002001 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わたしのブログ

PR

全4件 (4件中 1-4件目)

1

2007.02.18
XML
カテゴリ:国内ニュース
3人のあなたを忘れない

JR新大久保駅で六年前、線路に落ちた男性を助けようとして電車にはねられ亡くなった
韓国人留学生李(イ)秀賢(スヒョン)さんを主人公にした映画「あなたを忘れない」。
投稿による映画評を並べたインターネットサイトに「日本人は皆、悪者なのか」などと
酷評する書き込みが続いている。

「日韓の懸け橋になりたい」と夢を語っていたという李さんだ。フィクションを盛り込んだ
映画とはいえ、ネット上の激しい言葉に背筋が寒くなるような思いがした。

事故の夜、私は「JRの駅で三人死亡」の一報で、社会部のデスクに残っていた。現場
からの連絡を聞いた衝撃を今も忘れていない。「ホームから落ちた人を助けるため、
二人も線路に飛び降りたんです」。映画を見ながら、あの夜を思い出していた。

今月六日、東京・板橋で女性を助けようと線路に入った宮本邦彦警部が電車にはねら
れ、十二日に亡くなった。勤め先の交番には回復を願う千羽鶴などが殺到し、安倍晋三
首相は「日本人として誇り」と述べた。命をなげうつという勇気に日本も韓国もない。
「あなたを忘れない」とは、李さんや宮本さん、映画には描かれなかったがもう一人の
勇気ある人・関根史郎さんにもささげたい言葉だ。

映画はそれほど反日的とは思えなかった。「嫌韓」がここまで浸透したのか。背景はもっ
と根深いと感じている。異質なものをのけ者にして、見下す空気がじわじわと広がって
いるのではないか。いじめ自殺が相次ぐ学校は、そんな大人社会を反映した病理だ。
たかがネットの映画評だからと、笑ってはいられない。
(五十住和樹)

ソース:東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/00/ronsetu/20070218/col_____ronsetu_000.shtml







Last updated  2007.02.18 09:51:06
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:国内ニュース
2006年大晦日の「K-1 Dynamite!!」で体にクリームを塗っていたとして無期限出場停止処分を受けた秋山成勲選手をめぐって、現在に至ってもネット上で騒動が続いている。動画投稿サイトに投稿された「疑惑の試合」映像の閲覧数も計60万を超え、さらには秋山を追及するサイトまで登場、ファンの不満はいまだにくすぶり続けている。そして、その影響は、スポンサー企業にまで及び始めている。

 秋山を追及するサイト「すっごい滑るよ!」では、「問題の試合」の検証やその後のメディアの報道を詳細にまとめているほか、秋山の最新の動向までも報じており、半ばニュースサイト並みの充実振りだ。

 このようなネット上の盛り上がりのなかで、スポンサーから撤退する企業も出始めた。
 大晦日の「K-1 Dynamite!!」のスポンサーを務めた日清食品は、07年3月に開催される「Hero‘s2007開幕戦」とのスポンサー契約を締結しないことを決定した。同社には、「問題の試合」以降、「スポンサーをやめるべき」などの抗議がファンから殺到。なかには、「TBSに対応してもらえなかった」などの理由から、同社に問い合わせる人も多数いたという。同社はこれを重く見て、スポンサーから撤退することを決めた。同社広報はJ-CASTニュースに対し、
 「(秋山の)反則があったことを含めて、Hero’sの宣伝活動をする必要がないと判断しました。
 消費者あっての企業ですから、消費者の声に対応して(契約に)慎重になったというのはあります。
 (イベントを)提供することについての責任を、スポンサーも持たなければならない、そのことを今回の件で勉強させてもらった気がします」と答えた。

 日清食品は、3月以降の「Hero’s」とのスポンサー契約については「検討中」としているが、今後については慎重になっている、との見解を示した。
 ちなみに、秋山追及サイト「すっごい滑るよ!」では、スポンサー企業に抗議した際の対応をランク付けしているが、同社は「すばらしい対応」と評価されている。(抜粋)

まとめサイト「すっごい滑るよ!」:ttp://www24.atwiki.jp/sweatslip/pages/1.html






Last updated  2007.02.18 09:48:58
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:東亜ニュース
中国広東省:出稼ぎ労働者の流出止まらず

 【大紀元日本2月17日】広東省珠江デルタ地域では、人手不足による工場の操業問題が
深刻になっている。新年(農暦の新年)の後、故郷へ戻った出稼ぎ労働者たちが帰って来
なくなり、工場が再開できなくなることを、多くの雇用主が心配しているという。香港の
「文匯報」が伝えた。

 虎門にある香港資本の衣料工場で働く呉さんは、「今年は工場の出稼ぎ労働者の70%が
自宅に帰って新年を過ごすが、この調子だと新年がくる前から逃げ出す労働者もいそうだ」
と言った。昨年は新年を迎える前に工場の60%の労働者が自宅へ帰って新年を過ごしたが、
予定通り工場に戻ってきた者に祝儀を与えると事前に言ったにも関わらず、約半数の労働
者が戻ってこなかったという。

 珠江デルタに乱立する多くの中小企業の経営者が、新年を過ぎてから労働者が戻ってこな
いことを心配している。「仕事が見つからず、いつも困窮している」出稼ぎ労働者の姿は、
今はない。現在では雇用主が労働者を見つけられず、慌てているのが現状である。

 珠江デルタの中小企業の工場が労働者を引き止められない原因として、次の原因が挙げら
れる。1、福利厚生や賃金が低い。2、仕事の条件が劣悪。3、治安状況が悪い。4、子供
の教育問題。5、住居の条件が悪い。6、賃金未払いや理不尽な天引き。7、余暇の過ごし
方が単調で味気ない。

 陜西省から広東省に出稼ぎに来ている趙さんによると、南海にある香港資本の靴工場では
月給が600人民元、深センにある電子機器工場では800元も支給され、「西安でも簡単
に800元ほどの月給の仕事が見つかる」という。 趙さんは、新年を自宅で過ごした後、
広東省に戻るつもりはない。西安周辺の物価は広東省、深せん市よりもはるかに安いため、
一ヶ月の収入を計算すると、実質賃金は広東よりも西安で働くほうがずっと多く、広東は治
安が悪いことも懸念しているからだという。

(07/02/17 07:55)
大紀元






Last updated  2007.02.18 09:45:08
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:東亜ニュース
娘が首を吊って死亡し、父親もシヨックを受けて死亡する事件が
発生した。
17日の午後11時頃、慶南(キョンナム)・金海市(キムヘシ)三政洞
(サムジョンドン)の住宅で、金某さん(26歳)が首を吊って死んで
いる所を金さんの家族が発見した。

続いて、娘が死んでいる光景を目撃した父親がショックを受けて
気を失い、病院に運ばれたが死亡した。

金さんは、親がボーイフレンドとの交際を反対した事で自殺をした
事が分かった。

警察は、娘が死んだ姿を見た父親もショックを受けて死亡したと見て、
正確な事故の原因を調査している。

ソース:NAVER/YTN(韓国語)






Last updated  2007.02.18 09:42:51
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.