092615 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきにいリスト

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


yucacola

カテゴリ

コメント新着

あつ子@ いれて! 男性を好きにしたい女性の為の性風俗d(´∀…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
prayer@ Re:巨人オーナー、開幕見直し要請に不快感(03/22) 天皇陛下も計画停電に合わせて電気の使用…

フリーページ

2005年04月25日
XML
カテゴリ:日記
「チャールズ&レイ・イームズ展」に行った。世界を巡回しているというので期待していたが思ったより規模は小さかった。イームズの作品は大量生産の工業製品なので、見たことあるのが多かった。彼らは旅先で見つけたこまごましたおもちゃや人形をたくさん収集している。それらが引き出しに収められていて、自由に引き出して見ることができる。またポジフィルムを虫眼鏡でのぞくことができるのもちょっと楽しかった。ビデオ作品http://www.powersof10.com/index.phpにもいろいろな指向が凝らされている。

イームズ夫妻の写真や持ち物から、生み出されたデザインのルーツを感じることができる。デザインには、何気なく選ばれた自分の身の回りに置くものの雰囲気が漂よい、たましいが宿ると思う。たとえば小さな紙切れひとつでも、選んで持つ人と物との間、または今までのコレクションと新しい物の間に、共通の何かを感じることができる。そこからインスピレーションを受け生まれるデザインは、その人の歴史であり、または内面である。

Eames Films~チャールズ&レイ・イームズの映像世界-DVD-〔送料無料キャンペーン中〕
Eames Films~チャールズ&レイ・イームズの映像世界-DVD-〔送料無料キャンペーン中〕






最終更新日  2005年04月26日 11時25分03秒
コメント(0) | コメントを書く
[日記] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.