000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おきにいリスト

PR

全8件 (8件中 1-8件目)

1

テレビ

2010年03月16日
XML
カテゴリ:テレビ
龍馬伝、ここ数年の大河ドラマは退屈でほとんど見ていなかったけど、今回ハゲタカの大友啓史演出ということで興味を持ってみています。この人の映像はスピード感と迫ってくるような臨場感が特徴で、退屈している暇がありません。
岩崎弥太郎役の香川さんの演技は、主役を食っている、やり過ぎという評価もありますが、神憑り的なものを感じます。あんなにくどいのに嫌にならない、むしろ癖になっている人も多いのではないでしょうか。今、世の中はああいう豪快なタイプの人間を必要としているのではないかと思います。福山さんも予想以上にがんばっています。あのドラマを見るとルックスのよさはむしろハンデキャップだなと感じるほどですが。

岩崎弥太郎関係の本。


猛き黄金の国岩崎弥太郎(1)


小説岩崎弥太郎


龍馬を継いだ男岩崎弥太郎
岩崎弥太郎(上)






最終更新日  2010年03月16日 23時29分57秒
コメント(0) | コメントを書く


2006年01月05日
カテゴリ:テレビ
屋台のおでん鍋の中に人知れず存在する「おでん村」が舞台
天空から来るハシにつままれ、屋台の客に食べられる運命だが、人間にはただのおでんにしか見えない。しかし、おでんくんは食べた人間の体内で病気のがんと闘ったり、その人の心の扉を開けてみたりと活躍する。食べられた面々はおでん沼を通じて村に帰ってくる。

味わい深い作品です。

〔送料無料キャンペーン中〕リリー・フランキー PRESENTS おでんくん DVD BOX-DVD-(1/27)  おでんくん(2(愛ってなんですかの巻))






最終更新日  2006年01月05日 23時57分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年11月17日
カテゴリ:テレビ
男前2人がいじめっ子をプロデュースするメインストーリーはややベタに展開している。でもこの人たちの心の中で起きている葛藤が実に上手く描かれている。脚本は木皿泉。『すいか』でもハートを打ち抜かれた私はまたしても、同じパターンにはまってしまった。

野ブタ。をプロデュース  ●「野ブタ。をプロデュース」オリジナル・サウンドトラック CD(2005/11/23)

すいか DVD-BOX






最終更新日  2005年11月17日 22時50分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年06月11日
カテゴリ:テレビ
ちらっと見たテレビで、フランス人のシェフが白身魚の昆布〆を食べて、「うまみ」というニュートラルな味覚がわかった、と言った。
また、宇宙飛行士の毛利さんは、一番身近にあり、必要である科学は、料理にあると言っていた。

体重51.2kg、体脂肪率25.5%
今日はトレーニングお休み。






最終更新日  2005年06月11日 23時22分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年05月15日
カテゴリ:テレビ
「彼の作り出す芸術性が高く、詩情あふれるアート・アニメーション作品は、世界のアニメーション作家から大きな支持を得ている。現在彼は、ロシア人作家ゴーゴリの小説「外套」を原作にしたアニメーションの制作を続けている。制作期間はすでに24年に及んでおり、ノルシュテインの最高傑作になると、世界のアニメーション界が期待する作品だ。「ロシア人とは何か」「人間とは何か」。人々の心の中を、せりふを使わず、映像だけで表現する独特のノルシュテイン・タッチで、この大きなテーマに取り組んでいる。」

今から10年ほど前のお正月、おこたでみかんを食べているとき、TVで「霧の中のハリネズミ」を見た。言葉では表現するのは難しいけれど、とても素敵な作品です。


ユーリ・ノルシュテイン作品集
ユーリ・ノルシュテイン作品集






最終更新日  2005年05月15日 22時48分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年03月17日
カテゴリ:テレビ
- 驚異の高次元空間 -
2005年はアインシュタイン没後50年となる。この天才が後半生を費やしながら遂に実現できなかったのが、重力と電力・磁力を共に説明できる統一理論であった。そして今アインシュタインの遺志を継いだ科学者たちは、その後原子の内部で見つかった2種類の力を加え、宇宙に存在する4種類の力の関係を解き明かす「M理論」を生み出し、証明するための実験に乗り出している。最新の理論によると宇宙は、11の次元を持つ極めて小さな膜の集まりだという。番組は、物理学者でありながら演劇を学んだ経験を持つブライアン・グリーン コロンビア大教授がキャスターとして華麗なCGのなかを駆け巡り、数式をまったく使わずに最先端科学が明らかにしつつある驚異の宇宙観を伝える。グリーン教授による同名のベストセラーをもとにした本作は、アメリカの公共放送PBSが30年目の節目に制作した超大作である。 (BS番組紹介より)

3次元空間に住む私がイメージできるのは4次元が限界。この番組はCGをつかって高次元を目で見てわかるように解説。なるほどな・・わかったような気分。











最終更新日  2005年03月17日 23時04分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年03月16日
カテゴリ:テレビ
第2回 “ひも”の振動が万物をうむ
宇宙に存在するあらゆるの物質が「ひも」で出来ているとは、非常にイメージしにくい定義です。すべての物質はひもからできていてその違いが振動だけであるとしたら、私自身もひもの集まり・・?
このひも理論も、統一理論もどちらも未だ「憶測」であり、永久に検証不可能なのかもしれない。見えないのですから。






最終更新日  2005年03月16日 23時09分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2005年03月15日
カテゴリ:テレビ
アインシュタインの見果てぬ夢
統一理論とは弱い力、強い力、電磁気力、重力をひとつにむすびつける理論。
今日から3夜連続のドキュメンタリーなので、明日も楽しみ。
明日は「ひも理論」。
とてもおもしろいので、この分野の本を乱読しています。↓

☆この分野で私の一番お気に入りの本☆
「アインシュタインのおもちゃ―重力と宇宙の不思議の旅」
A. ズィー (著), Anthony Zee (原著), 松田 卓也 (翻訳), 二間瀬 敏史 (翻訳)
非常にわかりやすい表現で、最後まで面白く読めました。アインシュタイン、ニュートンなどの物理学者の理論から、重力理論を中心に、宇宙、物質のとらえかたの歴史を知ることができます。物理学は公式の難解なことからギブアップする人が多いと思いますが、この本の中には難しい数字や公式は一切出てこないので、数学アレルギーの人でも面白く読めると思います。今から10年以上前に出版されているので最新のことは載っていませんが、概要をとらえるにはぴったりの本だと思います。文系にも読める物理学の本です。この本は残念なことに現在販売されていないようです。

☆その他☆
【楽天ブックス】宇宙論第2版
【楽天ブックス】宇宙論第2版
宇宙論や素粒子物理学の本はたくさん読んでいますが、二間瀬さんの本はどれもすっきりとわかりやすく解説されていて私のような素人にはもってこいです。あまりにも哲学的なもの、または数学的なものは途中で迷子になりますが、この本を読めば整然とした宇宙の姿が見えてくると思います。

【送料無料商品】宇宙「96%の謎」
【送料無料商品】宇宙「96%の謎」
宇宙の96%はダークエネルギーとダークマターに満ちており、ギャラクシーとガスは4%の塵に過ぎないというのに、その塵の中のかすかな点のような銀河系の地球に住んでいる人間がその謎をつかもうとしている。
宇宙はここまでわかってきているらしいが、本当なのだろうか。宇宙論でしばしば出てくる無限という概念を理解するのは難しい。また、とんでもない理論によって今までの理論が覆されることもありえる。目を離せない分野。









最終更新日  2005年03月15日 23時12分22秒
コメント(1) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.