40歳からの恋愛ゼミ

フリーページ

2009年09月17日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか

この本、発売から一週間で4万部売れているそうです!
さすが美崎さんだ~。
で、今日は神保町の三省堂書店で開かれた講演会に行った。
予め電話予約をしていたが、カウンターで本を買って、
整理券をもらう。
この前新宿の紀伊国屋書店のカウンターで三省堂カードを出し、
「あ~間違えました、ごめんなさい、ごめんなさい…」と、
スゴスゴと退散した私だったが、今日は堂々たるものである。

講演会まで30分、書店にいると本を買ってしまう恐れがあるので、
近くをうろついて香川のうどん屋へ入ってみた。
ここで380円のかけうどんと200円の野菜天ぷら盛り合わせを注文。
天ぷら200円は激安だ。私の知り合いの蕎麦屋に行けば、1桁ちがうぞ。
そんなことを考えながらカウンターに座っていると、
出てきた野菜天ぷら。衣にくるまっていて正体はわからん。
いんげん豆、カボチャ…とここまではよかったが、
続いて、だしを取った後の昆布!じゃがいも!
天ぷらは数えきれないくらい食べているが、この具は初体験である。
こりゃ、正直なところうまくない。

あ、そろそろ講演会が始まる~、うどん屋を後にして、
三省堂に舞い戻る。こんなことなら2階のカフェにしときゃよかった。

当たり前だが美崎さんのお話は、
うどんと違って期待以上であった。
テーマは売れる本のカバー作りのヒントである。
つまりタイトルのつけ方と装丁のお話。
「さおだけや…」などのベストセラーを出した山田真哉氏とのトークショー。
ためにならないわけがありまぬ。

私もちょうど会社で「危険物取扱主任試験問題集」を手がけているので、
「「危険物な人」はノートに何を書いているのか」とか、
鉛筆ツンツンのデザインとか、何か危険物とシンクロしないかな~などと(笑)


美崎さんのお話のなかで一番彼らしいな、と思ったのは、
カバー案を考えているときに、自分でアイディアを出して、作ってみて、
ちょっと書店に並べて写真を撮って、版元に見せたってところである。
もちろん本番ではプロの装丁家さんが作っているのだけれど、
カバーデザインを選ぶときに、
ウエブでサムネイルとして見たときのインパクトとか、
書店で平積みされたときのまとまり感とか、
そういったことも考えているところである。

やっぱり、できる人は発想が違う。
そして、細かい心遣いも…。

講演会にはイケメンや美女マイミクさんたちの顔もあって、
終わったあとの歓談もうれしかった~。
ますます若返った夜でございました。
母艦ノート、始めます!






最終更新日  2009年09月17日 22時05分19秒
コメント(2) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ニコル1480

お気に入りブログ

身近にあふれる「物… New! ジャンボ青木さん

旅/陰を生じさせる… New! 【亞】2さん

1日のコロナ感染者… New! しっぽ2さん

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

自分責め。今日でサ… New! かめおか ゆみこさん

コメント新着

 http://buycialisonla.com/@ Re:実話、三丁目の夕日(08/29) cialis once a day genericowhat is best …
 マイコ3703@ 初めまして(*´∀`*) ふむふむ!と私にもあるある!と感じてし…
 モンブラン万年筆@ hdxgnl@gmail.com 突然訪問します失礼しました。あなたのブ…
 nao-blues@ Re:デザイナー平野敬子さんてすごい人!(01/06) こんにちは、はじめまして。 NHKで平野さ…
 ノエのファン@ Re:楽しいコンサートでした(08/12) http://www.japanphil.or.jp/cgi-bin/conc…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.