000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

チェンジニアko-heiの雑学講座&カー用品紹介ブログ

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

車の点検

2020.10.16
XML
カテゴリ:車の点検
こんにちは!

チェンジニアのko-heiです!!




皆さん、愛車のメンテナンスはしっかりとしていますか?

このブログでは様々な視点から、車に関する情報を発信しております。

今回は、冬に向けた車の事前準備に関するご紹介です。

メンテナンスに関する情報は以前も紹介しておりますが、冬に向けた準備をまとめてご紹介します。

皆さんも、冬に向けて衣替えや室内暖房機器など、準備されますよね?

実は車も同じなんです!

夏用の車のまま冬を迎えてしまうと、何かとトラブルが発生しやすくなります。

この2分ほどの記事を確認し、しっかりと準備を整えてくださいね。


それでは、どうぞ!!





1.自動車の冬支度!いつ頃から実施する?
2.バッテリーの状態をチェック
3.スタッドレスタイヤへの履き替えorタイヤチェーン準備
4.エンジンオイルやLLCをチェック
5.知って得する情報
6.まとめ





1.自動車の冬支度!いつ頃から実施する?

車というのは年中通して、同じ条件下で使える事は少なく、走行状況や、環境に合わせた準備が必要です。

準備が足りていないと、走行中様々なトラブルが発生してしまいます。

そういった事を回避するには、日頃の点検が必要です。

  ユーザーが実施する日常点検についてはコチラ
しかし、毎回しっかりと確認しているという方は少ないです。

その為、季節の変わり目くらいは愛車のチェックをしてみてくださいね。

今回は冬自宅ですので、気温が氷点下に下がる前には実施すべきです。

具体的な月で言うと、10月~11月くらいがベスト!

たまに雪が降りそうなら、とか、天気予報で雪マークがついてから、という方がいますが、これはお勧めしません。

あなたがしたい時は、他の方もしたい時です。

ガソリンスタンドや、整備工場は大行列。スタッドレスタイヤの履き替えに5時間!なんて事にならないよう、早めの準備、余裕を持った準備を心掛けましょう。



2.バッテリーの状態をチェック

それでは具体的にどのポイントを確認すべきかをお伝えします。

まずはバッテリーです。

バッテリーというのは、性能を発揮できる温度が決まっており、温度が低いとバッテリーの性能が低下します。

これは異常ではなく、バッテリーそのものの特性なので、問題はないのですが、劣化したバッテリーは性能の低下度合いが大きくなります。

よって、夏場はエンジンが始動できても、冬場はエンジンが始動できない事はよくありますので、しっかりとチェックしましょう。

またバッテリーというのは、劣化判定が分かりにくい部品でもあります。

点検では良くても実際にエンジンがかからなくなる事も想定される為、ブースターケーブルといった、緊急始動用の車載工具を準備する事もお勧めです。

  バッテリーが上がった時の処置はコチラ



3.スタッドレスタイヤへの履き替えorタイヤチェーン準備

バッテリーとセットで必ず確認すべきポイントは、タイヤです。

こちらは実施していないと、走行上、かなり危険ですので、確実に嫉視してください。

やるべきことは2つ!

・タイヤをスタッドレスタイヤに履き替える
・タイヤチェーンを準備する


この2つを実施するのがベストですが、地域によってはさほど雪が降らなかったり、凍結しない事もあります。

その為、毎年凍結する地域の場合は、スタッドレスタイヤに履き替え、年によっては降らない、凍結しない場所にお住いの場合は、タイヤチェーンを準備する事をお勧めします。

  車のスリップに関する記事はコチラ

こちらに関しては、一概にスタッドレスタイヤに履き替える必要はありません。

ただし、万が一の際に備え、タイヤチェーンの搭載はお勧めします。

ジャッキ不要 タイヤチェーン スノーチェーン 非金属 車 FAST ロック 雪道 プラスチック 208ピン 2020年改良最新版モデル 145/80R13 155/80R13 155R13 155/65R14 165/55R14 165/55R15 165/60R14 165/65R14 165/70R13 175/60R13 等 タイヤチェーン TTF2 TTF3

さらにありがちなトラブルは、お住いの地域ではノーマルタイヤ(夏用タイヤ)を使用しており、高速道路で移動中に雪や凍結路面を通る場合です。

冬のノーマルタイヤでの走行はかなり危険ですので、遠出をする際はしっかりと準備をして、走行するようにしましょう。

  タイヤの消耗に関する記事はコチラ



4.エンジンオイルやLLCをチェック

こちらの2点は、冬を前に実施というわけではなく、定期的に実施、確認すべきポイントになりますが、特に劣化した状態で、使用すると、冬場のエンジンを痛める原因にもなりますので、ご紹介します。

・エンジンオイル
エンジンオイルは、使用とともに徐々に劣化していきます。

劣化が進行すると、エンジンオイルの粘度が上がります。

そして、冬場はただでさえ粘度が高くなっています。(寒い日のハチミツを想像してみてください)

この状態になってしまうと、エンジン各部にオイルが循環できずに、エンジンの劣化を促進させる場合がある為、定期的に交換してください。

  エンジンオイルに関する記事はコチラ

・エンジン冷却水(LLC)
エンジン冷却水は水にLLCという添加剤を加えて作りますが、その役割の一つに凍結防止の作用があります。

劣化した冷却水で凍結する事はほぼありませんが、使用する地域によって、LLCの濃度を変えている事が多いです。

例えば九州で使用している車両と北海道で使用している濃度は異なる為、このような車両が寒い地域にいくと、凍結防止温度の上限を超え、冷却水が凍結する恐れがある為、遠出をする場合はチェックしておきたい項目です。

  冷却水に関する記事はコチラ



5.知って得する情報

最後に実際に凍結路面を走行した時に知っておくと良い点を2つご紹介します。

・融雪剤の対応
雪道や凍結路面は、融雪剤をまいているケースが多い為、走行後は、ボデーや、足回りを水で洗い流すと良いです。

そのままにしておくと、腐食につながる為注意しましょう。

・フロントガラスの凍結
朝一など、いざ走行しようとすると、フロントガラスが凍結している事ありませんか?

ヒーターをONしてもなかなか融けない為、お湯をかける!なんて事はしないでくださいね!!

急激な温度変化により、ガラスがひび割れる事があります。

お勧めなのは、室内にガラス用のスクレッパーを準備しておく事です。

ガラス表面の霜や氷を削り落とす事ができます。




このような商品があると重宝します!

ぜひチェックしてみてくださいね。



6.まとめ


いかがでしたか?

冬に向けて、自動車にも準備が必要という事が分かって頂けたかと思います。

今年は例年よりも温度が下がるとの予想も出ていますので、万全の状態で冬に臨みましょう!





車に関する素朴な疑問、質問も随時、受け付けております。

内容次第では、記事にて詳しく紹介させていただきます。




それでは、今回はこの辺で!

ko-heiでした!!






最終更新日  2020.10.16 18:00:07
コメント(0) | コメントを書く


2020.09.14
カテゴリ:車の点検
こんにちは!

チェンジニアのko-heiです!!

皆さんはご自身の愛車を、ご自身の手で、チェック、メンテナンスした事はありますか?

おそらく、エンジンルームすら開け方を知らない。知っていても開けた事がない。

なんて方が大半ですよね??

でもそれ、、法律違反です!!

びっくりしました!? すみません。

しかしホントに、法律で定められている点検なんです!

自動車学校などで、実施したことありませんか?

オイル量を見る。とか、タイヤの空気圧を見る。とか、あれです。

日常点検は法律で実施しないといけない時期をこのように明記しています。

日常点検整備は、日頃自動車を使用していく中で、ユーザーの皆さんが自分自身で行うことのできる点検です。この点検は、ユーザーの皆さん自身が運転席にすわったり、エンジンルームをのぞいたり、また、自動車の周りを回りながら自動車の状態をみることによって簡単に実施可能なものになっています。

 自家用乗用自動車など、いわゆるマイカーのユーザーの皆さんは、走行距離や運行時の状態などから判断した適切な時期に実施して下さい。

【道路運送車両法第47条の2, 自動車点検基準第1条】

国土交通省HPより

つまり日常点検は、お客様自身が、適切な時期にちゃんとチェックしないといけないんです!

今回は、日常点検の流れにフォーカスしてお話したいと思います。

それでは、どうぞ!!


【予約10月下旬頃入荷予定】電動エアコンプレッサー 電動空気入れ エアポンプ コードレス式 ポータブル エアーポンプ 空気圧検知 自転車 プール 電動 浮き輪 自動車用 ボール サッカーボール エアーコンプレッサー 防災 エアレイザー【送料無料】 ###空気入れKB8003B###


1.日常点検の内容19項目を解説

2.日常点検を実施するタイミング

3.日常点検を効率よくする為の点検手順

4.まとめ



1.日常点検の内容19項目を解説

それでは早速、あなたが日常点検を実施するとして、いったいどこを確認しないといけないのか、一気にお伝えします。

・ブレーキの液量
・バッテリーの液量
・エンジンオイルの量
・エンジン冷却水の量
・インバーター冷却水の量
・ウィンドウォッシャーの液量
・タイヤの空気圧
・タイヤの亀裂、損傷
・タイヤの溝の深さ、異常摩耗
・灯火装置、方向指示器の汚れ、損傷
・駐車ブレーキ機構の引きしろ
・エンジンのかかり具合、異音
・ブレーキペダルの踏みしろ
・ウィンドウォッシャーの噴射状態
・ワイパーのふき取り状態
・灯火装置、方向指示器の作用
・ブレーキの効き具合
・エンジンの低速および加速の状態
・前日の運行において異常が認められた箇所

いかがですか?

ご自身でこれだけの量を点検する自身がありますか?

できない!って投げ出したくないそうですが、これらが法律で決まっているという事は理解してくださいね。

つまり、「自動車のメンテナンスは使用者に義務付けている」という事です。


2.日常点検を実施するタイミング

点検項目が分かったところで、点検のタイミングはいつなのでしょうか。

今一度、国土交通省のホームページを確認すると、「適切な時期」と明記されています。
※自家用乗用車の場合です。事業用の場合、運行前に必ず実施が必要となりますのでご注意を!

では、「適切な時期」とはいつでしょうか?

それは、長距離を運転する前や、ガソリンスタンドで給油する時洗車をする時などです。

自家用乗用車の場合、点検は義務付けられていますが、点検をするタイミングは、使用者に委ねられているのです。

少しは、安心しましたね。


3.日常点検を効率よくする為の点検手順

続いて、点検の手順を確認していきましょう。

点検は効率よくしないと、時間がかかってしまい大変です、、、

点検内容を確認するとこの内容でしたね。

・ブレーキの液量
・バッテリーの液量
・エンジンオイルの量
・エンジン冷却水の量
・インバーター冷却水の量
・ウィンドウォッシャーの液量

・タイヤの空気圧
・タイヤの亀裂、損傷
・タイヤの溝の深さ、異常摩耗
・灯火装置、方向指示器の汚れ、損傷

・駐車ブレーキ機構の引きしろ
・エンジンのかかり具合、異音
・ブレーキペダルの踏みしろ
・ウィンドウォッシャーの噴射状態
・ワイパーのふき取り状態
・灯火装置、方向指示器の作用

・ブレーキの効き具合
・エンジンの低速および加速の状態
・前日の運行において異常が認められた箇所


先ほどご紹介した、点検内容を色分けしてみました!

何か、気づきましたか??

そうです。エリアごとに色分けしています。

・ボンネットを開けた、エンジンルームエリア
・車の外回り
・運転席回り
・走行中確認


このように4つに分類して、それぞれ確認していくと、無駄なく、見落としなく点検できるので、参考にしてみてください。


4.まとめ

いかがでしたか?

今回は、自動車ユーザーのほとんどの方が実施した事がないであろう、日常点検について紹介させていただきました。

点検自体は、そう難しいものではなく、要領もメンテナンスノートの中に載っています。

一度、ご自身の愛車をチェックしてみると、愛着がさらに湧くと思います。

ぜひ試してみてくださいね。

また、それでも自信がない方は、自動車販売店へご相談ください。

有料にはなりますが、日常点検を含めたパック商品も販売していますので、ユーザーに代わって、クルマのプロが点検してくれますよ!!

今後は、実際の点検要領もご紹介していきますね。



車に関する素朴な疑問、質問も随時、受け付けております。

内容次第では、記事にて詳しく紹介させていただきます。


それでは、今回はこの辺で!

ko-heiでした!!








最終更新日  2020.10.10 14:58:43
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.