281074 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

コイケランド

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

展覧会

2016.09.28
XML
カテゴリ:展覧会
 下に挙げる二つの絵画は似ている。
 何をきっかけにしてこれらの類似に気付いたのか、全く記憶にない。

海老原喜之助「姉妹ねむる」1927 
東京国立近代美術館 
2016年05月10日(火)撮影

ペーテル・パウル・ルーベンス「眠る二人の子供」1612-1613頃
国立西洋美術館
2016年09月27日(火)撮影 … [続きを読む >>]





Last updated  2016.09.28 10:58:52
2014.11.06
カテゴリ:展覧会
 ヨコハマトリエンナーレ2014。最終日に観覧。
 前職で当該展覧会に少々関わったことがある。それゆえに親しみを感じる。
 ピエール・モリニエ Pierre Molinier の作品群を見た。美醜が混在している。気持ち悪い。しかし憧憬を禁じえないものがある。 … [続きを読む >>]





Last updated  2014.11.06 14:52:58
2013.08.21
カテゴリ:展覧会
 130820火曜日。
 世田谷美術館へ行く。企画展「榮久庵憲司とGKの世界 鳳が翔く」を観覧。
 自分の美意識の多くは恐らく身辺の工業製品によって培われているのだろう。そう納得させられるものがあった。

 GKと言えばヤマハ発動機のオートバイである。
 展示を見ながらふと思った。「ホンダが一番」「ダークホース的な魅力のスズキ」「男はやっぱりカワサキ」な … [続きを読む >>]





Last updated  2013.08.21 10:57:25
2013.04.10
カテゴリ:展覧会
 130407日曜日に練馬区立美術館で観覧した。
 「超然孤独の風流遊戯 小林猶治郎展」。
 印象に残った。取り急ぎメモ。





Last updated  2013.04.10 11:14:46
2013.03.22
カテゴリ:展覧会
 130321木曜日。職場は休業。130319火曜日が祝日前であったので普段は定休日にあたるのだが営業した。その振替に休日とした次第。
 建築に関する展覧会を2件観覧する。

1.パナソニック汐留ミュージアム「二川幸夫・建築写真の原点 日本の民家一九五五年」
 民家を撮影した写真の展示。表題の通りである。約60年前の日本の民家。
 自分の出身地に近い場所で撮られたで … [続きを読む >>]





Last updated  2013.03.22 18:31:43
2013.01.30
カテゴリ:展覧会
 130126土曜日。
 国立西洋美術館で「手の痕跡 国立西洋美術館所蔵作品を中心としたロダンとブールデルの彫刻と素描」を観覧した。年初に1度立ち寄っているが知人から招待券を頂戴したこともあり再訪してみた。
 彫刻は好きなので2度目でも楽しい。いやむしろ1度見ていることによる安心感が出てくると言うべきか。落ち着いて見ることができる。
 あるブロンズ像の近く … [続きを読む >>]





Last updated  2013.01.31 16:49:09
2012.06.06
カテゴリ:展覧会
 120605火曜日。
 目黒区美術館の「シャルロット・ペリアンと日本」を観覧する。神奈川県立近代美術館・鎌倉館で1回観覧しているので2回め。

 ペリアンがデザインした収納用具が展示されている。
 鉄製のフレームと樹脂製の箱を組み合わせた引き出し状の小物入れが魅力的である。ステフ・シモンのギャラリーで発売していた物らしい。

 現在も入手できるのだろうか … [続きを読む >>]





Last updated  2012.06.06 23:47:25
2012.05.30
カテゴリ:展覧会
 120529火曜日。
 職場が定休日なので出かける。
 バスに乗り西武池袋線の中村橋駅近くまで行く。そこから徒歩で練馬区立美術館へ向かう。
 「鹿島茂コレクション2 バルビエ×ラブルール アール・デコ、色彩と線描のイラストレーション」を観覧。
 素晴らしい展覧会である。
 個人的に強い印象が残るのは3点。メモを残しておく。

◆ピエール・ルイス著/ジョルジ … [続きを読む >>]





Last updated  2012.05.30 10:51:13
2011.08.10
カテゴリ:展覧会
 ブリヂストン美術館で「青木繁展」を観覧した。
 「わだつみのいろこの宮」の本物を見た。嬉しかった。これがあの絵か、と思った。

 夏目漱石の『それから』に、この絵画に言及している部分がある。

 出来得るならば、自分の頭だけでもいいから、緑のなかに漂わして安らかに眠りたい位である。いつかの展覧会に青木という人が海の底に立っている脊の高い女を画いた … [続きを読む >>]





Last updated  2011.08.10 20:28:08
2011.01.30
カテゴリ:展覧会
 先週の水曜日に世田谷美術館で「ある造形家の足跡 佐藤忠良展 彫刻から素描・絵本原画まで:1940-2009」を観覧した。もともと彫刻が好きで、中でも佐藤の作品には気に入っている物が多いこともあって、かなり楽しく過ごせた。
 翌日になって、この佐藤についてwebで少し検索してみた。面白いインタビューがあった。大変真面目な“職人”であるのが、よくわかる。私はそこに … [続きを読む >>]





Last updated  2012.04.05 20:35:06

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

Favorite Blog

このババアにだまさ… New! alex99さん

枝野氏の演説 10月3日 まろ0301さん

成田発シカゴ行 行… kelly:さん

『ベストキッド』と… ぽえたりんさん

Baucafe  … ばう犬さん
 エデンの南 SEAL OF CAINさん
存生記 nostalgieさん
映画と出会う・世界… 哲0701さん
ricericericecocoa ricecocoaさん

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.