221075 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

け~さんのページへようこそ

パチンコ台のネカセ

パチンコ台のネカセ

最近は、台選びライターを使うパチンカーが少なくなったように思えます。
台選びでライターを使う。
わかる人には意味がわかると思います。
そう、台のネカセ、すなわち傾き具合を調べているのです。
すべてのパチンコ台は、店側によって傾きの調整が行われています。
なので、台によって傾きの強弱が発生します。
機種によるので一概にはいえませんが…
台の傾きは、回りに大きく影響します。
回りが良いと、パチンカーは気分がよくなります。
なので、ネカセの良い台をみつけることは、良い気分になる第一歩なのです。
ではどのようにネカセを見極めるのか。
方法はいくつかありますが、初心者の間で有名なのがライターを使う方法です。
台にライターをあてて、オイルの傾き具合を読むのです。
巻き尺などについている水平尺を使う人もいます。
また、ライターの底をあてることにより、ヘソの開き具合を読む人もいます。
誰でも実行できる上、信頼度が高いということで、一般パチンカーの間でブームになったことがあります。
実際には見ていませんが、テレビでも報道されていたらしいです。
さてさて、話しは戻りますが、最近はライターを使う客が減ってきたように感じます。
これはなぜなのでしょうか。
新台では、実行不可能なのはわかります。
台を確保できるかすら危ういのに、いちいち選別を行う時間などないからです。
では、旧台ではどうでしょうか。
人気機種では、なかなか難しい場合もありますが、新台に比べれば十分なゆとりはあります。
しかし、ネカセを読もうとするパチンカーはほとんどいません。
最近の台を見ていると、その理由がわかってきたように思えます。
ネカセを読もうとしない理由。
それは、ネカセをいちいち読んでも意味がなくなってきたからではないでしょうか。
現在のパチンコは、以前のパチンコとは全く異なります。
どちらかというと、技術よりもで勝つギャンブルになりつつあります。
なので、手間をかけてネカセを読んだところで、勝率にはさほど影響しないのかもしれません。
……かなしい時代ですね。
パチンコの楽しみの1つである、釘・ネカセ読みが忘れられつつあります。
もちろん、店によっては、ライターをあてることすら禁止しているところもありますが…。

パチンコ依存症の小部屋へ


ランキングバナー
   ↑
これをクリックしてもらえるとランキングに1票入るらしいです
内容が役にたったり参考になったら押してあげてください m(_ _)m


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.