092601 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきにいリスト

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


yucacola

カテゴリ

コメント新着

あつ子@ いれて! 男性を好きにしたい女性の為の性風俗d(´∀…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
prayer@ Re:巨人オーナー、開幕見直し要請に不快感(03/22) 天皇陛下も計画停電に合わせて電気の使用…

フリーページ

2005年05月04日
XML
カテゴリ:BOOKレビュー
読者に想像の余地を残すところがよい。
村上さんの作品は昔から同じようなキャラクターが登場することと、夢の中の出来事がどこかでつながっているという点でどれも似たようなイメージを受ける。
村上さんが書く死や血の表現には、最近の小説にありがちな過剰なグロテスクさはなく、無機的な印象を受ける。生々しくないところがたんたんとした文体に似合っている。この世界から逃避しているようにも感じる。心地よい詩のようだ。

この前に読んだ「アフター・ダーク」は抽象的すぎて私にはピンとこなかった。

海辺のカフカ(下) ( 著者: 村上春樹 | 出版社: 新潮社 )






最終更新日  2005年05月06日 23時53分13秒
コメント(0) | コメントを書く
[BOOKレビュー] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.