000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきにいリスト

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


yucacola

カテゴリ

コメント新着

あつ子@ いれて! 男性を好きにしたい女性の為の性風俗d(´∀…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
prayer@ Re:巨人オーナー、開幕見直し要請に不快感(03/22) 天皇陛下も計画停電に合わせて電気の使用…

フリーページ

2005年05月25日
XML
テーマ:ニュース(87351)
カテゴリ:新聞・ニュース
JR西日本の列車事故から今日で1ヶ月ということで、テレビニュースは事故の検証から被害者家族のその後などさまざまな取り上げかたをしていました。
このような事故が起きるといつも思うことは、非難的な声、または感傷的な声が非常に大きく取り上げられ、効果音、音楽などに飾り立てられて事故そのものが実際よりもドラマチックに映しだされていることです。あとから出てきたボーリング社員の問題もはっきりいって事故原因とは全く関係ないことでこれを非難することはただのいじめだと思います。マスコミの取材は非難、感傷、いじめ、こういったネガティブな面を拡大して取り上げる傾向にあるけれど、このような事故を防止する為に誰が何をすればいいかを単純化してはっきり示すことが大切だと思います。

今日、ある番組で「失敗学」が取り上げられていました。これは失敗からどのように学ぶかという学問で、この事故の原因は日本の社会全体に蔓延している「気」であるといっていました。その「気」とは(安全管理は)誰かがやっていてくれるだろう、とか、今まで大丈夫だったから今日も大丈夫だろうとかいう、安全に対する裏付けのない漠然とした信頼、それを見逃していた「甘さ」です。その誰かとは全く架空の誰かであって実は存在しなかったということです。失敗から学び、愚直に迅速にやるべきことをやらなければ、事故は必ず周期的に起こるそうです。

【送料無料商品】失敗学のすすめ
【送料無料商品】失敗学のすすめ


近頃、飛行機のトラブルが頻繁に起きますが、なにかの前触れではないかと思えてなりません。






最終更新日  2005年05月26日 23時03分31秒
コメント(2) | コメントを書く
[新聞・ニュース] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.