2136146 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

時空の旅わくわく日記

PR

X

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


GKen

Favorite Blog

01日のアクセス状況 … New! あき@たいわんさん

六十九話 「お話」 New! 夢の助さんさん

月に一度はバンコク… New! masapon55さん

ますます危険な状態… New! うめきんさん

フランス現代のシャ… ロズモンドさん

春を告げる草木と節… rakuten0811さん

進撃の巨人 The Fin… たがめ48さん

楽天やアマゾンで買… mizumizu4329さん

Consultation launch… 恵子421さん

5年前、ウシュアイ… Shige&Happyさん

Comments

rakuten0811@ Re:東ティモール最高峰ラメラオ山(東ティモール回想その23)(03/02) New! 熱帯直下では3千メートル級の高山も日本の…
GKen@ Re:早咲きの桜と花にまつわるメジロ(02/21) 書き込みありがとうございます。 写真は河…
恵子421@ Re:早咲きの桜と花にまつわるメジロ(02/21) 大島桜ですか? 寒桜でしょうか?まだ寒い…
GKen@ Re[1]:早咲きの桜と花にまつわるメジロ(02/21) rakuten0811さんへ 書き込みありがとうご…

Calendar

Category

Archives

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2021.01.12
XML
カテゴリ:東ティモール


日本軍による防空壕↑(2014年10月5日、バウカウ県)

日本軍による地下壕入口↑(2014年1月1日、ハリララン裏山、ディリ)
 
2次世界大戦の時に、日本は、ポルトガルの植民地であった東ティモールに侵攻しています。1942年から終戦まで日本軍は駐屯しました。
 第2次世界大戦では、日本は、ポルトガルと戦争はしていませんので、本来であれば、日本は東ティモールに侵攻するはずはありませんでしたが、オーストラリアとオランダが東ティモールに侵攻し、日本の南進を阻止しようとしていました。そのために、日本軍は予定外ではあるものの東ティモールに侵攻して、この地を占領しました。
 当時、島内に道路はほとんどありませんでしたので、日本軍が道路を開設しています。これらの道路は現在も主要道路として使われています。また、日本軍の地下壕や建物も所々に残っています。
 当時は、日本軍を好意的に受け入れた人が多かったようですが、戦後、ポルトガルの植民地に戻ってからは、日本軍に協力した人々は処罰を受けたと聞いています。
 また、私の知人によれば、彼のお祖父さんは日本軍の世話をした人で、村の人が日本軍の指示で金塊を湖のどこかに隠したそうです。私もその湖に行ってみました。その金塊はまだそのままになっているだろうということでした(真偽不明です)。(続く)

Bon appétit !
 During World War II, first the Allies(連合国)and later the Japanese occupied Dili, and the mountainous interior of the colony became the scene of a guerrilla campaign, known as the Battle of Timor. The Japanese eventually drove the last of the Australian and Allied forces out. However, Portuguese control was reinstated after the Japanese surrender at the end of World War II.
https://en.wikipedia.org/wiki/East_Timor

​​






Last updated  2021.01.12 00:00:07
コメント(8) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:ポルトガル植民地の東ティモールに日本軍が侵攻(東ティモール回想その4)(01/12)   恵子421 さん
綺麗な防空壕が未だに残って歴史を物語っていますね。
人間は間違いを犯してしまいますが戒めとして残っていたら考えさせられますね。皆が生きるために頑張っているのでしょうが、。
>日本軍の指示で金塊を湖のどこかに隠したそうです
とか聞くとちょっとはずがしいような気もしますね。 (2021.01.12 10:06:04)

Re:ポルトガル植民地の東ティモールに日本軍が侵攻(東ティモール回想その4)(01/12)   あき@たいわん さん
お世話になっております。

友人のおじさんの戦死地が不明。

戸籍には、

昭和19年7月22日、
分緬区国 
モクライ県ザンザップ方面に於いて戦死。

との記載とのこと。
場所がわかりません。

ご教授いただけますと幸いです


よろしくお願いいたします。 (2021.01.12 12:47:13)

Re:ポルトガル植民地の東ティモールに日本軍が侵攻(東ティモール回想その4)(01/12)   あき@たいわん さん
追記

友人のおじさんは、ビルマ、現在のミャンマーでの戦死と捉えています。
場所が特定できなくて、スッキリしない状況です。 (2021.01.12 12:54:50)

Re:ポルトガル植民地の東ティモールに日本軍が侵攻(東ティモール回想その4)(01/12)   rakuten0811 さん
見事に保全されていますね
房総伊半島にある陸軍の壕に比べてあまりの清潔さに感動です。 (2021.01.12 18:39:18)

Re[1]:ポルトガル植民地の東ティモールに日本軍が侵攻(東ティモール回想その4)(01/12)   GKen さん
恵子421さんへ
書き込みありがとうございます。
防空壕は、自由に立ち入りできる様になっていて、誰かが管理しているわけではありません。きれいに見えますが、中で豚が寝ていたりします。
日本軍の金塊伝説は、東南アジアのあちこちにあり、それを探し回っている人もいるようです。 (2021.01.12 19:22:00)

Re[1]:ポルトガル植民地の東ティモールに日本軍が侵攻(東ティモール回想その4)(01/12)   GKen さん
あき@たいわんさんへ
書き込みありがとうございます。
モクライ県ザンザップには、残念ながら、心当たりがありません。似てる名前の地名も見つかりませんでした。私が。ラオス、東ティモールにいた時にも、この地名は聞きませんでした。何とか、場所を特定したいものですが、厚生労働省の社会援護局が、遺骨収集をしていますので、当時の地名に詳しいかもしれません。 (2021.01.12 19:53:49)

Re[1]:ポルトガル植民地の東ティモールに日本軍が侵攻(東ティモール回想その4)(01/12)   GKen さん
rakuten0811さんへ
書き込みありがとうございます。
写真だときれいに見えますが、ちゃんと保存されているわけでもなく、人や動物が自由に防空壕の中に入っています。 (2021.01.12 19:55:51)

Re[2]:ポルトガル植民地の東ティモールに日本軍が侵攻(東ティモール回想その4)(01/12)   あき@たいわん さん
GKenさんへ


ありがとうございます。
当たってみます。

(2021.01.16 14:49:54)


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.