142224 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

恋愛のススメ

PR

プロフィール


恋愛しよう倶楽部

カレンダー

フリーページ

お気に入りブログ

ハーレクイン図書館 くまのすけ9227さん
本読み日記 モモ2469さん
チーム楽天ブックス チーム楽天ブックスさん

コメント新着

俺だ@ 10万円 逝ってよし+.(・∀・).+$ http://64n.co/
age@ 挿入できるよ 挿入できるよ(人・ω・)☆ http://l7i7.com/
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天カード

“恋愛のススメ”は楽天×ハーレクイン社が贈るハーレクイン小説連載ブログです!

みなさん恋してますか?
こんにちは!恋愛しよう倶楽部(こいしようくらぶ)会員T-です。 ヽ( ´∀`)ノ

みなさまご無沙汰しております。

なんと、このたびハーレクイン小説がDSで読めるようになります!
その名も・・・

『大人の恋愛小説 DSハーレクインセレクション』

ついに発売です!
多数の作品の中から、33の物語が収録されております。 恋のときめき、片想いのせつなさ
あの人への愛おしさ、叶わぬ恋の苦しさ・・・
もちろん、しおり、人物相関図、BGMなど、DSならではの機能もありますので、
今までとは違ったハーレクインが楽しめるかと思います。

ぜひ、旅のお供にお気に入りのロマンスを持ち歩いてみてください


♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥


『大人の恋愛小説 DSハーレクインセレクション』

通常価格 3,800円 (税込) のところ、
特別価格 3,257円 (税込 3,420 円) 10%off!で予約受付中!
2010年02月25日発売予定
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥


恋愛チャート式ハーレクインとj句集も開催中!!(*`◇´*)/


今日もステキな出逢いを、貴女に…



恋に…落ちてますか? ヽ(>▽<)ノ



携帯ブログランキング
2009年10月30日
XML
カテゴリ:運命がくれた愛
第24話 『最終話』 <全24話>

────────────────────────────────────

しばらくすると、大きな白いテントが巨大な映画のスクリーンになり、きらびやかなドレスやタキシードに身を包んだ招待客たちは、砂浜一面に用意された椅子やブランケットに腰を下ろした。テントのなかを照らしていた明かりが落とされ、映写機のスイッチが入れられる。そして、二巻あるフィルムのうちの一巻めの上映が始まった。

上映が終わるころには、『ワン・ハート』は数々の放送局や、独立配給会社や、アメリカの大手ケーブルテレビ局に買われていた。プレミアショーに参加した人たちのあいだには、この映画はアカデミー賞の候補作品になるだとか、翌年のサンダンス映画祭で上映されるのではないかといったうわさが、飛び交っていた。

その夜は大成功だった。しかし、何事もそうであるように、結局はパーティーも終わるときがきた。招待客たちはいなくなり、テントはたたまれて、エストレリャはホテルへ帰った。

そこで旅行用の服に着がえると、荷物をまとめて、宿泊料を支払った。
ニース空港に着いた彼女は搭乗手続きをすませ、セキュリティチェックを通りぬけた。そして、搭乗ゲートで待っているとき、見覚えのある黒みがかった頭に目がとまった。頭の持ち主は新聞をのぞき込んでいる。
エストレリャは口をあんぐりと開けた。カルロがなぜ空港にいるのだろう?

「ここで何をしているの?」

彼に向かって尋ねたとき、もうすぐ搭乗が始まるというアナウンスが流れた。
カルロは新聞から目を上げて、驚いたふりをした。

「どうしたんだ、エストレリャ?きみこそ、ここで何をしている?」

「まだわたしの質問に答えていないわ。あなたはここで何をしているの?どこへ行くつもり?」

彼が立ちあがった。

「飛行機に乗るんだ。そして、インドへ行く」

「そんなはずないわ。インドへはわたしが行くのよ」

カルロは口笛を吹いた。

「運命だな」

「いいえ、運命じゃない。ただの間違いだわ」

「間違いじゃない」

彼は搭乗券を差しだした。そこに印字された座席番号は、エストレリャの席の隣だった。

「ここにチケットがある。席も取ってある。ぼくはインドへ行く」

「でも、なぜ?」

「きみが行くからさ。そばにいたいんだ。きみに目を光らせている人間が必要だろう」

彼がこんなことを言うのは、わたしを信用していないからではない。心配してくれているのだ。愛してくれているのだ。

前にも愛の告白は聞いていたが、このとき初めて、エストレリャはカルロの愛を体と心のすべてで感じた。これからは彼がいっしょにいて支えてくれる。長い年月、たったひとりでがんばってきたあとだけに、彼女は天にものぼる思いだった。
それでも、カルロが自分といっしょにインドへ行くという事実に対する驚きは大きかった。彼が何を手放し、何を犠牲にしようとしているのかをわかっていたからだ。

「でも、銀行は?家族の方たちはどうするの?」

「気にしなくていい。ぼくがこうするのは、きみのためでもあるけれど、自分のためでもあるんだ。ぼくにあの子たちを救うことができるなら、救ってやりたい」

エストレリャの目に涙があふれた。

「これから行くところに、高級ホテルはないのよ」

カルロは手を伸ばして彼女を抱き寄せ、腰に両腕をまわした。

「わかっているよ、カーラ。ぼくは寝袋や、蚊帳や、水筒の必要な生活でもだいじょうぶだ」

「それじゃあ、向こうに虫がいることは知っているのね」

「ああ。虫はたくさんいるだろうな」

カルロは少し唇をゆがめて笑った。

「だけど、これからの一年をきみと過ごせるなら、ばったの大群にだって耐えてみせるさ」

エストレリャの笑みがためらいがちになった。

「一年だけ?」

「それは、きみが結婚してくれるかどうかによるな」

「結婚するわ!」

エストレリャは両腕をカルロの首に巻きつけ、背伸びして彼の唇にキスした。

「カルロ・ガベリーニ、わたしがしたいことを教えてあげる。あなたと結婚して、あなたを愛して、死ぬまであなたと過ごしたい」

カルロが顔をほころばせて、エストレリャの唇を唇でそっとたどった。

「今のを書類にしてもらえるかい?」

エストレリャは声をあげて笑った。何年かぶりで心が軽くなっていた。

「必要ないわ。そんな書類を使う日はこないもの。わたしたちがいっしょになるのは、運命だったんだから」

                          <ご愛読ありがとうございました>────────────────────────────────────

この作品の一部、または全部を無断で転載、複製などをすることは著作権法上の例外を除いて禁じられています。

All rights reserved including the right of reproduction in whole or in part in any form. This edition is published by arrangement with Harlequin Enterprises II B.V./ S.a.r.l.  All characters in this book are fictitious. Any resemblance to actual persons, living or dead, is purely coincidental.

Published by Harlequin K.K., Tokyo, 2008






最終更新日  2009年10月30日 09時37分06秒
コメント(1) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.