバル狙いのルアー(ジグヘッド+ソフトワームやハードルアー)釣りのこと)をほぼNight専門でやってました。冬季の夜はさすがに釣り人は少ないのですが、それでも好ポイントにはエサ釣りのウキ釣り師が先客で陣取ってることが多いです。
そういう釣り師の横でメバリングやる場合、挨拶がてら(ラインのオマツリ(両者のライン、仕掛けが交差したり、絡まったりするトラブル)が発生する可能性があるので、その際にお互いが喧嘩腰の対応にならないための仁義切りの意味を含みます いわゆる善隣外交ですな 笑)こちらから話しかけることが多いです。もちろん、見た目がヤバそうな釣り師の場合はこちらから話しかけませんし、基本そういうヤバそうな人の隣で釣りはしません(笑

で、ベテランのエサ釣り師はでかいメバルを時合いにはポンポン釣り上げたりします。こっちは、疑似エサだからなぁ~~とため息つきながら、メバル、他の魚の反応が皆無でも「修行僧」のように真っ暗な海に向かってルアーを投げ続けます。そうすると、釣りの神様が不憫に思ってか、たまにはでかいメバルがルアーに食いつくように差配してくれます(苦笑

昨年12月~今年3月くらいまでは例年以上に仕事が多忙だったこと、例年になく寒い冬(→水温低下が厳しかったこと)でネット情報ではメバリング釣果がかなり不調みたいだったこと、そして人間にとっても寒い冬は釣行モチベーションを低下させること、から全く釣りにいかずに終わりました。

で、6月になり日中は結構暑くなってきました。水温もだいぶ上昇してきてるよな~~、そろそろ春アオリイカ・シーズン開幕だよな~~、とボンヤリ思っていたら、なんと、顔見知りのベテラン名人エギンガーが私のホームグラウンドの場所で1.2kgのアオリイカを釣っておりました!(ネット情報で発見)。

この人、釣るんだよな~~、以前少し話した際にエギング歴は20~30年みたいな話しぶりだったなぁ。日中でもデカイアオリイカを春でも秋でも釣るんだよな~~。名人、恐るべし。

​名人のアドバイスは「潮目、潮のよれるポイントを狙えば、日中でもアオリイカは釣れるよ、そういうとこにアオリイカはおるから」でした。。。​

ヘボ・エギンガーの現実はなかなか厳しい。潮目ができるということはある程度潮が流れてるということだから、エギングの難易度は高いです。

なにはともあれ、海に出向かないと美味しいおいしいアオリイカさんはゲットできません。
そろそろ、エギング始動しないといけませんね。

あ~~~、自分の釣行記録専用ブログを確認したところ、去年、一昨年と春アオリイカを全く釣っておりませんな(苦笑
まぁ、3年に1回くらいは春アオリイカさんが釣れてくれても不思議ではないので、頑張りましょうかね。。。


↓ 春アオリイカ用の3.5号エギ

​これらのエギは有名メーカー品なので600~1000円/個くらいします。大型釣具店のセール時やamazonのシーズンオフ時の安値を狙って買いますが、それでも上記くらいの値段はします。
なお、初めての釣り場、潮が激流、底が荒くて根掛かり(ロスト)多発の場合は、ダイソーの100円エギを玉砕上等の斥候、特攻隊、突撃隊として使います(苦笑






Last updated  2022/06/03 10:39:26 PM
コメント(0) | コメントを書く


2021/11/15
カテゴリ:釣り
今日の夕方は風もあまりなく潮もとろい(遅い)予測だったので(長潮の満潮前後)、夕方から2時間ほどエギング釣行。人はそこそこいたが18時過ぎにはかなり人が減りやりやすい状況。

この釣り場では最近は潮止まりにしかアオリイカが釣れません。まぁ、名人エギンガーはそうじゃないんだと思いますが・・・

結果、ほぼ完全に潮が止まった18時半前後に2杯釣れました。
1杯目が見た目500g前後ある秋アオリとしては比較的良型だったので一安心。そのため私の殺気が消えたためか、20分ほど後に大型がヒット!!

さすがにかなりの引き。ゆるゆるに調整してあるスピニングリールのドラグをそこそこ締めないと寄ってきませんでした。

​楽し~~~い~~~!!​​​

帰宅後キッチンスケールで計量すると870gほどありました!!
800gオーバーを釣ったのは多分数年以上前の春アオリイカ以来ですな(苦笑) ヒットエギはどちらもヤマシタのエギ王ライブ ピンクマーブル3号です。

大きい方のアオリイカはかみさんの友人に進呈しました。この方の旦那さんが船釣り師で釣果(ほとんど青物)のお裾分けをいつも頂いているので、たまには・・・

1杯目 アオリイカ 牡 460g





2杯目 アオリイカ 牡 873g
ピンボケですが・・・(21/11/16 ↓の画像を追加)





​​


-------------------------------------------------------------
【2021/11/28 21:15追記】

先週の日曜日もエギングに出かけたのですが、丸ボウズ。イカの気配もアタリもなしでした。まぁ、30m以上離れたとこのエギンガーが遠目で見て400~500gくらいのアオリイカを上げていたのは目撃しました(涙)

で、今日はプロ野球の日本シリーズも終了してしまったし(号泣)、潮流も風況も良さげだったので16時過ぎからエギング釣行しました。

結果、終了間際に約670gのアオリイカがヒットしてくれました!!
元気なイカでかなり引きました。なかなか海面に浮いてきませんでした。​楽~~~し~~い!​​​

潮位が低いのでタモ入れに多少難儀しましたが無事確保。明日はアオリイカの刺身を八海山・特別本醸造の冷やで頂きます。まぁ、これからイカを捌かないといけませんが・・・

ヒットエギはエギ王K 3号、キャロットゴールド、真水洗浄してベランダで乾かしているエギを今確認するとイカに結構カジられていますなぁ。

アオリイカ 牡 667g






エギ王K 3号 キャロットゴールド イカさんに齧られてます










Last updated  2022/04/04 02:19:16 PM
コメント(1) | コメントを書く
2021/10/29
カテゴリ:釣り
春アオリイカは腰痛発症で1ヶ月以上釣行できずでボウズ。まぁ、腰痛がなくいつも通りに釣行していても1杯釣れたら大歓喜てなもんで、多分釣れてないでしょう(苦笑)
秋アオリイカは9/28以降5回釣行。一回あたりの釣行時間は2~3時間程度です。で、5回とも丸ボウズ(号泣)。 秋アオリは春に比べて格段に釣りやすいのになんで釣れないのん?? と苦悩しておりました(笑)

で、今日、現場仕事から直帰して日没時刻から2時間弱エギング釣行しました。風も潮も良さげだったので・・・。
やっと、釣れました!!
今年初めてのイカ釣果。秋アオリ釣行6回目でやっとボウズ脱出です。アオリイカ2杯、コウイカ1杯です。それぞれ300g前後の個体で3杯合計でのキッチスンスケールの計量結果は879gでした。
1杯目は久しぶりのコウイカ(多分去年は釣っていない)で全く引かない。重いだけ(苦笑) 久しぶりのイカなので、びびってタモ入れ。

タモがコウイカの墨で汚れたので、どうせ洗わないといけないからと、その後釣れたアオリイカ2杯もタモ入れしました。300gでもアオリイカは結構引きます。楽し~~~い。この感覚を全く忘れてましたわ。

あ~~~、300g程度の小さいイカにタモ入れしてる姿を顔見知りのベテランエギンガーに見られたら、めちゃ恥ずかしいところですが、今日は平日なので釣り場はガラ空きでした。
使用したエギはヨーズリのアオリーQ・RSの3号、ピンクゴールドです。

久しぶりにイカを捌いたので3杯で1時間以上かかりましたわ。明日、日本酒とともにイカ2種盛の刺身をいただきます。。。

1杯目 コウイカ


2杯目 アオリイカ


3杯目 アオリイカ









Last updated  2022/04/04 02:20:14 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/06/19
カテゴリ:釣り
昨年の春イカ狙いのエギングは5月中旬から7月下旬まで計12回釣行しました。全て夕方以降の釣行です。釣果は820gと125gのマダコのみ。アオリイカさんのアタリ(イカパンチなどアオリイカによる何らかの反応)も皆無だったと思います。
タコさんもおいしいのですが、やはりアオリイカさんを釣りたい。刺身を食いたい。ゲソやエンペラのニンニクバター炒めを食いたい。てなことで、今年も修行のような春イカ・エギングに出かけます(笑)

釣行毎に内容を追加更新していきます。
今日は長潮で夕方の潮流が激流ではなそうなので、釣行予定です。今日(2021/06/19)時点で2回釣行済み。当たり前のように、釣果なし、アタリなし、周辺のベテラン・エギンガーも釣果なしです。まぁ、この釣り場では1kg以上のアオリイカが最近釣れていることは確認済みなのですが、エギンガー100人に対して海中のアオリイカは1杯いるかどうかも疑わしい(笑)


1回目 2021/06/05(夕方)
 場所:H 潮汐:長潮 南風微風 釣果なし、アタリなし


2回目 2021/06/06(夕方)
 場所:H 潮汐:若潮 南風微風 釣果なし、アタリなし


3回目 2021/06/19(夕方)
  場所:H 潮汐:長潮 東風微風→北風微風 釣果なし、アタリなし
  30~40m離れた場所のエギンガーが500g前後のアオリイカヒット(潮止まり中)
  ヤマシタ エギ王ライブサーチ(旧型)3.5号 海藻帯で1個ロスト






Last updated  2022/04/04 02:28:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/01/05
カテゴリ:釣り
釣果が得られたら随時画像をアップし更新する予定です。
-------------
2021/01/04   ガシラ(カサゴ) 場所:O
小さなガシラですが2021年最初の釣りでボウズくらわないでほっとしました(笑)
画像がピンボケですが16cmです。これよりも小さいミニガシラ1枚も釣れました。どちらも撤収時にリリ-スです。
他にミニガシラっぽいのが1回ヒットしましたが途中で針ハズレ。他にも「落ちパク」(ワーム、ルアー等が着水後沈下中に魚がバイトすること)で魚がバイトしてたが、ワームを咥えて根に入ったような根係・バラシが1回。
最初は単純に根係りと思っていましたが、根係りを外すことを諦めてラインを切ろうとしてたらいきなり魚の引きを1~2秒間くらい感じました。しかし、対応が遅れて再び根に入られて結局ライン切れ。まぁ、でかいメバルではなくガシラだったと思います、多分。。。

ヒットワームはダイワのビームスティック2.2inch/蛍光レモン、リグは2.5gのキャロシンカー+0.6gジグヘッド。

ガシラ(カサゴ) 16センチ リリース


---------
2021/01/21   ガシラ(カサゴ) 場所:O
現場仕事から直帰して夕方からメバリング。
最近は日没が遅くなってきて17:30では未だ明るかった。好ポイントではフカセ釣り師が片付け始めていたが、とりあえず5m以上離れて釣り開始。
フカセ釣り師が撤収準備完了ぽかったので、声掛けし了解もらって好ポイントへ場所移動。
フカセ師と色々とダベりながらメバリング。場所移動して2投目くらいで何かがヒットするも途中でバラシ。多分ガシラ・・・。
フカセ師は50センチくらいのチヌ(黒鯛)を筆頭に何枚かのチヌを上げたらしい。まぁ、チヌは不味くはないけどそれほど美味い魚でないので裏山にはなりません。
で、フカセ師が帰ってから30分後くらいにガシラがヒット。
その後は徐々に東流れの潮が速くなってきたしバイトもないし根係でリグ全体をロストしたので撤収。
撤収30分くらい前にはアコウ狙いの浮き釣り師が現れて、色々喋ってると、彼はここで結構アコウ(キジハタ)を釣ってるらしく最大で47センチと言っていた。まぁ、話半分としても凄い釣果です。。。

ヒットワームはダイワのビームスティック2.2inch/氷河、リグは2.5gのキャロシンカー+0.6gジグヘッド。

ガシラ(カサゴ) 16センチ リリース









Last updated  2022/04/04 02:28:54 PM
コメント(1) | コメントを書く
2020/09/17
カテゴリ:釣り
連絡掲示板だけでは寂しいので(笑)、年末までの釣果画像をアップする場所を作りました。釣り師の端くれのエビンデンス公開の場です。
自身の釣果記録(ログ)として別ブログで詳細情報を記録していますが、釣り場所の詳細情報まで記載しているので非公開(まぁ、ネット上にアップしてるので非公開でもなんでもないんだけど・・・)扱いです。。。
釣果が得られたら随時画像をアップし更新する予定です。

-------------
2020/09/13   アオリイカ(極小) 場所:H
エギは2.5号のダイソーエギ(廃版のマーブルカラー)


-------------
2020/09/15   ケンサキイカ(極小) 場所:O
エギは2.5号のダイソーエギ


-------------
2020/09/22   アオリイカ(2杯合計で290g) 場所:H
エギは2.5号のダイソーエギ(糸錘巻き付けのDeepType) 他に100g前後のアオリイカ1杯の抜き上げ時にポロリ・バラシあり




-------------
2020/10/04   アオリイカ(2杯) 場所:H
エギはヨーズリ アオリーQエース(ラトル)2.5号のドットマーブルオレンジ(2杯とも)
iphoneのピントが何枚撮ってもなかなか合いませんでした。

140g


390g


-------------
2020/10/07   アオリイカ(2杯) 場所:H
エギはDuel 、ヨーズリの2.5号、先日のヒットエギ(アオリーQエース(ラトル)2.5号のドットマーブルオレンジ)を護岸際の根係りでロスト(涙)
暗くなると(フラッシュ必要な時間帯になると)iphoneのピントが全然合いません。

150g


440g ※以前アップした画像はエンペラが裏面に巻き込まれて隠れてしまいアオリイカに見えないものだったので、差し替えました。ピンボケ画像ですがアオリイカであることは明白です。
スレ掛かりのためタモ入れ時に暴れまくったイカなので激オコ、興奮状態なので体色が真っ黒けです。。。


上のアオリイカはエンペラへのスレ掛かりです。上記画像はヒットエギ(2.5号)を一旦外した後にイカのサイズ目安になるようイカの横に置いたものです。多分・・・。
アオリイカがエギを普通に抱いているとイカが引く方向はジェット噴射方向と逆方向で基本的に沖向きだけです。このイカはスレなので、横方向に動いてたので海面に上がってくるまでは魚かいな?と思ってました。
これくらいのサイズのイカだとタモ入れにそれほど苦労することはないのですが、海面付近でのイカが動きが通常とは違うので、手こずりました。一度はすくえたと思ってタモを引き上げたらイカが入ってませんでした(苦笑)。タモ網がイカ墨で真っ黒になったのでよく見えませんでした。ライトで照らしてますが、まぁ暗いし。エギがエンペラにがっつり刺さっていたので逃亡はされてませんでしたが、エギのカンナには返しがなにので、逃亡されていた可能性もあります。
この経験をちゃんと記憶しておくことにします。

-------------
2020/10/10   アオリイカ(1杯) 場所:H
エギはヨーズリの2.5号(オレンジ マーブル) 潮が反転するタイミングでようやくヒット

380g
iPhone 6S 撮影


NIKON Coolpix 3700(製造年 2003年) 撮影

-------------
2020/10/25   アオリイカ(1杯) 場所:H
エギはヤマシタの3号(オレンジ・マーブル バーゲン時に700~800円で購入) 止まっていた潮が動き出すタイミングでようやくヒット
時合到来!と焦ってるのでエンペラが胴体下に巻き込まれたまま撮影しています。ちょっと不格好なアオリイカになってしまった。ゴメンネ>アオリちゃん

350g
iPhone 6S 撮影


NIKON Coolpix 3700(製造年 2003年) 撮影


-------------
2020/10/26   アオリイカ(2杯) 場所:H
1杯目は300g、2杯目は70gのロリータイカ。ロリータは護岸際でエギをさびいてる(横方向に移動させている)時にバイトしました。触腕1本でエギのカンナに掛かっていて抜き上げた後にカンナから外れて護岸に空中落下したので、リリ-スしても生存確率が少ないので持ち帰りました(コレコレ
エギはハリミツの墨族3号(オレンジ・ゴールド)。前アタリっぽいのからイカがエギにアタックするのは判りました。ロリータの画像はなしです。やっぱ、iphone6sの夜間撮影はピントが全くダメダメですな(苦笑)

300g
iPhone 6S 撮影


-------------
​​​​釣果画像ではない番外編(備忘録)​​​
特別定額給付金(10万円)で以前40センチのチタン製タモ枠を1万円弱で購入したのですが、その後はエギ等の小物で1万円程度しか使用していませんでした。
先日、仕事の空き時間に「釣り具のポイント」のMK店に行くとアピア(APIA)の高級メバリングロッドが格安価格で売っていました。

APIA Legacy'SC STAY GOLD 76LXS 
メーカー希望本体価格 \38,500円(税抜き)​
http://www.apiajapan.com/product/rod/legacy-sc2017/


ポイントの通常価格は税込み38,115円なので、メーカー希望価格の10%オフです。大手釣り具メーカーのシマノ、ダイワの商品はバーゲン時以外でも希望価格の20~30%オフが多いのですが、小さなメーカーのものは値引きゼロだったり10%オフ程度のことが多いです。
で、この商品は売り尽くし価格(税込み)15,816円と格安でした。ソリッドティップ(穂先が中空素材ではなくムク素材)のティップは繊細なので折らないように慎重に袋から取り出してチェックするとリールシートの締め具部分に結構鮮明なキズがありました。店員に確認すると、そういうことを含めての「売り尽くし価格」なのでこれ以上の値引きはできません(キリッ)と言われました(笑)
ブランクス(ロッドの本体部分、カーボン99.6%)やガイドに傷はないので実釣には何の問題もありません。

一晩熟考して翌日購入しました。

メバリング用ロッドは強さ(適合ルアー負荷)が微妙に異なる3本所有していますが、すべてチューブラー(中空素材)ティップなので、ソリッドティップのものが以前から欲しかったので・・・。
元の価格設定が高いので保証書(購入日から1年間有効)の免責金額は13,475円(税抜き)です。ティップを折ると購入金額と同程度の修理費用がかかります。大事に使わないとダメですな。



線状のキズ(拡大画像)


-------------
2020/11/01  ボウズ 場所:H 
魚?にバイトされたエギ(ダイソー製 エギスパート2.5号  糸錘付加のDeep Type)


-------------
2020/11/21   メバリング 場所:H
最初はエギングしていたがアオリイカの気配が皆無なのでメバリングにチェンジ。メバリング1投目でバイトあり、2投目で魚がヒットしたが抜き上げ時にバレた。引きが弱かったのでかなり小さいメバルかガシラ(カサゴ)でしょう、多分。
その後、中層~底付近でのデッドスローの巻きの釣りで何かがヒット! でかいぞ!! こりゃ~尺メバルちゃうかいな!、う~~ん、強烈な引きがたまらんなぁぁ・・・と楽しんでいたが、海面上に浮かんだ魚をチラっと見たらメバルではなくグレ(メジナ)っぽい。ヘッドライトで照らしたらグレ確定。かなりかなりガックシ。。。タモですくって確保。
その後はガシラ(カサゴ)2枚がヒット。14センチと18センチ弱。14センチはリリース。
他にも数回バイトがあったが、乗らず。今日は久しぶりのメバリングなので、先日購入した高級メバリングロッド(ソリッドティップ)は使用せず。以前から使ってるダイワのチューブラティップの月下美人MXを使用。ソリッドティップだったら最初のバイトも乗っていたかもね(チューブラーは固いので魚のバイトをハジキやすい・・・)

ワームはダイワのビームスティック 2.2inch カラーは氷河、リグは2.5gのキャロシンカー+0.3gジグヘッド、リグ、ワームともずっと変更せず

グレ(メジナ) 28センチ 


ガシラ(カサゴ) 14センチ リリース


ガシラ(カサゴ) 18センチ弱


-------------
2020/11/23   メバリング 場所:H
Apiaの高級メバリングロッド(但し売り尽くし・訳あり品 笑)に鱗付け完了(New Rodで最初に魚を釣ることを「鱗付け」と称します)
黒メバル20センチ。この後に多分同サイズか少し小さいメバルらしき魚がヒットしましたが抜き上げ時にポロリでバラシました(涙)。魚を目撃してませんが(できるだけ海面をヘッドライトで照射したくないので・・・)多分メバルだったんでしょう。
APIA Legacy'SC STAY GOLD 76LXS はこれまで使っていたDaiwaのメバリングロッド他(チューブラーティップのロッド)に比べると昔風のペナンペナン・柔らかい調子なので、20センチの黒メバルでもめっちゃ曲がりましたわ(笑) 
ワームはダイワのビームスティック 2.2inch カラーはクリアグリッター、リグは2.5gのキャロシンカー+0.3gジグヘッド。
エギングも少しやりましたが、ハリミツの墨族の3号エギ(金華サバ)を根係りでロストしただけでした。。。

黒メバル 20ンチ


-------------
2020/11/28   メバリング 場所:H

昨日は代休だったので夕方から場所:Oでメバリングしましたが、尖閣諸島海域と同様の中国船(人)の大量侵入に極めてうんざりしました。日本在住の中国人(昨夕の連中の中の一人はバカでかい声で中国語を喋ってました)が釣りをするのは自由だが、マナーを守れない輩は国外追放処分が相当だと私は思いますわ(コレコレ
夕方には一人だった中国人と私との離間距離は約15m、日が暮れるに連れて一人、また一人、またまた一人と自転車で参上。15mの距離に後から来た3人の中国人釣り師が割り込んだ。。。
4人目の中国人と私との距離は4mあるかないか、イライラして釣りに集中できません。
日本語が通じるかどうか怪しい中国人との「オマツリ・トラブル」なんて軍事衝突のキッカケになりかねないので、私が場所移動。。。

で、今日は有料釣り場に出撃。
ワームはダイワのビームスティック 2.2inch カラーは氷河、リグは2.5gのキャロシンカー+0.3gジグヘッド。画像のガシラ(カサゴ)2枚以外に豆アジ2枚がヒット。大きなガシラ以外は全てリリースです。
隣にいた老年ベテラン風浮き釣り師と少し話をしたら、彼は60センチ前後のヒラスズキを最近シラサエビで釣ったそうです。非常に美味かったらしいです(裏山)

ガシラ(カサゴ) 23ンチ


ガシラ(カサゴ) 16センチ リリース




-------------
2020/11/29   メバリング 場所:H
昨夕に続いてメバリングに出撃。
天気予報では西北西の風3~4mの予報だったが、予報よりも風は穏やかで釣りには全く支障なし。
今日は大潮だが夕方の潮は穏やかな予測で、実際にも釣りやすい潮の速さだった。
昨日の土曜日は日が暮れてもそこそこ釣り人がいたが、日曜日の今日は日が落ちると、貸し切り状態に近い感じでした(笑)
完全に暗くなる前からガシラ(小さいけど・・・)が数枚ヒットし、その後17~18センチのメバルもヒット。今日は爆釣の日なんじゃね~~!!、てな妄想を抱いていると、、、、
やっちゃいました。。。

​​『痛 恨 の バ ラ シ』​​

巻きの釣りで明確に魚のバイトがあり、5秒間くらいは魚とやり取りしたんですが、リールの巻き上げ速度が甘かった(遅かった)。

根(岩礁)に は い ら れ ま し た (涙)

5~10分間くらい根から魚が出てこないか待ちましたが出てこないので、バラシ確定。
スプリットシンカーとジグヘッド、ワームをロストしました。
魚を見ていないので、メバルなのかガシラ(カサゴ)なのかはたまたグレ(メジナ)なのか判りませんが、引きの感じではガシラではないと思います。メバルだったら25センチ前後あったかも・・・(爆涙)
リールのドラグは50センチ以上のシーバス等がヒットしない限り回らないくらいに締めてあるので、ドラグの空回りで根に入られたのではなく、リールの巻き上げが遅かった。。。
というか、APIA Legacy'SC STAY GOLD 76LXS、柔らかすぎなんじぇねーの~、、、
昨夕は南風(向かい風)だったのでライントラブル、ロッドトラブルが怖くて 潮流予測で日没以降かなり速い潮になりそうだったから4~5gのスプリットシンカーに対応できるDaiwa のチューブラーロッド(ルアー重量対応7gまで)を使っていたので、感覚がおかしかったんですかね。
まぁ、痛恨のバラシ、ってここ10年くらいで10回以上天に向かって叫んでるような気がします。。。
結果として2時間ちょっとの釣りで
メバル(17~18センチ) 2枚
ガシラ(18センチ) 1枚
15センチ未満のガシラ 4~5枚
アジ(15センチ前後) 1枚
メバル2枚と18センチのガシラ以外は撤収時にリリースしました。
ワームはダイワのビームスティック 2.2inch カラーは氷河、煌クリア他、リグは2.5g~3gのキャロシンカー+0.3gジグヘッド。

メバル 18センチ

ガシラ(カサゴ) 18センチ


集合写真



-------------
2020/12/06   メバリング 場所:O
12/04(金)は午前中に客先との打ち合わせがあり、客先は会社とは真逆方向だったので午後は在宅勤務にしました。で、18時前からメバリング出動。場所は"A"。
平日なので、さすがに釣り人は少ないが、メバル、グレ狙いの浮き釣り師がチラホラ。浮き釣りのポイントもメバリングのポイントも重なる(海底に根(岩礁)があるかどうかがキーなので)ので、がら空きの釣り場なのに私のすぐ近くで釣りを始める浮き釣り師にはかなり頭に来ますわ(コレコレ
結果、メバル又はアジの15~20センチっぽいのがヒットしましたが数秒でバレ(針ハズレ)ました。メバルも途中でバレることがありますが、多分アジの口切れ(アジの口周りは弱いので)でしょうね。
バラシ後1~1.5時間やりましたがショートバイトっぽいのが数回あっただけで終了。釣果なしです。

今夕は夕食が鍋だから早く帰ってこい!というカミサンの命令があったので短時間勝負で出撃。
場所は"O"。17:30~18:50くらいの短時間釣行です。
結果、釣果はアジの14センチ(以下の画像)と16センチの2枚のみ。どちらもリリース。
ワームはダイワのビームスティック 2.2inch カラーは琥珀、リグは2.5gのキャロシンカー+0.3gジグヘッド。

他に潮止まり前後に底ベッタリでアジらしきバイトは4~5回あったが乗らず。それ以前に1回乗ったけど数秒で針ハズレ。これもアジの口切れなんかいな。ようわからんけど。
先日、Apiaのソリッドティップ・ロッドで中・大型メバル?に根に入られたトラウマがあるので、今日もDaiwaのチューブラーティップ・ロッド使用。ティップ(穂先)が硬いのがバレの原因なんかなぁ??
で、なんかでかい魚っぽいのがヒットしたのでバラし防止のため強く合わせると、ライン切れ(爆涙)
メバリングのテクニカルな細かい話なのではしょって書きますが、私の常用リグはスプリットシンカー+ジグヘッドです。
魚が食いつくジグヘッド(+ワーム)はできるだけ軽量化したいが、軽量ジグヘッドでは飛距離が稼げないのでスプリットシンカーでリグ全体の重量を増やして飛距離を稼ぐ、という物理法則にのっとったリグです。。。
で、メバルもアジもここ最近はほぼ底ベッタリでしか食いません。中層、上層に浮いてきて小魚を追う、てな状況にはならんとです(何故か博多弁)。なので、底付近を攻めると必然的に根係りが発生する。
この時にPEラインとフロロカーボン・リーダーの結束部が切れることが一番嫌なこと、避けたいこと。PEとリーダーラインの結束はそれなりの結束方法でないと極端に強度が低下する。私はFGノットで結束します。現場でFGノットを組むことはかなり面倒くさいです。難しいです。風がある時はほぼ不可能です(笑)
この結束部で切れることをできるだけ避けるために、最近はフロロカーボンのリーダーを2段リーダーにしています。

PE 0.3号
(FGノットで結束)
フロロカーボン1.7号 40~50センチ程度
 ※スプリットシンカーはこの1.7号ラインに取りつけます
スイベル
フロロカーボン1.2号 40~50センチ程度
スナップ
ジグヘッド+ワーム

という接続(リグ)です。
ジグヘッドが根係した場合、このリグだとフロロ1.2号のとこだけ切れてPEとフロロ1.7号の結束部やスプリットシンカーは助かることが多い。
ただ、ジグヘッド部ではなくスプリットシンカー部で根係してる際は、PEとフロロ1.7号との結束部が切れてしまうことも多々ありますが・・・。
で、今日のでかい魚らしきもののライン切れはフロロ1.7号とスイベルの結束部がほどけていた(涙)。
あ~~~、この部分の結束、クリンチノット(2回巻き付け)でいつもやってるし、青物狙いのルアー釣りのスナップも同じ結びでやってるのだけど、漁師結び等のより結束強度の高いノットに変更すべきかなぁ。。
あ~~、​​誰が興味あんねん!​​(関西芸人「ヤナギブソン」のネタです)話を延々書いてますが、まぁ備忘録という事でご容赦下さい・・・。
金曜日の釣り場はメバル、グレ狙いの浮き釣り師しかいなかったが、今日の釣り場はサバ、タチウオ狙いのケミホタル(釣り用の化学発光具)釣り師がわんさかおって、ほんまにうっとうしい(コレコレ
1~2月の極寒期に入るとこういう迷惑釣り師(コレコレ)はいなくなるから、メバリング好ポイントも入りやすくなるし、イライラすることもかなり減る。
メバリングの勝負月は来年1~2月かなぁ(笑)

アジ 14センチ


-------------
2020/12/18   メバリング 場所:O
今週初めから寒波襲来で寒いです。だから、釣り場の釣り師も激減してることを期待して出撃。北西風の追い風なので風は問題なし。強風だと寒いけど4m程度の予報でした。潮流予測では19時~21時くらいはほぼ潮止まりでやりやすそう。
で、18:30くらいに釣り場に着いたら、先週に比べると釣り師が激減(笑)
でも、残念ながらメバルの実績ポイントはやはり先行者あり。浮き釣り師です。準備中だったので30分早く現場入りしてたらポイントを確保できてたかも。失敗しました。。。

北西風は予報よりも穏やかでしたが、真冬に近い防寒装備をしていてもやはり寒いですなあ(笑)
まぁ、真冬装備だったらほぼ問題なしだったはず。ただ、足元は防寒ブーツとか履かないとやはり冷えてきますわ。
安物の防寒ブーツは持っているのですが、安物なのでかなり重いんですわ。だからほとんど履いてない。

実績ポイントの東隣10mほど離れた場所でメバリング開始。
1.5時間ほど表層から底層までサーチしましたが、全くバイトなし(涙)
西隣の浮き釣り師は20センチ前後のメバル、グレ(暗くて遠いのではっきりしませんが、メバルの方が多かったように見えました)7~8枚釣ってました。そのうちの2枚はかなり良型のメバルぽかったです(涙)。あ~~~、そのポイントに入れていたら私も爆釣だったんではないか、大失敗やなぁ。。。
まぁ、浮き釣り、エサ釣りでは釣れていてもワームを使ったメバリングで釣れる保証はあんまりないんですけどねえ。やはりエサは強いですからね(苦笑)

で、この場所に1.5時間ほどで見切りをつけて100mほど東に移動。駐車場方向でもあるので、帰る方向への移動です。
この場所も最初の20分ほどは全くバイトなしでしたが、20時半くらいに16センチほどの白メバルが食ってくれました。
その後23センチのアジ、23センチの白メバルが食ってくれました。その後30分ほどバイトなしだったので撤収を決断。
16センチのメバルは撤収時にリリースしました。20センチ以上のアジをワームで釣ったのは初めてです。

ヒットワームは全てISSEI 海太郎のスパテラ 2.5inch カラーはクリアゴールドフレーク、リグは2.5gのキャロシンカー+1gジグヘッド。
APIA Legacy'SC STAY GOLD 76LXS で初めて20cm以上の魚を釣りました。ソリッドティップなので魚のバイト時の食い込みはなんとなく良さそうです。
アジは刺身で食す予定。メバルは煮付けで食す予定です。

白メバル 16センチ


アジ 23センチ  ※アジが暴れまわるのでクーラー表面が汚れてます。


白メバル 23センチ  ※iPhone 6SのBattery不足のためフラッシュ点灯不可能。ヘッドライトで照らしながら撮影。



-------------
2020/12/26   メバリング 場所:O
土曜日ですが寒いから多分釣り人は少ないと期待して釣行。北風(追い風)予報だし潮流予測も18時~20時くらいはほぼ潮止まりでやりやすそう。
で、17:30くらいに釣り場に着いたら、期待通り釣り師はかなり少なかったが、先週同様にメバルの実績ポイントはやはり先行者あり。このポイントは人気絶大で常連浮き釣り師が後から後から終結する可能性が高いので、リスク回避のため30~40m程度離れた場所で釣り開始。
結果、21センチと16センチの白メバル。他にミニガシラ2枚。多分良型のメバルらしき魚をまたまた(涙)根に入られてバラシ(爆涙)
まぁ、根係りだった可能性も多少あるんだけど(オイオイ)、3秒くらいは魚の引きを感じたのでやっぱり根に入られたんでしょう。くやしいなぁ。ここんところ、メバルもアジも底ベッタリでしか食わない。底ベッタリでヒットすると根に入られるリスクは高いですなぁ。
ミニガシラはリリースしましたが、メバル2枚はお持ち帰りです。
ヒットワームはダイワのビームスティック2.2inch/クリアグリッターとISSEI 海太郎のスパテラ2.5inch/クリアゴールドフレーク、リグは2.5gのキャロシンカー+0.5gジグヘッド。

白メバル 21センチ




白メバル 16センチ


-------------
2020/12/28   メバリング 場所:O
北風予報だし潮流予測も19時~21時くらいは潮が緩そうなので釣行。18:30から2.5時間ほどやりました。
結果、23センチと16センチの白メバル。16センチは元気だったので撤収時にリリースしました。
メバルは今夜も底ベッタリでしか食いませんでした。アジの気配は全くありませんでした。

ヒットワームはISSEI 海太郎のスパテラ2.5inch/クリアレインボー、リグは2.5gのキャロシンカー+0.5gジグヘッド。

白メバル 16センチ(リリース)


白メバル 23センチ







Last updated  2022/04/04 02:29:14 PM
コメント(11) | コメントを書く
2020/02/12
カテゴリ:釣り
​​​​私が釣り師の端くれであることのエビデンスを公開します。期間限定かもしれません。
今夜は潮流予測、風況予報ともに良かったので夕方から2.5時間ほどメバリングに出動しました。

25センチオーバーのメバル君を釣ったのは2年ぶりなので、少し興奮して記事にアップします(笑)

黒メバル(ブルーバック)は26.5~27センチ。他の3枚のシロメバルは24センチ、18.5センチ、16センチです。普段なら24センチのメバルが釣れたら狂喜乱舞(笑)するのですが、今夜の最初の1枚がでかいブルーバックだったので、なんや24センチかいや・・・ てな高慢な態度をとってしまいました。。。。

「ブルーバック」についてはネットの某所から以下に引用しておきます。この某所も多分別のサイトのパクリだと推察するので引用元URLは省略します。。。

-------
釣り人がブルーバックと呼んでいる外海性、回遊性が強いメバルがこれ。体色は黒っぽく背中の上部が青み、緑みがかっている。
-------

【2020/02/11 釣果】






​​​​​※ 2020/02/24 追記​​​

前回釣行に続いて25センチオーバーのメバルがヒット! 白メバルの26センチ。
先日のブルーバックに比べると引きはやや弱かったが、それでも26センチなので引き味(釣趣)は十分楽しめました。
2回連続の25センチオーバーのメバル・ゲットは私の腕にしては明らかに出来過ぎです。。。
次回釣行で丸ボウズくらいそうでマジ怖い(笑)

【2020/02/23 釣果】​​​​


​​​

​​​​​※ 2020/04/03 追記​​​

2020/04/02 釣果 小さいですが、白メバル18.5センチ、ブルーバック19センチ





​​​​​※ 2020/04/12 追記​​​

2020/04/11 釣果(3密回避釣行です) 白メバル23センチ、他に18センチ、15センチ未満のガシラ






​​​​​※ 2020/07/11 追記​​​

2020/07/11 釣果 マダコ 125g(笑)  エギのサイズは3.5号



※ 2020/07/23 追記​​​

2020/07/23 釣果 エギングには無反応、マイクロワインドには好反応 カサゴ 15cm~23cm  計6枚 アコウ(キジハタ) 15cm  1枚  他 ミニガシラ1枚とアナハゼ数枚はリリース














Last updated  2022/04/04 02:29:36 PM
コメント(5) | コメントを書く
2005/02/19
テーマ:たわごと(25252)
カテゴリ:釣り
以前、釣りにはまっていたことがあった。波止(防波堤)釣り、乗合船釣りなど、毎週末に海に出ていた。昨日の夜に波止から真鯛を釣る夢を見た。エサはソーセージを短く切ったようなもの(詳細不明、笑)、波止から針にエサをつけ竿なしでそのまま海に放り込んだら、いきなり40cmくらいの真鯛が食いついた。竿がないので、手釣り。強烈な引きにたえて真鯛をゲット。
ここで目が覚めた。海中からあがってくる真鯛の周りには鰯の大群が表層を泳いでいた。昨日、仕事の途中に田舎の港でぼんやり防波堤の釣り人を眺めたのが、夢のソースかな?






Last updated  2022/04/04 03:45:38 PM
コメント(0) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


© Rakuten Group, Inc.