318994 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

地を這う虫

PR

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

オリックス・バファローズ

2022/06/18
XML
うおおおおおおおおおおおお!!
山本由伸投手、ノーヒットノーラン達成

おめでとう、そしてありがとう。


試合はネット中継(パリーグTV)でライブ観戦しておりました。
6連敗中のチームにあって、絶対エースの存在感をまざまざと見せつけてくれました。野手の超ファインプレーに助けられた、なんてことは皆無で淡々と凡打と三振の山を築いていきました。

9安打で2点といつものように胃が痛くなるような拙攻で、今日は3番の吉田正尚がチャンスでことごとくブレーキでした。9回表一死三塁の場面で福田がスクイズ失敗(ファール)し、その後ボール球を空振り三振した時点で非常に嫌な予感がしましたが、杞憂でした。。。


       1  2  3  4  5  6  7  8  9   計  安  失
オリックス  0  0  0  0  1  0  0  1  0   2   9   0
西武     0  0  0  0  0  0  0  0  0   0   0   0

勝利投手 山本由伸 7勝3敗0S
 102球 被安打0 奪三振9 与四球1

敗戦投手 平井   3勝4敗0S

与四球は5回裏1死で外崎選手に何故かストライクが入らず四球を与えてしまった(3-1から四球ストレートの四球)。5回表に1点先制してもらったので、慎重になりすぎたのかもしれません。これがなければ完全試合だったのにな~~。完全なタラレバですが・・・

絶不調だった紅林遊撃手が3安打したのは朗報ですが、吉田正尚(指名打者)は実戦感覚が戻ってないためか、精彩を欠いています。まぁ、試合を重ねるにつれていつもの吉田正尚に戻ってくれるでしょう。太もも故障の再発だけは絶対避けてもらいたいです。


"山本由伸『9回102球 自身初ノーヒットノーラン達成!!』《THE FEATURE PLAYER》"
(パーソル パ・リーグTV公式)PacificLeagueTV


"2022年6月18日 埼玉西武対オリックス 試合ハイライト"
(パーソル パ・リーグTV公式)PacificLeagueTV


蛇足気味ですが・・・

"【意表という名の】ラオウ・杉本裕太郎『セーフティーバントを決める』【秘孔を突く】"
(パーソル パ・リーグTV公式)PacificLeagueTV






Last updated  2022/06/18 11:57:31 PM
コメント(0) | コメントを書く


2022/06/15
オリックス・バファローズはセ・パ交流戦中盤の6/1にDeNA 1-5 オリックス で勝って以降、対DeNA、広島、ヤクルトの初戦まで6連勝。調子に乗ってきたかなと思ったら、ヤクルトとの2戦目以降あっけなく5連敗(苦笑

いずれの試合も配色濃厚になるまではネットのパリーグTVや地上波の中継放送で観戦しておりました。配色濃厚になった時点でBSフジ等の報道番組に切り替えるか、自室で音楽を聴きます。たかがプロ野球、自分の力ではどうにもできない事で不愉快の極地になっても損なだけ、アホらしいので・・・。

5連敗中の試合内容についての概説は以下

・6/8 京セラD オリックス 3-6 ヤクルト 敗戦投手 本田(ひとみちゃん)
 ワゲスバック投手はいつものように「5回戦ボーイ」なので70~80球くらいからどんどん打たれだします。好調のヤクルト打線に打ち込まれるのはまぁ当然でしょうな。本田投手はそろそろ疲労(肉体・精神)が蓄積してきたのかもしれません。

・6/9 京セラD オリックス 1-2 ヤクルト 敗戦投手 増井
 全球団からの勝利とセーブをあげる新記録達成のための増井投手の登板。惜敗は相手投手の石川を打ち崩せなかった打線の責任でしょう。

・6/10 京セラD オリックス 1-5 阪神 敗戦投手 山崎福
 5回表の阪神攻撃時に名手、2021年ゴールデングラブ賞受賞の宗三塁手がまさかの2連続エラー。気落ちした?山崎福投手が阪神・大山に3ランHRを打たれてほぼ敗戦決定。山崎福は失点5なれど自責点は1。宗には超人的プレーや超人的強肩でいつも助けられているから、まぁ仕方がない。

​・6/11 京セラD オリックス 2-3 阪神​​ 敗戦投手 本田(ひとみちゃん)
 8回表にオリックスの草野球並のミスが絡み2-2の同点に追いつかれました。絶対エース山本由伸が好投を続けていましたが、ミスで足を引っ張られた格好です。3連敗中で山本由伸が投げている試合だから、「絶対負けられない試合」なんですね。この試合は。

 ​「絶対負けられない試合」なんだから、7回裏の無死一塁のチャンスに一番打者福田にはバントさせるべきだった。2点差で勝っている状況だが、ここはより安全圏の3点差を狙うべきだった。結果論ではありません。試合中継を見ながら絶対バントすべきやろ~~と思っていましたが、結果は最悪の投ゴロ・併殺で二死ランナーなしになってしまった。​初球を打った併殺打なので、俊足の佐野の盗塁の機会も何もなし。中嶋監督は俊足の福田だから強硬策でいっても併殺の可能性は相当低いという読みだったんでしょうが、結果は最悪。
 延長11回終了時点で福田は5打席無安打。バントで送っていたとしても次打者の宗、中川、杉本が適時打を打てた保証は全くないが、2塁に走者が進めば相手投手にもプレッシャはかかる。パスボール等で一死3塁になる可能性も多少ある。中嶋監督の作戦ミスだと私は思いますな。

・6/12 京セラD オリックス 1-9 阪神 敗戦投手 宮城
 完敗なのでコメントなし。

4,5月はどん底だった​​ラオウこと杉本が交流戦の首位打者​​​になった、復活した、ということはGood Newsですが、吉田正尚の太もも故障の回復具合が心配の種ですなぁ。

------------------------------------------
忘れてた(苦笑

"喜瀬雅則 「オリックスはなぜ優勝できたのか 苦闘と変革の25年」 (光文社新書)"
https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334045821

タイトルの本は交流戦で中日と対戦してる頃にたまたま古本屋で見つけて買いました。200円也。著者は元サンケイスポーツ記者です。



-------------------------------------
目次

プロローグ 2021年キャンプ
第一章 がんばろうKOBE
第二章 契約金0円
第三章 仰木彬と梨田昌孝
第四章 バッファローズ継承
第五章 岡田彰布と森脇浩司
第六章 スカウト革命
第七章 宗佑磨 吉田正尚 山本由伸
第八章 キャンプ地移転 育成強化
第九章 ラオウ杉本裕太郎
第十章 紅林弘太郎
終 章 T―岡田
エピローグ 3つの跡地

引用元:https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334045821
--------------------------------------

終章とエピローグは未だ読んでません。

200円の価値は十分ある本でした。2021年のバファローズのパリーグ制覇とは直接関係ないことですが、一番記憶に残っていることは

元大阪近鉄バファローズ監督、東北楽天ゴールデンイーグルス監督の梨田昌孝氏はTVの解説等でオリックス・バファローズのことを

​"いつもオリックスと呼び、バファローズと呼ぶことは決してない"

元阪急ブレーブス、オリックス・ブレーブス、​オリックス・ブルーウェーブ​​​の看板選手でオリックスやソフトバンクでのコーチ経験も豊富な藤井康夫氏は、TVの解説等でオリックス・バファローズのことを

"いつもオリックスと呼び、​バファローズと呼ぶことは決してない"​

という文章でした。
藤井氏は「ミスター・ブルーウェーブ」と呼ばれていました。私自身もかすかながら記憶にあります。

梨田氏はNHKの解説者、藤井氏はJ Sportsの解説者です。パ・リーグTVはJ Sportsと提携してるので藤井氏の解説は時々聞きます。次回、両氏の解説を聞く際は上記の点を注意深くチェックしましょう。

なお、両氏のコダワリについては、球団の歴史について語らないとプロ野球に詳しくない人には意味不明かもしれませんが、面倒くさいので全てパスします。

簡単に記せば、梨田氏にとってはバファローズといえば、大阪近鉄バファローズしかないし、藤井氏にとってはオリックスといえば、オリックス・ブルーウェーブ又はオリックス・ブレーブス​しかない、ちゅうことですな。

--------------------------------------------------------------
【2022/06/19 追記】

未読だった

・終 章 T―岡田
・エピローグ 3つの跡地

を昨日読みました。

「終章 T―岡田」で採り上げていたレギュラーシーズン最終盤のロッテとの死闘でのメモリアル・ホームランは↓

"【3試合連続逆転3ラン】T-岡田『浪速の轟砲か゛土壇場!劇的!逆転弾!』"


"【思わず涙…】宗佑磨『劇的同点弾』に感極まる"


「エピローグ 3つの跡地」には「西宮球場」、「藤井寺球場」、「オリックスの選手寮「青濤館」(大阪舞洲に移転する前の神戸市西区、ほっともっとフィールド神戸の近くにあった施設)の跡地に関して記述されています。

西宮球場のホームベースがあった位置は撤去後の跡地にできた西宮ガーデンズにモニュメントとして明示、保存してあるとのこと。私はこの本で初めて知りました。機会があれば行ってみよう。

阪急西宮球場のホームベース(阪急西宮スタジアム)からいくつか画像を借用して以下に載せておきます。

西宮球場の外観



5Fのシネマの横にあるスタジモにしのみやの一角にあるギャラリーにあるジオラマ



昔の阪急西宮スタジアムの名残が、阪急西宮ガーデンズ4Fのスカイガーデンの一角にホームベースの設置という形で残されている。






西宮球場では阪急ブレーブスの試合を1~2回観戦したことがあります。観客席がガラガラだった印象が強く残っています。名物やじ親父のダミ声が遠くまで聞こえてたような気もします(苦笑
当時は携帯電話やスマホでの野球速報はないので(当たり前か)、阪急の西宮北口駅の神戸線ホーム横には西宮球場での試合開催日は木製のスコアボードが設置されており、駅員?が手作業で得点ボードを操作しておりました。

この本に書いてある大事なことを書き忘れるとこだった。
P405~P406から文章を少し引用しておきましょう。

---------------- 引用開始 ------------------
(前略)

近鉄が連勝すれば優勝という、ロッテとのダブルヘッダーを戦ったあの「10.19」。その日から4日後の10月23日、阪急ブレーブスのラストゲーム(ダブルヘッダー)が西宮球場で行われた。
​2試合目の先発は阪急のエース・山田久志。通算284勝を挙げたアンダースローのベテランは、西宮でのラストゲームのパートナーに、同じ秋田出身の19歳・中嶋聡を指名した。​
そのゲームで中嶋は2号3ランを放ち、山田の完投勝利を打って守ってアシストした。
当時、高卒2年目。少々強引にその事実と引っつけるのなら、2021年の紅林弘太郎と全く同じ立場だったと言える。
つまり、​​中嶋聡は、阪急ブレーブスのホームベースを”最後に守ったキャッチャーだったのだ。​​

(後略)
---------------- 引用終了 -------------------


藤井寺球場には野球観戦に行ったことはありませんが、野球開催時に仕事で行ったことあります。40年前後前の話です。オリックス・ブルーウェーブ時代にほっともっとフィールド神戸(当時の球場名はグリーンスタジアム神戸)では子供連れで4~5回観戦したことあります。この球場にも仕事で行ったことありますな。こん時も野球開催時でした。仕事の内容は内緒です(笑






Last updated  2022/06/19 12:00:52 PM
コメント(0) | コメントを書く
2022/06/05
HONDA HITOMI​ といってもアイドル・タレントでも美人モデルでも本田製の新型自動車でもありません。

5ちゃんねるのオリックス・バファローズ実況板の住民からは「ひとみちゃん」と呼ばれることも多いです。

---------------------------------------------------------
本田仁海(ホンダ ヒトミ) 背番号46

年齢 22歳
身長 181cm
体重 74kg
神奈川県出身
星槎国際湘南高卒
2017年 ドラフト4位指名

年度別成績
年度 防御率  先発 勝利 敗戦 ホールド セーブ 失点 自責点
2020 6.75   1  0   1   0    0   7   3
2021 7.45   2  0   1   0    0   8   8
2022 2.16   0  1   0   5    1   4   4
---------------------------------------------------------
※SpotrsNavi記載の情報を編集しました


本田投手の2020年度、2021年度の先発試合は3試合ですが、多分全部観たような気がします。
とにかく、ひょろひょろの細い投手です。防御率を見たら判るように、谷間というか先発投手のコマが足らずに、「投手がおらんから本田でも投げさせるか」って感じでの登板でなかったかと(コレコレ

上のデータでは省略しましたが投球回数から判断して、先発して5回持たずに3~4失点で降板し、そのまま敗戦投手になってます。

正直言って、点は取られているけど、時々凄いストレート投げるような~~、という印象はありません(苦笑)。四球を連発するタイプではないのですが、ぽんぽんと連打されて失点を重ねる。スピードはそこそこあるんだけど、球質が軽いのか長打をたやすく打たれる投手だなぁという印象が残っています。

なのですが、今シーズンいきなり覚醒しました!!!​
いきなり、っていうのは本田投手に対して極めて失礼な言い方で、彼は血の滲むような厳しい練習、鍛錬を重ねて「覚醒」したんでしょうね。

今シーズンは勝ってる試合の7回、8回あたりを任されることが多く、首脳陣の信頼が厚いことが伺えます。つい最近、ストッパー平野佳投手の休養日に勝ちゲームの9回に投げセーブも獲得しました。
あ~~プロ初勝利も既に上げていますね。

防御率2.16から判るようにかなり安定した投球で、彼が登板する時にヒヤヒヤ感はほとんどありません。

なんですが、昨日の記事に書いたように昨日のセ・パ交流戦の対広島戦で8回裏(オリ 3-2 広)に登板した際、先頭打者にいきなり四球、次打者にライト前ヒットを打たれ、盗塁もあって無死2塁・3塁の絶対絶命の大ピンチを招きました。

心臓がもたん、心臓がもたん、心臓がもちません

同点、逆転の覚悟をしながら観戦していると、​​​結果はなんと!​3者連続三振!!​​​​

youtubeに球場で撮影した良い動画がいくつか上がっているので、記念のため貼っておきませう。


"本田仁海に三者連続三振・・・逆転の大チャンスに一本出す゛ファンもため息・・・"



"カープ8回裏ノーアウト1塁3塁の絶好のチャンスを逃す カープファンの悲鳴と佐々岡やめろー 野次"



"逆転を確信する大チャンスに訪れたまさかの3者連続三振!!盛大な歓声か゛一転ため息か゛…【広島東洋カーフ゜VSオリックスハ゛ファロース゛】"



【番外編 絶対エース山本由伸の風格・人間性の発露】

"これか゛エースの振る舞い!逆転をされてもファンフ゛ルした野口智哉を慰める山本由伸か゛ステキ過き゛る!"



【番外編 宗三塁手の爆肩】

"この体勢からタ゛イレクト送球wwメシ゛ャー級の爆肩を見せつける宗佑磨www"






Last updated  2022/06/05 09:16:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
2022/06/04
パリーグの公式戦はYahoo Prime会員であれば追加費用なしで観られる「ベースボールLIVE」でライブ視聴できます。だけど、セ・パ交流戦のセリーグチームのホームゲームでは「セリーグ開催試合」の扱いなので観られません。

5ちゃん情報では「amazon prime」会員が観られるamazon prime video の中にJSportsチャンネルがあり、2週間無料体験ができるとのこと。無料体験登録した直後に2週間経過以降の継続契約をキャンセル(契約解除)しても2週間無料体験視聴は可能とのこと。

5/31からのオリックスvs横浜、広島との6連戦はセリーグ開催試合だから、5/31に上記作業を行いました。しかしながら、ライブ中継のチャンネルの探し方が間違っていたためか、5/31と6/1の対横浜戦はライブ観戦できず。6/2に「交流戦 ライブ」でprime video内で検索すると目出度くライブ放送が見つかりました。

オリックスは現在3連勝中。今日の対広島戦は​絶対エース山本由伸​が先発だから、絶対負けられない。広島先発の森下投手も良いピッチャーですが、我軍は山本由伸だから、今日こそは「シン・ヤマモトヨシノブ」の圧倒的投球を広島球場の野球ファンに見せつけて欲しいです。

あっ、今ラオウこと杉本選手が先制HR打ちました!!!
山本由伸はここ最近の試合と同様に初回は結構球数使ってしまった(19球)。2回以降は打たせるピッチングでサクサクっと回を消化して欲しいです。

で、昨夜の試合もJSportsで観ておりました。

以下に動画を貼っておきますが、​​​9番打者の田嶋投手の代打に前日先発して勝利した山崎福也投手が登場!!​​​
山崎投手は高校野球時代に甲子園大会で大会期間の最多安打記録を持ってるか何かで打撃が大好きで自信もあるらしいです。

はっきり言って現在打撃不振の紅林選手よりはよほど打ちそうなオーラ全開ですな。
結果は3-2からセカンドライナー(弱い当たりですが)ですが、フォークボールの見逃し方なんぞは野手よりも上手いですな(苦笑  菊池選手の守備位置も良かったから、並の2塁手だったらヒットだったかもね。


"【現地映像】オリックス中嶋監督、ピッチャー(田嶋大樹投手)の代打にピッチャー(山﨑福也投手)を送る【2022.6.3 広島 vs オリックス 1回戦 @マツダスタジアム】"


​----------------------------------------------------------​
【2022/06/04 17:20追記】

ふ~~~~、心臓がもたん、心臓がもたん、、、、
心 臓 が も ち ま せ ん わ


今日のオリックスvs広島戦がさきほど終わりました。。。

結果的に山本由伸投手に勝ちがつきましたが、野口遊撃手のタイムリーエラーで一時逆転されるわ、8回裏のセットアッパーの本田仁海投手が先頭打者の代打・堂林にいきなり四球。次の打者のライト前ヒットで杉本右翼手のやや緩慢なプレーもあって、無死1・3塁。次打者は2番菊池で3番、4番の中軸打者に続きます。​絶対同点か逆転されると覚悟しましたが、今シーズン覚醒した本田投手に「完全撃破スイッチ」が入って、0点に抑えました。1塁ランナーに盗塁されて無死2・3塁の絶対絶命のピンチから3者連続三振!! 4番の外人打者には3球勝負で見逃し三振!!!​

うっおっおおおおおおお~~!!
心臓がもたん


9回裏の平野投手は不運な当たりやイレギュラーバウンドがあり、2死1・2塁。次打者は代打長野。打率が低いので、8回裏ほどには心配しませんでしたが、それでもやっぱり

​心 臓 が も た ん​


↑画像:Buffaloes Official Onlineshop の以下の画像を借用し、回転・切り抜き加工しています。
https://shop.buffaloes.co.jp/goods_detail.php?id=7867&option_no[1]=16

試合結果は以下のとおり。オリックスは4連勝です。

6/4(土) 14:00 マツダスタジアム
オリックス 3 - 2 広島

勝利投手 山本由伸 6勝3敗0S
敗戦投手 森下   4勝3敗0S
セーブ  平野佳  2勝2敗16S


デイゲームの5試合のうち、パリーグの勝利チームはオリックスのみ。ナイトゲームの読売vsロッテは読売を応援しますか・・・。まぁ先発投手を見る限り読売の方が勝利確率は高そうだけど。


"8回裏カープ無死1,3塁[オリックス本田仁海]三者連続三振にきってとる(カープXオリックス)"






Last updated  2022/06/04 11:36:32 PM
コメント(0) | コメントを書く
2022/05/22
ひ○○さんは映画「シン・ウルトラマン」を映画館で観られたらしい。
https://plaza.rakuten.co.jp/newscomento/diary/202205220000/

そのレビュー記事の中で

>(でも「シン・ゴジラ」のほうがもっと面白かったかな)

と書いておられる。

信頼できる映画レビュアーのひ○○さんのコメントなので、私はamazon prime videoで無料視聴できるか又はTVで放送されるまで待つことにしよう。一昨日(多分)の日経新聞夕刊の映画評でもそれほど高い評価ではなかったし・・・

あ~~~、映画「シン・ゴジラ」は多分20年以上振りに映画館で観ました。たしか、出張中の空き時間に名古屋市内の映画館で観たと記憶します。映画は結構良い出来だと思いました。評価点は★★★★☆の四つ星くらいかな~


【閑話休題】


昨日5/21のパリーグ公式戦、楽天vsオリックス戦(楽天生命パーク)は

楽天 0 -6 オリックス
 勝利投手 山本 (5勝2敗0S)
 敗戦投手 早川 (3勝2敗0S)

とオリックスの勝利だったのですが、山本由伸投手は5回を投げて104球、四球も3と彼本来の無双の投球ではありませんでした。

ヤフーのネット中継で観戦していましたが、奪三振は4と山本投手にしては少なく、楽天の打者にファールで粘られまくり球数がどんどん増えていった。コントロール、球威、変化球のキレともに彼本来の無双ピッチングとは程遠い内容でした。表情も冴えず苦しげでした。
ただ、腐っても山本由伸なので、要所要所は締めて5回無失点で降板しました。この時点で0 -4 でオリックスが勝っていたのでめでたく5勝目ゲット!!

で、明後日からセ・パ交流戦正しくはパ・セ交流戦だろうな、正直なところ​(笑

いつも熱い動画をyoutubeにアップしてくれる​​"(パーソル パ・リーグTV公式)PacificLeagueTV"​​が交流戦開幕を明後日に控えた今夜、激アツ(本来はパチンコ用語です 苦笑)動画をアップしてくれました。

熱いぜ!! コノヤロウ!!!

オリックスからは山本由伸吉田正尚が動画に出演しています。今回は吉田については省略します(オイオイ

山本由伸投手のキャッチコピーは

​​​1 0 0 % の 姿  セ 界 で 取 り 戻 す​​​

このコピーの後に流れた映像、コピーは↓

​​​​シン・ヤマモトヨシノブ​​
​​


※↑はyoutube動画の静止画をスクリーンキャプチャした画像です。


youtube動画は↓

"【激突】いよいよ開幕!『日本生命セ・パ交流戦 2022』"







Last updated  2022/05/23 12:59:40 AM
コメント(0) | コメントを書く
2022/04/26
​比嘉さん、すみません。
右サイドハンドの比嘉さんと打率は低い(多分・・・)けど一発のある左打者・清宮の対決があまりにも怖すぎて、とてもリアルタイム観戦できずキッチンで洗い物してました(オイオイ

試合後のハイライトとyoutubeのこの動画を観て痺れまくりです。
​比嘉さん、しゅごいです。。。​


"【勝負采配】比嘉幹貴『究極の一球』で圧巻・清宮斬り"



悩める巨砲、ラオウこと杉本選手にマルチヒットがでたし、ベニーこと超大型遊撃手の紅林選手に同点2ランHRがでたし、無双の吉田正尚選手に勝ち越しタイムリーがでたし、多分7~8試合以上ヒットがなかったバレロ選手にもヒットがでたし、山本由伸投手に勝ち星はつかなかったけど、明日に繋がるgood gameでした。

あ~~~、10回裏の平野投手の投球場面も怖かったので(オイオイ)、リアルタイム観戦していません(苦笑

【試合結果】
 4/26(火) 18:00 東京ドーム
 日本ハム 2 - 3 オリックス (延長10回)
  勝利投手 比嘉  1勝0敗0S
  敗戦投手 北山  3勝1敗1S
  セーブ  平野圭 1勝1敗7S


--------------------------------------------------
【2022/04/27 00:35 追加】

youtubeに以下の動画もアップされたので貼っておきます。
ベニーの完璧な同点2ランHR!!

"【驚愕の同点弾】紅林弘太郎『初球を狙い撃ち!! メチャ価値ある今季1号』"




youtube動画のコメントの一つを以下にコピペしておきます(笑

>現地のレフトスタンドで観戦してました。
>紅林の打球がグングン伸びて正面に向かってきて、​スタンドに入るのを間近で目撃した瞬間は興奮で脳の血管が切れそうになりました。​
>最高のホームランだったよ紅林!!!!!






Last updated  2022/04/27 07:12:40 AM
コメント(0) | コメントを書く
2021/11/28
6回戦 11月26日(金) 18:00 ほっともっとフィールド神戸

      1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12   計
ヤクルト    0  0  0  0  1  0  0  0  0  0   0   1   2
オリックス 0  0  0  0  1  0  0  0  0  0   0   0   1

勝利投手  マクガフ
敗戦投手  吉田凌

​​予想以上にヤクルトは強かった。接戦、死闘の連続だったが、まぁ力負けと言わざるを得ませんな。
​いずれにしても、前年度最下位だったオリックス・バファローズが日本シリーズで超好ゲーム、接戦、熱戦、死闘を6試合も繰り広げてくれたことに大感謝。そして、ヤクルト・スワローズにも大感謝です。。。​

​​
↑の画像は"2021 日本シリーズ 表彰式終了後 オリックス選手・コーチがヤクルト選手・コーチと健闘を称えあう 現地映像"
https://www.youtube.com/watch?v=HRMSHyVL6BU
からスクリーンキャプチャさせてもらった画像です。

左から山本由伸(オ)、山田(ヤ)、モヤ(オ)、スアレス(ヤ)、村上(ヤ)、ジョーンズ(オ)、この直後に村上とジョーンズは抱擁しております。

今朝のヤフーニュースによればジョーンズ(ヒギンスも)は今シーズン限りで退団のようですね。年俸1億円くらいで残留してくれたら良かったんだけど、ジョーンズのプライドがそれを受け入れることはできんだろうし、外国人枠の問題もあるからなぁ~~。残念です。






Last updated  2022/04/04 02:21:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
2021/11/26
5回戦 11月25日(木) 18:00 東京ドーム

      1  2  3  4  5  6  7  8  9   計
オリックス   0  0  0  1  0  1  2  1  1   6
ヤクルト  0  1  0  1  0  0  0  3  0   5

勝利投手  山岡
敗戦投手  マクガフ
セーブ   平野

19:30過ぎからNHK-BSで観戦してました。
8回裏の惨劇について多くを語るのを止めておきます。まぁ、1番塩見選手、2番青木選手を四球で歩かせた時点で極めて悪い予感はしておりました。結果的にはAJの代打HRを演出する布石だったのかもしれません(苦笑)
9回表の代打A.ジョーンズ選手のHRの際には叫びませんでした。というか、「連絡掲示板その15」のコメント書いてました(オイオイ
でも、思いっきり拍手しましたよ。隣戸から苦情が出なくて良かったです。。。
まさにtckyn3707さんの名言のとおり

​​神様、仏様、ジョーンズ様​
です!!!


※画像はポンタの公式ツイッター画像を借用しています。背景が黄色と黒色の配色なので、ちょっと阪神タイガース臭いのは気に入りませんが・・・


※※youtubeの某動画をスクリーンキャプチャした画像です。映像の著作権は動画アップしたyoutuberにはないので引用元は明示しません。


11月27日(土)の第六戦は「ほっともっとフィールド神戸」で先発は絶対的エースの山本由伸投手。
山本投手は当然勝つでしょうし、最後の第七戦は「ほっともっとフィールド」男の九州男児・大下選手が劇的なサヨナラHRを打つような気がします。
まぁ、どっちが優勝してもいいです。今のこの時期に贔屓のチームがこれほど熱い熱戦を繰り広げてくれているだけで、既に150%くらい大満足なんです。とは言いつつ、優勝したら300%満足になるんです​けどね。


----------------------------------------------
【番外編】

"日本S神戸開催、うれしさから勇み足?「オリックスブレーブス」の誤植が話題 神戸市交通局「思い込みでした」"
https://news.yahoo.co.jp/articles/367e7242d125cb8832feeb2340fb7819b71f6303



この記事に対するヤフコメをいくつかコピペ。

〇ブルーウェーブも飛び越えてブレーブスですか。
 担当者は阪急時代からのファンなのでしょうね。

〇これは意図的なんです。
 神戸のチームにバファローズは似合わない。

〇ブレーブスと書かれて一番喜んだのは中嶋さんやったりして

〇今さら神戸で試合するの?
 って感じの神戸市民。
 オリックスは大阪に行ったんでょ。
 震災の時と状況はぜんぜん違いますけど。

〇ミルクボーイにネタにしてもらい~

〇「勇み足」・・ブレーブスだけにってか?(オヤジ臭)






Last updated  2022/04/04 02:22:29 PM
コメント(7) | コメントを書く
2021/11/21
1回戦 11月20日(土) 18:00 京セラD大阪

      1  2  3  4  5  6  7  8  9   計
ヤクルト  0  0  0  0  0  1  0  2  0   3
オリックス   0  0  0  0  0  0  1  0  3×  4

勝利投手  比嘉
敗戦投手  マクガフ

NHK-BSで観戦してました。宗選手の同点2点タイムリー時には叫んでしまいました。トイレを我慢できずに30秒ほどTV前から離れたら、吉田正尚選手がサヨナラタイムリーを打った後でした(号泣)
まぁ、録画しているので「トイレ休憩」したのですが、吉田選手が1球で仕留めてしまうことを想定すべきでしたね(苦笑)
 ※9回表・裏については、録画を既に5回くらい観ました(笑) 

勝因の大きな一つに9回表のヤクルトの1~3番を比嘉投手が完璧に抑え込んだことが絶対にあると思います。9回裏のオリックスの攻撃については多くを語るのを止めておきましょう。
youtubeで見つけた民放のTV中継画面を撮影した動画が9回裏をノーカットでアップしています。
撮影者かどうか判りませんが、TVを見ているオトンとオカン(コレコレ)の会話が時々入ります。オリックスファンでもヤクルトファンでもない野球好きの夫婦のようです。

"日本シリーズ17 オリックスお見事!"
https://www.youtube.com/watch?v=SNnxlOJ6Mq4

しっかし、​ヤクルトはさすがにセリーグ覇者ですな。強いわ。​​
山本由伸投手が絶好調ではなかったとはいえ、あれだけの球数を流させる、簡単に3振しない、粘り強くファールで逃れ続ける、のは凄いですわ。山本由伸投手攻略法が徹底されてたんでしょうな。

youtubeの動画(上記以外を含めて)のコメントで結構数多くあったのは、オリックスの対戦相手がヤクルトで良かった、てなもの。阪神や読売だったら山本由伸に完全試合くらうか、もっともっとコテンパンにやられたかに決まってる。ヤクルトだからこそ、強いパリーグの覇者とほぼ対等に戦えた。。。


※画像はポンタの公式ツイッター掲載画像を借用しています。






Last updated  2022/04/04 02:23:03 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/11/13
​"【11.12伝説】誰もが驚いた『劇的!ミラクル・バスター』でクライマックス突破!!"
https://www.youtube.com/watch?v=-zOqAy3HoMw







"2021年11月12日 オリックス対千葉ロッテ 試合ハイライト"
https://www.youtube.com/watch?v=X5Fg6LDhkGg

"宗佑磨の劇的弾『熱く豪快に叩き込んだ逆転2ランHR』"
https://www.youtube.com/watch?v=wr2Q5QvkAzk

"パーソル CS パ 突破の瞬間のベンチ裏!"
https://www.youtube.com/watch?v=HtWmMmekUWE

---------------------------------------
(2021/11/14 追加挿入)

"ど派手ガッツポーズ→真顔スンッ オリックス中嶋監督の“神行動”が「マジ名将」"
https://full-count.jp/2021/11/14/post1156445/

を読むまで、私は中嶋監督のこの振る舞いについて気付いていませんでした。
ロッテの中村奨吾選手選手のケツをポンと叩き、その後三木選手と握手をかわしています。死闘を繰り広げた相手選手へのリスペクト、ねぎらいを忘れない素晴らしい振る舞いですね。

三木選手のことはよく知らないが、中村奨吾選手はほんとに良い選手ですわ。おっさん顔、地味顔で「華」は全くないんだけど・・・。



※上記掲載の4画像は全てyoutube動画をスクリーンキャプチャしたものです。"(パーソル パ・リーグTV公式)PacificLeagueTV"さんに感謝、感謝。なお、4枚目はトリミング加工等を行っています。

(追加挿入 ここまで)
------------------------------------------

---------------------------------------------------
CSファイナルステージ 結果(2021年度)

・パリーグ
 11/10  オリックス 1-0 ロッテ
 11/11  オリックス 2-0 ロッテ
 11/12  オリックス 3-3 ロッテ

・セリーグ
 11/10  ヤクルト 1-0 読売(ゴミ売り(=G)ともいう)
   11/11  ヤクルト 5-0 G
   11/12  ヤクルト 2-2 G
----------------------------------------------------

パもセもほぼ同様の試合履歴、結果で、どちらも3勝1分け(アドバンテージの1勝込み)で日本シリーズ進出決定!!!!
セリーグのことはよくしらんが、パリーグのロッテはほんとに強いチーム。極めてやっかいなチーム。三試合とも僅差のゲームで初戦の日本のエース、オリックスの絶対的エースの山本由伸投手だって、1点しかもらってないのだから、何が起きててもおかしくないゲーム。
まさに紙一重のゲームを勝ち上がってきたわけですな。

あ~~、とはいってもオリックスもヤクルトもレギュラーシーズン1位の実力をいかんなく発揮できた、とも言える。

今日のオリックスvsロッテはNHK-BSの放送を録画していたので、宗の逆転HRは既に3回以上録画で観た。9回表の増井投手の熱投と9回裏の中嶋監督の神采配、T岡田、安達のヒット、そして守備要員(オイオイ)小田の奇跡の(コレコレ)バスターサヨナラヒット!! の場面は既に5回以上観ました。


先発の山崎颯一郎、中継ぎ、セットアッパー、クローザー(ではないけど・・・)の富山、バルガス、海田、吉田凌、ヒギンス、増井 のべ7人で計3点取られたけど、みんな頑張りました!。すんばらしい!!

こんな強いチームはオリックスじゃない。まじでそう思います。

​​​ううううううう、号泣中です。。。






Last updated  2022/04/04 02:23:25 PM
コメント(0) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.