2142067 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

時空の旅わくわく日記

PR

X

全380件 (380件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 38 >

知らない英単語はない

2020.12.10
XML
本を読んでいたら、「syzygy」という単語が出てきました。
 子音ばかりが並んでいる単語で、なにかの擬音語か擬態語のようなものかと思いました。調べてみると、

 An alignment of three celestial bodies (for example, the Sun, Earth, and Moon) such that one body is directly between the other two, such as occurs at an eclipse.

という訳が見つかりました。
 例文としては,

 
When the Moon is in syzygy with the Sun and Earth, there can be noticeable gravitational effects.

という文がありました。
 太陽・地球・他の天体(月など)が一直線に並ぶ配置となる現象を示す単語だそうです。

Bon appétit !
 In fact, Space reports that tonight’s full moon will actually be in perigee-syzygy(近点惑星直列), which means that Earth, the moon, and the sun will all be in a perfect line.
https://www.merriam-webster.com/dictionary/syzygy







Last updated  2020.12.10 00:00:09
コメント(6) | コメントを書く


2019.07.04

知らない英単語はないと言ってみよう:garble

(例文)

His words have descended to her in a garbled scripture.

(意味)

彼の言葉は、歪曲された形で彼女に伝わっていた。

 

(定義)

Reproduce (a message, sound, or transmission) in a confused and distorted way

So alter or distort as to create a wrong impression or change the meaning

例文としては、

They garbled a story.

The awful connection kept garbling his voice.

 

Bon appétit !

 From late 15c. in a general sense of "sort out the finer parts" of anything, "removal of what is objectionable(好ましくない)," then "distort for some devious(不正な、誤った)purpose or to give false impression;" especially "mix up, confuse or distort language" (1680s). Related: Garbled; garbling. In Middle English garbeler (Anglo-French garbelour) meant "official who garbles spices and sometimes also other dry goods" (early 15c.); it is attested(使用が実証されている)from 1690s as "one who mixes up or mutilates words or language."

https://www.etymonline.com/word/garble







Last updated  2019.07.04 00:00:12
コメント(4) | コメントを書く
2019.06.12

知らない英単語はない!と言ってみたいものです。

今日の英単語は、betrothです。

 

(例文)

A spoilt Chinese princess, it is said – betrothed to the king of Khotan – smuggled the mulberry seeds and silkworms over the frontier in her headdresses.

(意味)

ホータン王の許嫁と言われていた女王は、桑の種子と蚕を髪飾りに隠して国外に密かに持ち出した。

 

次の2つの使い方がありました。

1.To promise to take (as a future spouse)

The couple was betrothed.

2.To promise to give in marriage.

He betrothed his daughter to my son.

 

Bon appétit !

 The verb betroth means to give to in marriage. In the really olden days, your parents might betroth you to someone you barely knew and you'd be expected to marry this virtual stranger.

https://www.vocabulary.com/dictionary/betroth







Last updated  2019.06.12 00:00:14
コメント(2) | コメントを書く
2019.03.12

知らない英単語はない!と言ってみたいものです。

今日の英単語は、mondegreenです。

(例文)

Mondegreens are most often created by a person listening to a poem or a song.

(訳)

Mondegreen(一連の単語を異なる意味にとってしまうこと)は、詩や歌詞を聞いた時に起こることが多い。

(定義)

a word or phrase that results from a mishearing of something said or sung

That’s called a mondegreen, when a word or phrase is created after mishearing something said or sung.

Etimology

母親が朗読した詩

They hae slain the Earl O’ Moray,(彼らはマレー伯を殺した)

And laid him on the green. (そして彼を芝生の上に横たえた)

を聞いた子供が、最後の行を

And Lady Mondegreen. (そしてモンダグリーン夫人も)

のように聞き間違えたそうです。

これ以来、mondegreen という単語が聞き間違いという意味を有するようになったということです。

 

Bon appétit !

 A mondegreen is a mishearing or misinterpretation of a phrase as a result of near-homophony(同音性、同音異義), in a way that gives it a new meaning. Mondegreens are most often created by a person listening to a poem or a song; the listener, being unable to clearly hear a lyric, substitutes words that sound similar and make some kind of sense.

American writer Sylvia Wright coined the term in 1954, writing about how as a girl she had misheard the lyric "...and laid him on the green" in a Scottish ballad as "...and Lady Mondegreen".

https://en.wikipedia.org/wiki/Mondegreen







Last updated  2019.03.12 00:00:14
コメント(2) | コメントを書く
2019.02.20

知らない英単語はないと言ってみたいものです。

今日の単語は、contemplationです。 

(例文)

Method of Zen is contemplation, and its purpose is to be convinced of a principle that underlies all phenomena and of the Absolute itself, and thus to put oneself in harmony with this Absolute.

(試訳)

禅の方法は観想であり、その目的は、一切の現象の底にある一つの原理と「絶対」そのものを確信し、そのようにして自己をこの「絶対」と調和させることである。

 

Bon appétit ! 

  “Zen” represents human effort to reach through meditation zones of thought beyond the range of verbal expression.

(http://www.sacred-texts.com/shi/bsd/bsd07.htm)







Last updated  2019.02.20 00:00:15
コメント(4) | コメントを書く
2019.02.05

知らない英単語はないと言ってみたいものです。

今日の単語は、chivalryです。

(例文)

Chivalry is a flower no less indigenous to the soil of Japan than its emblem, the cherry blossom.

(試訳)

武士道は、日本の象徴である桜におとらず、日本の土に固有の花である。

 

Bon appétit !

 Bushidō( "the way of warriors") is a Japanese collective term for the many codes of honour and ideals that dictated the samurai way of life, loosely analogous to the concept of chivalry in Europe.

 The "way" originates from the samurai moral values, most commonly stressing some combination of sincerity, frugality(倹約), loyalty, martial arts mastery, and honour until death.

https://en.wikipedia.org/wiki/Bushido







Last updated  2019.02.05 20:33:12
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.03

「知らない英単語はない」と言ってみたいのですが、次のような英文に出会いました。motleyの意味が分かりません。

 

  Republican Romans were not the blond giants, but a more motley crew – Sabines and Latins for the yeoman farmers of Italy.

(出典:Colin Thubron. SHADOW of the SILK ROAD. P75

 

辞書で調べると、

1 incongruously varied in appearance or character

2 (of clothing) made up of a variety of colours

となっていました。

 

「種々雑多な、混成の、まだらの」というような意味でしょうか。

 

Bon appétit !

 

 Motley made its debut as an English adjective in the 14th century, but etymologists aren't completely sure where it came from. Many think it probably derived from the Middle English mot, meaning "mote(ほこり、微片)" or "speck(小さいしみ、小斑点)." The word is also used as a noun identifying a multicolored fabric, a garment made from such a fabric.

https://www.merriam-webster.com/dictionary/motley







Last updated  2018.12.03 00:00:12
コメント(2) | コメントを書く
2013.04.29

 次の英文にぶつかりました。

 We had a cracking time.

 意味がわかりません。

 crackingですので、亀裂のある、ひび割れしたと訳すのでしょうか?

 でも、意味が通じません。

 辞書を調べたら、

 cracking = enjoyable

 という意味がありました。

 この意味を採用すれば、上の英文は、「愉快な時を過ごした」となり、意味が通じます。

 辞書には、

 The race started at a cracking pace.

 という文章が載っていました。

 この場合は、

 cracking = great

 となり、「その試合は、素晴らしいペースで始まった」となります。

 また、

 a cracking good football match

 という言い方があり、

 この場合は、

 cracking = very, usually associated with praise

 となり、「すばらしいサッカー試合」となります。

 It was a cracking good show.

 と使うこともできます。

 crackingは見慣れた単語ですが、通常見る単語と意味が全く違い、面喰いました。

 「素晴らしい、素敵な、愉快な、非常に」というような意味があることを知りました。



【Bon appétit !】

 抗生物質の使い過ぎ

 Antibiotic overuse is a major cause of antibiotic resistance, but that is not deterring US doctors from prescribing enough antibiotics to dose four out of five Americans each year.
 In 2010, 258 million courses of antibiotics were prescribed by US doctors.
 Geography may play influence the frequency with which doctors prescribe these drugs.
 The states of West Virginia, Kentucky, and Tennessee, for example, averaged 1,200 prescriptions for every 1,000 people, whereas Alaska, Oregon, and California had 600 or fewer.



話題のヨナナス↓








Last updated  2013.04.29 21:04:03
コメント(4) | コメントを書く
2013.03.09
 今日の夕飯の時に、飲んだJuan Gil(フアンヒル)シルバーラベルの赤ワインとても美味しかったです。

 ワクワクしてコルク栓を抜きました。

 味は、私好みのフルボディーの味でした。

 ワインの栓を抜くを英語で言うと、uncork a bottle of wineとなります。

 corkは、コルクのことです。

 corkを動詞として使えば、コルク栓をするという意味、従って、ワインの栓をする時は、cork a bottle of wineとなります。

 先日、a corking dinnerという言い回しに出会いました。

 コルク栓を抜くディナーという意味でしょうか?

 日ごろ、「知らない英単語はない!!」とうそぶいている自分ですが、意味がわかりません。

 辞書を調べたら、corkingを形容詞として使う場合に、

  splendid, enjoyable, fine
と言う意味がありました。

 そうなると、 「corking dinner」は、「素敵なご馳走」という意味になります。

 同様に、

  a corking ideaは、それはすばらしい考え、

  a corking party.は、すばらしいパーティーとなります。

 また、副詞として使われれば、「たいへん,とても」と言う意味になります。

 I had a corking good time. で、「とても楽しい時間を過ごした。」となります。

 同様に、

  a corking good partyは、「とてもすばらしいパーティー」

  a corking good storyは、「とても素敵なお話」

となるのだそうです。



【Bon appétit !】

 Corsned: The Morsel of(僅かばかりの)Execration(呪文、嫌悪)

 In Anglo-Saxon times, the corsned was a common "trial by ordeal(神判)" in which an accused person was given a chance to prove his or her innocence by undergoing a physical test - in the case of the corsned, swallowing a small piece of bread or cheese. If the morsel of food - which had been blessed by a priest - stuck in the throat of the accused, it was taken as a sure sign of guilt. History records at least one instance of that very outcome.











Last updated  2013.03.09 20:40:31
コメント(6) | コメントを書く
2013.03.05

He did a bully job.」と言う文章に出会いました。

意味がわかりません。

bullyは、良く出てくる単語ですね。

と言うのは、最近いじめ問題が世間を騒がせているので、bullyと言う単語にお目に係る機会が多いのです。

bullyの意味は、名詞として使われていれば「いじめっ子」、動詞として使われていれば「いじめる」になります。

冒頭の「He did a bully job.」は、bullyが形容詞として使われています。

「彼は、いじめの仕事をした」と言う意味なのでしょうか?

辞書を調べたら、

very good」、
excellent
と出ていました。

素晴らしい」と言う意味なのでしょうか?

そうすれば冒頭の文章の意味は、「彼は素晴らしい仕事をした。」となり、意味が通じます。

いくつか例文がありました。

feel bully:気分がいい

a bully idea:すてきな案.

He's in bully health.:彼はとても健康だ。



【Bon appétit !】

 家事時間の減少健康に悪影響??

 In the past, maintaining a household was a time-consuming, physically taxing affair.
 However, modern technology has done much to change this.
 Since 1965, the amount of time women in the US typically spend doing housework has been nearly halved.
 While for the most part this is viewed as a positive development, it does have a downside: women are leading increasingly sedentary lives.
 This is compromising not only the health of today's women but also that of future generations, as prolonged periods of inactivity can predispose(なりやすくなる)a pregnant woman's offspring to conditions like obesity, diabetes, cardiovascular(心臓血管の)disease, and cancer.











Last updated  2013.03.05 21:41:36
コメント(4) | コメントを書く

全380件 (380件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 38 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.