000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

どらむすこの姿勢と呼吸法

PR

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >

私見

2015.01.27
XML
カテゴリ:私見
昨日、近くの幼稚園のママさん80人で

エゴスキュー・メソッドの体験会を開催しました。

現代人はほとんどの方が運動不足で

筋肉がアンバランスになり、機能不全を起こしています。

ママさん達も御多分にもれず

皆さんそれを実感されたようでした。

お母さんは家庭の太陽です。

是非とも元気100倍になって

家族みんなを明るく照らして頂きたいです。

体験会が無事に終わり

園長先生とお話をしていて

凄く気になった事が有ります。

国は今、待機児童を無くすという目的で

幼稚園と保育園の機能を合体させようとしております。

しかし、それぞれは国の管轄が違い

例によって横のつながりは有りません。

という訳でわざわざ別の機関を設置したのですが

机上の空論で全く現場の実態にそぐわないのです。

しかも国の言うなりに合体させた園には補助金をたっぷり出し

それ以外の園は現在の補助金を減らすというのです。

まるで脅しです。

頑張ってはみたものの

無理が生じ

元に戻す園も有るそうです。

また、条件のきつい幼稚園の先生よりも、

保育士になる方が増え

このままでは幼稚園の存続が危うい状態だそうです。

大人達が景気回復に目を奪われている間に

子供達の環境が危うい状態になっています。

若年層のロコモティブ・シンドロームとあいまって

このまま放っておくと20年後には

体力も気力も無い

大人達で溢れかえります。

年金を始めとする社会保障、教育、農業・・・。

国にビジョンが見えていない現在

我々は一人ひとりが本当に強く賢くなって

皆で力を合わせて

次世代を担う子供達の為に頑張りましょう〜







Last updated  2015.01.27 12:11:35
コメント(0) | コメントを書く


2011.05.27
カテゴリ:私見

 コロニー雲仙の活動は本当に素晴らしいと思います。

 知的障礙者のみならず一般の人も

 このような助け合い協力し合う

 地域社会システムが必要だと思います。

 そもそも人間は皆

 何らかの知的障礙を持っていると思うのです。

 確かにほとんどの場合、

 一般社会生活には支障ないかもしれませんが、

 誰しも得意不得意が有り

 性格も十人十色です。

 一人一人の特性を生かし

 力を合わせていく事が大切です。

 己を知り人を知れば

 誰もが持つ障礙を皆で補っていく事ができます。

 このブログでも再三書いていますが、

 先ずは自分の嗜好を知り

 特性を生かす事が大事です。

 瑞宝太鼓の皆さんが与えてくれる感動は、

 まさにそれを目の前で見せてくれる事によるのです。







Last updated  2011.05.27 01:21:53
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.18
カテゴリ:私見
被災地復興の動きは始まりましたが、

まだまだ原発問題は予断を許しません。

私は非力ながら

静岡県のホームページに原発廃止を訴えたり

危機管理局の原子力安全対策室に

浜岡原発停止請願署名Faxを送ったりしています。

被災者の方々の復興も急がれますが

東海地方だけが揺れていない状況は本当に不気味です。

もしかしたら神様が

最後の猶予を与えてくれているのかも知れません。

今、東海地震が起きたら

被害は福島とは比べ物になりません!

今すぐにでも

浜岡原発を停止するのが最も緊急課題だと思います。

浜岡原発問題を

今の山積した他の問題に埋もれさせてはなりません。

福島原発問題の解決が少しずつ進み

復興への希望を持たせるような雰囲気が有りますが、

今行われている活動は

人類を先に進める物ではありません。

人類の危機をぎりぎりで食い止めているだけです。

元々原発が無ければこのような全く不経済で

危険極まりない作業は発生しなかったのです。

しかもまだまだ収束のめどは立っていません。

余震や津波、台風などによって

また悪い状況に流れる可能性は

今も続いているのです。

本当に日本を復興させ

人類を未来に繋ぐ為には

少なくとも浜岡原発を今すぐ停止する事です。

人間が生きてさえいれば社会はいずれ復興しますが、

更なる原発事故でこれ以上死者や被災者が増えたら

日本は本当に立ち上がれないでしょう!

今、目先の経済問題に躊躇すること無く

全国民が声を上げるべきだと思います。

原子力発電が無くても

電力不足はそれほど起こらないというデーターも有ります。

もちろんこの機会に

自然エネルギーを積極的に開発する事や

人生の価値観をシフトする事も同じく重要です。

しかし最も緊急を要するのは

浜岡原発を停止することです。

これだけ日本中が毎日揺れている中、

東海だけが

いつまでも地震が来ないと考えるのは無理が有ると思います。

私が目指す原発廃止運動は

力と力の戦いではなく説得です。

話し合いをするのは人と人が関わる基本であり

平和活動だと思います。

ヒステリックにならず、粘り強く訴え続けましょう。

ただ相手は巨大なマネー・パワーを持つ権力の権化ですので、

こちらは束になって行かないと

残念ながら全く話し合いにならないという事です。

「浜岡原発を考える静岡ネットワーク」が

様々な情報を出してくれています。

他にも色々活動している方がいらっしゃいますので、

とにかく一人一人が自分から声を上げ、

皆で力を合わせて、更に大きな流れにして行きましょう!

残念ながら

マスメディアは権力の傘下に有りますので

原発廃止運動を助けてくれる事は無いでしょう。

また、いま権力側にいる方も

一人の人間として

私利私欲に走ることなく

真剣に人類の未来を考えて頂きたいと思います。

現在我々が日々行っている経済中心の活動は

人類の未来に貢献していないという事に

真剣に向き合わなければいけない時だと思います。






Last updated  2011.04.19 00:39:37
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.17
カテゴリ:私見
NHKで始まった「ディープピープル」

凄いです!

これまでも「プロジェクトX」「プロフェッショナル」と

素晴らしい番組が有りましたが、

これはその集大成といえるのではないでしょうか。

こだわりを持つプロフェッショナルの

生々しい話が存分に味わえます。

心ある新人類の方は

より一層ディープな人生を歩むため、

心を置き忘れた旧人類の方は

「生きる」という事の意味を

もう一度考える機会にして頂ければと思います。






Last updated  2011.04.17 12:12:54
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.08
カテゴリ:私見
以前このブログにも書きましたが

原子力発電の最大の問題は

使用済み核燃料です。

地中に埋めるという発想も子供じみていますが、

ほとんどの場合埋める場所さえ決まっていないのです。

つまり今の肥大化した経済社会を続行するための

電力を作る為には未来の人類がどうなろうと

知った事ではないというセンスです。

北極の油田開発も

世界のエリートたちが集まって

石油を掘りつくすまでの

たった数十年の為に英知を結集しています。

根本的に発想、価値観が間違っていると思います。

お子さんのいる方は実感としてお分かりかと思いますが、

ご自分のお子さんはかけがえのないものですよね。

そのお子さんが親になった時、

やはりそのお子さんを

かけがえのないものと思うのではないでしょうか?

つまり人類は

命と共に愛情のバトンを渡すリレーを

少なくとも新石器時代以降数千年にわたって

今の私たちとほぼ同じような感覚で続けているわけです。

その命のリレーを

続けるのが私たちの役割ではないでしょうか?

現代人はいったい何を求め、

何処へ向かおうとしているのでしょうか?

時代が進むにつれ

物質とそれを取り巻くお金というものに

すっかり感覚を狂わされてしまったのです。

現代社会の法律には引っかからないかもしれませんが

「人類」の法律からすれば

「お金」は麻薬指定です。

その使用は厳しく管理され

本当に正しく用いられなければなりません。

残念ながら国のリーダーをはじめ

ほとんどの人が既に麻薬中毒ですので本当に厄介です。

「過度の自粛を避けて」というリーダーがいますが

今までが「過度の浪費」だっただけです。

私には

「これからも浪費を続けるために人類の未来には目をつぶりましょう」

としか聞こえません。

本当に革命的な変化が必要です!

その為に必要なのは

私たち一人一人の「心」です。

本当に何が幸せなのか?

やはり先ず命あればこそではないでしょうか?

そして健全な心身。支えあう仲間。

その基本を外れるものは

どれだけ金儲けになろうが

どれだけ面白かろうが

「人類」にとっては法律違反なのです!






Last updated  2011.04.08 14:53:56
コメント(1) | コメントを書く
2011.04.01
カテゴリ:私見
静岡県職員の方に「本気」をお願いしました。

私も本気で新しい生活に取り組んでいます。

先ず電気の使用を徹底的に押さえています。

暖房はもちろん使わず、

このブログ作業中も部屋は真っ暗です。

一人で移動するときは極力車を使わず

自転車で片道30キロ走っています。

食事も必要最小限の量を日々探っています。

大量消費による経済活性化には

まるで逆行していますが、

少なくともこの夏を乗り切るまでは

このペースで行こうと思います。

今しみじみ思うのは

「本当に体力勝負の時代が来たなぁ」ということです。

肥田式強健術をやっておいて本当に良かった!

この逆境に於いて

まったく平静な自分に我ながら驚いています。

この体力と気力を以って

皆さんのお役にたてるよう

益々力強く生きていこうと思います。






Last updated  2011.04.01 04:36:19
コメント(0) | コメントを書く
2011.03.31
カテゴリ:私見
静岡県がホームページで

東北地方太平洋沖地震に関して皆さんの意見を募集しています。

原発廃止に向けて皆で動きましょう!


 以下、私の意見書


 日本のみならず世界中の原発廃止を希望します。

 誠に残念ながら福島原発の惨事を待つまで
 
 誰にも止められなかった原子力開発。

 今回の一件でハッキリしましたが

 自然の力には今現在の科学技術では対応できません。

 原発関係者は今まで散々「絶対安全」の一点張りでした。

 「今回の件は想定外」という事でごまかしてはならないと思います。

 今現在も進行中ですが事故後の影響があまりにも大きすぎます。

 経済効率最優先の最先端技術は、

 とんでもない不経済を生み出しています。

 しかもこの問題は

 経済だけにとどまらず即命にかかわる重大事です!

 国民が安心して暮らせる環境を脅かすのは

 憲法違反ではありませんか?

 いずれ確実に起こる東海地震で

 浜岡がどうなるかは誰の目にも明らかです。

 原発に注いできた力を

 本気で自然エネルギー開発に向ければ

 かなり有効なのではないでしょうか?

 一時的には電力不足で

 経済発展が阻害されるでしょうが

 長期的な視野に立ち、未来へ向かう人類の為、

 既存のあらゆる『しがらみ』を断つ勇気を出すべき時だと思います。

 真に日本の将来を考えるならば

 今後は本当に「絶対安全」な技術でなければなりません。

 県職員の皆さんは

 国民の将来のカギを握っているのです。

 愛する子供たち、そして人類の将来の為に

 全力で臨んでいただけるよう要望いたします。

 東海地震は明日かもしれません。

 先ずは浜岡原発を廃炉にしてください。

 事故の確率を云々している場合ではありません。

 事故が起こってしまったら、

 もう本当に立ち上がれないかもしれないのです!

 国民の為に今こそ本気を出して下さい。

 どうか宜しくお願い致します。






Last updated  2011.04.01 03:50:35
コメント(0) | コメントを書く
2011.03.29
カテゴリ:私見
全国の原子力発電所で

津波対策を強化するというニュースを見ました。

私は可笑しいやら情けないやら、

腹立たしいやら悲しいやら、

めったに経験したことのない複雑な気持ちになりました。

今現在福島原発で起こっている事を

まだ「心」で理解できていないのですね。

「未曾有の大災害」は起こったのです。

専門家たちは「想定外」で片付けようとしていますが、

最先端の科学より

「自然」の方が力を持っているという事実に

まだ顔を背けるのでしょうか?

原子力発電は人類に何をもたらしてくれるのか?

人々が命を危険にさらしてまで

使い続けなければならないものなのでしょうか?

原子力発電所は

頑丈な地盤の上に建てられているそうですが、

地盤が「想定外」の動きをしたらどうなのでしょう?

原子炉自体をいくら堅牢にしても

配管がやられてしまったら全く意味がないでしょう!

さて、以前このブログにも書きましたが

原発の存在を許してきたのは私たち一人一人です。

何が幸せかを今、本当に考えなければなりません。

人は欲求が満たされれば、

その事物に対する興味が薄れます。

当然、感謝の気持ちもなくなります。

私が推進する「姿勢と呼吸法」も

普通に暮らす分には何不自由なく得られる

空気に関する事ですから、なかなか興味が向きません。

増して、呼吸が出来ることに感謝し

喜べる人は更に少ないと思います。

しかし今回の災害でも

皆さん「ライフライン」の重要さを認識されたと思いますが、

水、食料、電気、ガスの前に

空気ではありませんか?

空気がなければ人は数分しか生きられないのです。

そしてその空気が今、

放射性物質で汚され続けているのです。

繰り返しになりますが、

人は欲求が満たされれば興味が薄れます。

「もっともっと」と物質的な発展を続け

大切なことにどれだけ感謝を失ってきたか!

空気を汚し、水を汚す原発は

人類の存続を脅かすものです。

生命の源である水、そして空気。

地球上のすべての生き物に対して

私たちはいったい何をしているのでしょうか!

私たちの命は

目に見えない微生物から始まる

生命連鎖の上に成り立っているのです。

微生物も空気も目には見えません。

目に見えないものが一番大切であり

感謝して生きなさいと

「自然の神様」が教えてくれているのではありませんか?

そして「心」も目には見えません。

人類は今、

目に見えないものを観る「心」の時代に突入したのです。

この期に及んで

まだ原発を推進しようとする人たちは

本当に何も観えていないのです。

そして残念ながら

永久に真の幸せを知ることもないのです。






Last updated  2011.04.01 04:01:04
コメント(2) | コメントを書く
2011.03.27
カテゴリ:私見
社会構造に大きな変化をおこす時代がいよいよやって来ました。

あらゆる分野のあらゆる現場で全く新しい対応が求められます。

そこで必要となるのは「心」です。

人が生きるという事の本質に根ざした選択をするセンスです。

日本人は元々かなりこのセンスを持っているのですが、

残念ながらほとんどの組織が

旧人類の感性で出来上がっているので、

その規模が大きく成るほどに

一人一人の心が置き去りになっていきます。

現場を知らない人間が上に立つ

巨大ピラミッド型の組織は過去のものです。

これからの時代、トップに立つ人間は先ず第一に

誰よりも人格者でなければなりません。

そして誰よりも現場に精通していなければなりません。

これらは本来、人として当たり前の事なのですが、

残念ながら「日本」という国をかたちづくる

組織自体が全くなっていません。

数ある改善策の中で

最も効力を発揮するのは教育でしょう。

旧人類の中にも

「心」を学べる人は出て来ると思いますが、

やはり何と言っても成長期にある人への教育が急務です。

しかもそれは我々市民一人一人の責任なのです。

旧人類による国主導では絶対に駄目です。

人任せの発想が全ての悪循環の始まりです。

先ず自ら学び、

その生き様を以って「教育」とするのです。

今までの経済社会が立ち行かなくなっていく中で

誰しも暗中模索です。

ヒントは人の「心」の中にあります。

私は長年の自問自答の中で

自分が生きる事の意味をかなり明確に持っています。

「自立」「理解」「共生」です。

自分に厳しく

人にやさしく生きて行くことの心地良さを知りました。

日々自分づくりをしながら

少しずつ人づくりをしています。

完成にはまだまだ時間がかかりそうですが

旧人類と乖離した新人類として生きて行こうと思います。






Last updated  2011.03.27 04:34:45
コメント(0) | コメントを書く
2011.03.23
カテゴリ:私見
今回の原発事故は本当にギリギリのところで最悪の事態を免れました。

人類を救ったと言っても過言ではない

ハイパーレスキュー隊の活躍に感動した方も多いと思います。

会見では一言一言に重みが有り

真に責任感のあるプロ中のプロです。

国や電力会社の会見とは全く質が違う事に

皆さんお気づきのことと思います。

如何に現場を把握し

自分の責任で職務を全うしているかどうかの差が

ハッキリと表れています。

命懸けで私たちを救ってくれた彼らに

我々が出来る恩返しは何でしょう?

私はやはり原発廃止しかないと思います。

農作物にも被害が広がり、

完全に元通りになるまでの損失は

金銭面のみならず、精神面にも及びます。

経済効率を追い求めた結果

とんでもない不経済になっています。

せっかく育てた作物を根こそぎ廃棄する様子は

心ある人々へのさらなる仕打ちであり、

やり場のない怒りを覚えました。

この悲惨な状況に対し

「未曾有の自然災害」という言い逃れを許してはならないと思います。

明らかに人災です!

そもそも原子力発電というと

人類の英知の結晶のような位置づけですが、

その実情は200年以上前に発明された

蒸気機関から全く進歩していません。

石炭が核燃料に置き換わっただけです。

しかも今回の一件で皆さんもご存じの通り

常に冷却が必要であり、

その為に電気と大量の水を必要としています。

ですから本来蒸気タービンを回すために作ったせっかくのエネルギーは、

そのかなりの部分を冷却用の海水を温める事に使われてしまうのです。

結果、発電時におけるエネルギー効率は

火力発電に劣るものです。

二酸化炭素を排出しないという売り文句も怪しく、

核燃料を作る工程で大量のエネルギーを消費しています。

そして何と言っても使用済み核燃料の処分問題です。

散々議論した揚句、結局は地中に埋めるしかありませんでした。

識者がとことん議論を重ねた結果にしてはあまりにお粗末!

悲しいほどの無責任ぶりです。

我々が手に負えなかった負の遺産を

未来の人類に丸投げしようというセンスです。

この数百年、世の中を牛耳ってきた旧人類のシステムは

人の心を置き去りにして発展してきてしまいました。

ハイパーレスキュー隊の心意気に賛同できるという新人類の皆さま!

どうか産業革命を覆す

心の革命を起こそうではありませんか!






Last updated  2011.03.23 05:43:43
コメント(3) | コメントを書く

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.