092592 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきにいリスト

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


yucacola

カテゴリ

コメント新着

あつ子@ いれて! 男性を好きにしたい女性の為の性風俗d(´∀…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
prayer@ Re:巨人オーナー、開幕見直し要請に不快感(03/22) 天皇陛下も計画停電に合わせて電気の使用…

フリーページ

2005年06月03日
XML
カテゴリ:新聞・ニュース
科学と宗教の関係
「他人に対する思いやり、優しさ、心の平和、精神的な健康面が非常に重要であるが、これらは必ずしも宗教的なものからでてくる必要はない。世俗的な倫理観でも十分な場合がある。近代の世の中は、科学者のさまざまな発見が宗教的な信心の裏付けとなっている部分があり、科学と宗教が相補う必要がある。」
ダライ・ラマは2年に1度、約1週間にわたり科学者の話を聞き、対話を続けている。
「科学者が技術を駆使して発見したものは、古い仏典よりもリアリティーに近く、信頼性がある」「しかし、精神的な部分では、仏教の哲学がより広く、深く分析している。これからの時代は、仏教哲学、古代インド哲学、そして近代科学の研究成果などすべてを統合した上で物事を考えていかなければならない。」


中国当局から迫害を受けながらも、中国を敵とみなさない態度をとってきた理由は、
個人でも、集団でも敵と思えるような相手に出会ったなら、それは忍耐や寛容の修行だと考えているから。
「敵は自分たちの師であり、とてもありがたい存在なのだ。」と断言。


産経新聞5・28 正論より






最終更新日  2005年06月03日 23時23分20秒
コメント(0) | コメントを書く
[新聞・ニュース] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.